クラウド型の顧客管理システム「セールスフォース」とは | 企業のお金とテクノロジーをつなぐメディア「Finance&Robotic」

COLUMN

クラウド型の顧客管理システム「セールスフォース」とは

経営

Facebook にシェア
Pocket

クラウド型の顧客管理システム「セールスフォース」とは

クラウド型の顧客管理システム「セールスフォース」とは

既存の顧客や見込み顧客が増えるにつれ、そうした顧客それぞれの情報をいかに管理するかが重要な課題となってきます。顧客ニーズの多様化が進む現在では、顧客情報をしっかりと把握し、ニーズに合わせた商品やサービスを提案することが売上の向上につながるためです。

顧客管理の方法やツールには、さまざまなものがあります。Excelなどを使用して顧客管理を行っている企業も多いでしょう。また、従来の方法に限界を感じて専用の顧客管理(CRM)システム導入の必要性を感じているという企業もあるかもしれませんね。

顧客管理システムの導入を検討する際、候補に挙がることが多いのは、やはりセールスフォース(salesforce)でしょう。世界各国10万社以上が導入しているこの顧客管理システムは、どのような特徴を持つのでしょうか。ここでは、セールスフォースの提供するサービス内容や特徴、価格などについてご紹介します。

セールスフォースとは

セールスフォースとは、アメリカに本社を持つクラウドコンピューティングサービスの提供会社および、同社によって提供される顧客管理(CRM)ソリューションを中心としたサービスの総称です。

セールスフォース・ドットコム(salesforce.com)は、従来の企業向けソフトウェアに代わるクラウドコンピューティングによる顧客管理サービスでCRMの分野に変革をもたらすというビジョンを持って1999年に設立されました。創業者はオラクルの営業担当幹部を務めていたこともあるマーク・ベニオフ会長兼CEO。ベニオフは「The End of Software(ソフトウェアの終焉)」を提唱し、時代に先がけてクラウドコンピューティングを用いたビジネスモデルをいち早く事業に取り入れました。SaaS (Software as a Service)タイプの本格的なサービスを最初に提供したのはセールスフォース・ドットコムであるとされています。

米本社設立の翌年となる2000年には、日本法人である株式会社セールスフォース・ドットコムを設立。日本法人は現在、東京、大阪、名古屋、白浜にオフィスを構え、企業向けクラウドサービスの提供事業者として日本郵政グループをはじめ多くの企業への導入実績を作っています。

セールスフォースのサービス内容

セールスフォース・ドットコムの提供するサービスは、すべてクラウドコンピューティング技術によってインターネット経由で提供されています。

そのサービスはSaaSタイプとPaaSタイプの大きく2つに分けられます。前者には「Sales Cloud」「Service Cloud」「Marketing Cloud」「Community Cloud」の4つのサービス、後者は「App Cloud」というサービスが当てはまります。

ちなみにPaaS(Platform as a Service)は2007年にセールスフォース・ドットコムが提唱した概念。アプリケーションをサービスとして提供するSaaSに対して、PaaSはプラットフォーム自体をネットワーク経由で提供するサービスを言います。利用者は提供されるデータベースやUI構築のためのライブラリを使って、ニーズに合わせてアプリケーションを開発することができるのです。

・Sales Cloud

SaaSタイプの営業支援ソフトウェアです。顧客管理や案件管理、売り上げ予測などの機能が利用できます。

・Service Cloud

SaaSタイプのカスタマーサービス&サポートソフトウェアです。顧客情報を集約することで迅速なサービスを実現できます。

・Marketing Cloud

SaaSタイプのデジタルマーケティング支援ソフトウェアです。顧客データや行動データを一元化し、顧客とのさまざまな手段によるコミュニケーションを実現する顧客管理システムです。

・Community Cloud

SaaSタイプの企業向けコミュニティソフトウェアです。顧客、パートナー企業、社員同士などさまざまなコミュニティを構築できます。

・App Cloud

基盤要素をはじめ、アプリケーションを構築、運用するためのプラットフォームを提供するPaaSタイプのサービスです。従来からある「Force.com」に加え、2011年に買収した「Heroku」の二つのプラットフォームが用意されています。
Force.comは、Apexをプログラミング言語として使用し、主にクラウドベースの社員向けアプリケーションを開発および展開するために設計されています。Sales Cloud、Service Cloud、Community CloudもForce.com上に構築されています。
一方、HerokuはApex以外にもRuby on Rails、Node.js、Python、Java などのプログラミング言語を選択可能で、クラウドベースの社外向けアプリケーションの開発と展開用に設計されています。

セールスフォースの特徴

クラウド型ビジネスアプリの先駆けとなったセールスフォースには、どういった特徴があるのでしょうか。従来の自社保有型のシステムやほかのクラウド型サービスと比較して、セールスフォースの強みと言える部分には主に以下のような点が挙げられます。

・ハードウェアやソフトウェアを保有する必要がない

セールスフォースのサービスはすべてクラウドコンピューティングによって提供されるため、新たにサーバー機器やソフトウェアなどを購入したり、管理したりする必要がありません。目的や予算などに合わせて、必要なときに必要なソフトウェアを利用することができます。

・スピーディーな導入が可能

自社で保有するシステムを構築する場合と比べ、セールスフォースは短期間で導入可能です。

・初期費用、ランニングコストの低減

導入時に機器やソフトウェアパッケージを購入する必要がないため、初期費用を抑えることができます。また、自社でシステムを保有する場合に比べ保守管理コストがかからないため、ランニングコストも抑えることができます。

・年3回の無償バージョンアップ

セールスフォースは年に3回、機能追加やシステム改善などのバージョンアップが行われます。自動でバージョンアップされるため、アップデート作業などの手間なく、常に最新バージョンを利用することができます。

・モバイルにも完全対応

PCだけではなく、スマートフォンやタブレットなどモバイル端末でも利用できます。モバイルには専用のインターフェイスが用意されていて、PCを利用できない場面でもモバイル端末から顧客情報の確認や案件情報の更新などを行えます。

・カスタマイズ性、拡張性が高い

画面のレイアウトやデータベースの項目などを、ドラッグアンドドロップなど簡単な操作でカスタマイズすることができます。また、ほかのアプリケーションの追加やほかのシステムとのデータ連携などもできるので、必要に応じてシステム拡張していくことができます。

・高度なセキュリティ対策

パスワードポリシーの設定やIPアドレス制限、セッション管理などのアプリケーションレベルのセキュリティ対策はもちろん、データセンターやネットワークのセキュリティ対策も十分に講じられています。また、第三者機関によるセキュリティ評価テストが定期的に実施されています。

セールスフォースの導入事例

クラウド型の顧客管理システム「セールスフォース」とは

世界で10万社以上が導入しているセールスフォース。国内の導入数は公表されていませんが、5,000~6,000社が導入していると推定されています。導入企業の規模や業種はさまざまで、中小企業から大企業まで多くの日本企業がセールスフォースを導入しています。国内のセールスフォース導入事例をいくつか見ていきましょう。

・りそな銀行

豊洲支店で年中無休営業を行うにあたり、店頭に配備したタブレットに顧客が必要項目を画面上で入力することでスムーズな手続きの進行を実現する「セルフ受付システム」をsalesforce App Cloud上で開発、運用開始。顧客の利便性向上や支店業務の効率化につながっています。

・NTTコミュニケーションズ

顧客企業のグローバルなビジネス展開に応じて、シームレスな対応を行うために現地法人を含め全世界6,000人の営業スタッフにsalesforceを導入。案件を全員で共有することにより、グローバルシームレスにきめこまやかな顧客対応を可能となっています。

・資生堂ジャパン

資生堂ブランドと顧客をつなぐデジタルプラットフォーム「ワタシプラス(watashi+)」の会員向けのメール配信に、クロスチャネル展開が可能なSalesforce Marketing Cloudを導入。従来の企業目線のコミュニケーションから情報の出し分けを行うシナリオベースのメール配信へと転換し、配信の自動化を実現しました。

・デジタルハリウッド

従来、個別に管理していたスクールや大学および大学院、オンラインスクールへの入学志願者の情報を、Salesforceを導入して一元管理することで志願者ごとに最適なアプローチを可能に。機会損失や営業活動の重複を防ぎ、生産性を向上させました。

セールスフォース各製品のエディションと価格

「初期費用が少なくても、継続して使い続ければ結局高くつくのでは?」と思われる方もいるかもしれません。実際のところ、セールスフォースを利用するにはどのぐらいの料金がかかるのでしょうか。
セールスフォースの各製品にはどのようなエディションがあるのかと、それぞれの価格についてお伝えします。

【Sales Cloud】

Lightning Professional
あらゆる規模の営業チームに対応する包括的なCRM
価格:月額9,000円(税抜)/1ユーザー

Lightning Enterprise
自社にあわせた細かいカスタマイズが可能なCRM
価格:月額18,000円(税抜)/1ユーザー

Lightning Unlimited
CRM機能とサポートが無制限
価格:月額36,000円(税抜)/1ユーザー

※ユーザー単位の製品はすべて年間契約が必要となります。

【Service Cloud】

Lightning Professional
あらゆる規模のチームに対応する包括的なサービス向けCRM
価格:月額9,000円(税抜)/1ユーザー

Lightning Enterprise
包括的なサービスのためのカスタマイズ可能なCRM
価格:月額18,000円(税抜)/1ユーザー

Lightning Unlimited
CRM機能とサポートが無制限
価格:月額36,000円(税抜)/1ユーザー

※ユーザー単位の製品はすべて年間契約が必要となります。

【Marketing Cloud】

メール、モバイル、Web マーケティング
価格:個別見積

ソーシャルメディアマーケティング
価格:個別見積

デジタル広告
価格:個別見積

B2Bマーケティングオートメーション
価格:個別見積

【Community Cloud】

Customer Community
顧客によるセルフサービスの実現、ビジネスプロセスの強化、顧客とのより緊密な関係の構築
価格:個別見積

Partner Community
リセラー、販売代理店、代理店、仲介業者を通じて売上を拡大
価格:個別見積

Employee Community
会社全体で社員の生産性と取り組み姿勢を向上
価格:3,000円(税抜)/1ユーザー

【App Cloud】

Employee Apps Starter
ユーザー1人あたり10のオブジェクトにアクセスできるカスタムアプリケーション開発
価格:月額3,000円(税抜)/1ユーザー

Employee Apps Plus
ユーザー1人あたり110のオブジェクトにアクセスできるカスタムアプリケーション開発
価格:月額12,000円(税抜)/1ユーザー

Heroku Enterprise Starter
ECサイトや大容量データベース、IoTも自在に構築
価格:個別見積

※ユーザー単位の製品はすべて年間契約が必要となります。

経理のミカタ Salesforce API連携

以上、セールスフォースの提供するサービス内容や特徴、価格などについてご紹介してきました。セールスフォースの導入を検討している方は参考になさってください。

Cloud Paymentの請求管理クラウド「経理のミカタ Salesforce API連携」は、セールスフォース上にある顧客情報をもとに、毎月繰り返し発生する請求や集金、消込、催促といった請求管理業務を効率化するサービスです。セールスフォースの顧客情報に対して、継続的な請求の自動化が可能となります。集金結果はリアルタイムで見える化され、売掛金管理にもご利用いただけます。顧客管理とともに請求業務も自動化したいとお考えの場合は、ぜひ導入をご検討ください。

Salesforce × Fintechで実現する電子請求の構築事例
~経理のミカタ Salesforce API連携 の活用~

 
  • 請求管理クラウドサービス「請求管理ロボ」
  • 請求管理ロボ  

    小泉孝太郎さん出演
    請求管理ロボ・動画CM公開中