デビットカードのご利用に関する注意点

デビットカードのご利用に関する注意点

[記事更新日]

Facebook にシェア
Pocket

近年、日本では「キャッシュレス化」に向けてクレジットカードの利用に加え、デビットカードの利用も増加しております。2017年時点でデビットカードを使った決済件数は1億件を超え、2020年の東京オリンピックに向けますますの盛り上がりを見せております。

しかし、企業やお店がデビットカードを利用する際に様々な注意点がございます。本日はデビットカードに関する情報を加盟店様向けにまとめております。

デビットカードのご利用に関する注意点

デビットカード基礎知識

デビットカードとは、実店舗やオンラインショップなどで代金支払いに使用することができる決済用カードで、クレジットカードと同様に銀行口座と紐づけて代金引き落としを行います。

クレジットカードとの大きな違いは「即時払い」という点で、支払いとほぼ同時に登録されてる銀行口座から引き落としが行われます。

【参照記事:クレジットカードと何が違う?「デビットカード」の基礎知識】

https://www.robotpayment.co.jp/blog/3968/

また、JCBが2018年実施した調査によると、「即時払い」ができるという点で、「使い過ぎの心配がない」ことや「お金の管理」などからデビットカードを利用するメリットを感じているようです。

キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査2018

「キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査2018」

https://www.global.jcb/ja/press/news_file/file/chousa.pdf

(引用:ジェーシービー社 実態調査レポートより)

 

また、海外ではデビットカードの利用はより身近で、2020年の東京オリンピックに向け、デビットカードに関する対応は店舗運営に重要な要素といえます。

日本と海外における決済に関する調査

「日本と海外における決済に関する調査」

https://www.cross-m.co.jp/report/global/pm20180220/

(引用:クロス・マーケティング社 無料調査レポートより)

デビットカードのご利用に関する注意点(利用前)

デビットカードを利用できるようにしたい場合、どのような手続きが必要か、どんなことに注意して運営するのかを下記にまとめております。

・ご利用までの手続きはクレジットカード決済と同様

デビットカードにもVISA/JCBをはじめとする国際ブランドが付与されております。その為、ご利用をするために各カード会社への審査が必要になります。

図のような流れとなりますので、ご確認ください。

 

デビットカード導入決済までの流れ

デビットカード ご利用Q&A

その他、利用にまつわるQ&Aをまとめております。

デビットカード決済の利用はクレジットカード決済と異なる点がございます。

違いを確認し、お客様へご案内致しましょう。

Q1. クレジットカードでの利用か、デビットカードでの利用か識別する方法はありますか?

A1. あります。カード番号の上6桁の番号でカード発行会社の識別ができます。しかし、識別機能があるかどうかは各決済会社により変わりますので、ご希望の際は一度お問い合わせください。

Q2. 決済の取消を希望された際はどのような対応が必要でしょうか?

A2. まずは、決済の取消処理が必要です。取消処理後、ご購入者様の登録口座に返金されますが、カード発行会社よりご購入者様への返金処理に時間を要する場合があります。

返金処理については、各カード発行会社毎に対応方法が異なりますので、ご購入者様へのお問い合わせには各決済会社サポート部署までご連絡下さい。

いかがでしたでしょうか。

カード決済の導入をご検討の際は、是非一度ご連絡下さいませ。

ebookダウンロード
ebookダウンロード