国民年金保険料の「2年前納」がクレジットカードでも可能に! | 企業のお金とテクノロジーをつなぐメディア「Finance&Robotic」

COLUMN

国民年金保険料の「2年前納」がクレジットカードでも可能に!

クレジットカード決済

Facebook にシェア
Pocket

国民年金保険料の「2年前納」がクレジットカードでも可能に!

国民年金保険料の「2年前納」がクレジットカードでも可能に!

国民年金には、2年度分の保険料をまとめて納付できる「2年前納」制度があります。この制度を利用すると、毎月納付する場合と比べて2年間で約15,000円割引となるのです。2年前納はこれまで口座振替でのみ利用できる制度でしたが、2017年4月より、クレジットカード納付および現金納付も可能となりました。
クレジットカードによる前納は、これまで「1年前納(4月分~翌年3月分)」と「6ヵ月前納(4月分~9月分、10月分~翌年3月分)」の2種類のみが可能でしたが、新たに「2年前納(4月分~翌々年3月分)」も選べるようになったというわけです。
ここでは、クレジットカードで国民年金保険料を2年前納する場合どのぐらいお得なのかと、納付のための手続きなどについてお伝えします。

クレジットカードで前納する場合どのぐらいお得?

国民年金保険料を前納すると、毎月納付する場合に比べて割引があります。クレジットカードで前納する場合の保険料は、以下のようになります(平成29年度および平成30年度の場合)。

6ヵ月分を前納する場合:保険料額98,940円が98,140円へ(800円の割引)

1年度分を前納する場合:保険料額197,880円が194,370円へ(3,510円の割引)

2年度分を前納する場合:2年度分の保険料額393,960円が379,560円へ(14,400円の割引)

2年度分をまとめて前納する場合はかなり高額な引き落としとなるため、クレジットカードの利用限度額には注意したいところです。

前納制度による割引のほかにも、クレジットカードのポイントを獲得できるというメリットもあり、この点でもクレジットカード前納はお得だと言えるでしょう。ただし、クレジットカードの種類によっては国民保険料の納付はポイント加算の対象外となるものもあるため、利用するクレジットカードのポイント制度についてもあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

国民年金保険料の「2年前納」がクレジットカードでも可能に!


<PR>
丸2日かかっていた業務をわずか3時間まで圧縮!業務を5分の1まで圧縮する「業務自動化」のノウハウがつまったE-BOOKを無料配布中!
「業務自動化ソフトと クラウドコンピューティングの普及により 経理3.0の時代が到来する?」


クレジットカードで2年前納するために必要な手続き

クレジットカードで国民年金保険料を2年前納するためには、以下のような手続きが必要になります。

【必要なもの】
・国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書(年金事務所の窓口もしくは、日本年金機構ホームページからダウンロード)
・基礎年金番号のわかるもの(年金手帳や納付書など)
・利用するクレジットカード
・(被保険者とカード名義人が異なる場合)国民年金保険料クレジットカード納付に関する同意書

【申し込み方法】
年金事務所の窓口に必要書類を提出して申し込みます。
郵送による手続きも可能です。

「2年前納」で納付するためには、毎年2月末までに申し込みを完了する必要があります。郵送の場合、郵便物の到着までに日数がかかるため、余裕をもって早めに投函なさることをお勧めします。クレジットカード決済で手間をかけず簡単に納税しましょう。

 
  • サブスクリプションビジネス向け決済入門セミナー サブスクリプション決済入門セミナー

  • 小泉孝太郎さん出演
    請求管理ロボ・動画CM公開中