家賃を払うなら口座振替がおすすめ! | 企業のお金とテクノロジーをつなぐメディア「Finance&Robotic」

COLUMN

家賃を払うなら口座振替がおすすめ!

口座振替

Facebook にシェア
Pocket

」という単語を耳にして、皆様は何を思い浮かべますか?
おそらく、「家賃や光熱費の支払いにつかわれているなあ」という認識の方が多いのではないでしょうか。
実際、家賃のお支払いには口座振替が使われている事が多く、そのメリットも数多くございます。

今回は、家賃の回収における決済手段として口座振替を採用した場合の、不動産事業者様、また居住者様それぞれに対する利点をご紹介致します。

口座振替とは?

口座振替とは収納代行の一種類で、ユーザーが書面又はWeb上で銀行など金融機関の口座を登録し、毎月その口座から指定の金額を引き落とし、サービス提供者の登録口座へと自動的に送金されるシステムでございます。

口座振替決済に関する他記事はこちら
https://www.robotpayment.co.jp/blog/furikae/

事業者様のメリット

不動産事業者様にとって、口座振替決済を導入するメリットは主に2つございます。
1つ目は業務の自動化、2つ目は未収金の削減です。

通常の銀行振込で家賃を回収される場合、「消込」と言われる、入金の確認作業が必要です。
入居者の方の数が多いほどこちらの作業は面倒になります。

また、入居者は多くの場合個人の方になりますので、家賃が未収になる、催促をしても連絡がつながらないなど不測の事態も頻繁に発生します。

このような場合もし予め口座が登録してあれば、入居者が家賃の支払いを忘れていたとしても自動での回収が可能です。

仮に催促によって家賃を回収できたとしても、催促業務の工数はかなりかかります。
人件費に換算すると、毎月のコストは馬鹿になりません。
口座振替サービスはこれを月数千円で解消できるのです。

ご利用者様のメリット

入居者様からした口座振替による一番のメリットは、毎月の入金作業が不要である事です。

入居者様の中には給料日から家賃の振込み期限までの日数に余裕が無い方もいらっしゃるかと思います。
お金に余裕がなく、かつ忙しい学生の方やサラリーマンの方は振込期日を過ぎてしまう事も多いのではないでしょうか。
また、振込が可能な数日の間に予定が入ってしまい期日までに入金できなかった場合、延滞料が発生してしまいます。

口座振替に登録することによって、入金の手間、期日を過ぎ延滞料を取られてしまうリスクを回避することができます。

また、クレジットカードなどは必要なく、あくまで口座の登録の為、学生の方や高齢の方もご利用しやすい事が特徴です。
振込手数料も通常の銀行振込よりは安く、金銭的にもメリットがございます。

まとめ

以上のように、口座振替決済の導入は、不動産事業者様にとっても、入居者様にとってもいい事づくしです。
実際に近年では多くの不動産業者様が口座振替を導入している為、逆に口座振替のご利用ができないと入居者が集まらない可能性も考えられます。
該当する事業者様はぜひ、ご検討下さい!

 

小泉孝太郎さん出演
請求管理ロボ・動画CM公開中