電子マネーとどう違う? 仮想通貨「ビットコイン」とは

電子マネーとどう違う? 仮想通貨「ビットコイン」とは

[記事更新日]

Facebook にシェア
Pocket

電子マネーとどう違う? 仮想通貨「ビットコイン」とは

電子マネーとどう違う? 仮想通貨「ビットコイン」とは

ここ数年、ニュースなどで耳にすることが増えた「ビットコイン」。
新たな投資方法の一つとしても注目されていますが、実際のところビットコインとはどのようなものなのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、ビットコインとはどのようなものなのかと、現実の通貨や一般的な電子マネーとの違いなど基本的な部分についてご説明します。

ビットコインは「決済システム」の名称

ビットコインは、その性質や仕組みなどから「仮想通貨」「暗号通貨」「分散型通貨」などと呼ばれています。
「通貨」と呼ばれるのは、ビットコインが円やドルなど現実の通貨とよく似た特徴を持ち、通貨と同じように使うことができるためです。

例えばビットコインには現実の通貨と同じように通貨単位が存在します。
ビットコインの通貨単位は「bitcoin(ビットコイン)」で、「1BTC」などと表記されるのが一般的です。
しかし実際にビットコインというコインが存在するわけではなく、管理している人がいるわけでもありません。

2008年にビットコインを最初に提唱した人物であるサトシ・ナカモトの論文によれば、ビットコインは「P2P電子マネーシステム」であるとされています。
便宜上「通貨」と呼ばれていますが、実際にはビットコインはいわゆる通貨ではなく、インターネットを介して取引できる「電子マネーによる決済システム」なのです。


<PR>
丸2日かかっていた業務をわずか3時間まで圧縮!業務を5分の1まで圧縮する「業務自動化」のノウハウがつまったE-BOOKを無料配布中!
「業務自動化ソフトと クラウドコンピューティングの普及により 経理3.0の時代が到来する?」


ビットコインの最大の特徴は「発行主体がいない」こと

ビットコインの最大の特徴は「発行主体がいない」こと

ビットコインと現実の通貨や一般的な電子マネーとの決定的な違いは、発行主体や管理者がいないという点です。

現実の通貨は、国が発行して流通量をコントロールしています。これに対して、ビットコインには、中央銀行のような機関は存在しません。
ビットコインの発行や取引はすべてP2Pネットワーク上でおこなわれます。
すべての取引履歴は「ブロックチェーン」と呼ばれる分散型台帳に記録され、公開されています。
すべてが公開されているため、世界中のビットコイン利用者なら誰でも精査や監査ができるのが大きな特徴です。

ビットコインの利用者は、ウォレット(財布)と呼ばれるIDを使ってビットコインの取引をおこないます。
発行や管理、仲介をおこなう銀行のような機関が存在しないため、ビットコインの取引は基本的に、個人間で直接おこないます。
このため、基本的には取引(ビットコインの所有者移動)に際して手数料が無料もしくは少額しかかかりません。

また、国によって通貨単位が異なるということがないため、世界中どこの国でもビットコインを使った取引が可能であるのもメリットです。

ただし、ビットコインでの取引ができるのは当然ビットコインを利用している方のみが対象です。
日本ではまだそこまで普及していませんが、今後は日本でもビットコインへの理解が進み広まっていくことが予想されています。

丸2日の業務を3時間まで圧縮する手法を無料公開中!

これまで人間の仕事だと思われていたものがコンピューターに代替される時代。直接売上につながらない間接業務にリソースを割く企業は淘汰されていく運命にあります。ROBOT PAYMENTは、大手からベンチャー企業まで、数百社の業務効率化実績から、そのエッセンスを抽出し一冊のE-BOOKに集約。新しい時代に対応するための知見とノウハウを期間限定で無料公開いたします。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP