アメリカで急成長中 サブスクリプションボックスとは? | 企業のお金とテクノロジーをつなぐメディア「Finance&Robotic」

COLUMN

アメリカで急成長中 サブスクリプションボックスとは?

サブスクリプション

Facebook にシェア
Pocket

近年アメリカで大人気となっており、アパレル、ファッション商品から化粧品、食材、書籍、おもちゃ、手芸キットに至るまで、6,000以上ものサービスが展開している「サブスクリプションボックス」というサービスに関してご紹介したいと思います。

サブスクリプションボックスとは?

アメリカで非常に人気が高く、日本でも少しづつ浸透してきた「サブスクリプションボックス」というサービス。耳にはするけれどもどういったサービスかよくわからないという方も多いのではないでしょうか?
サブスクリプションボックスとは利用者の好みやニーズ、嗜好に合わせた商品が定期的に届けられ、定額料金を徴収するサービスです。
サブスクリプションボックスには2パターンあります。
同じ商品を定期的に発送するものと、利用者の好みや趣向に合わせて届くものが毎回変わるものです。
特に人気になっているものは後者の届くごとに変わっていくタイプです。

サブスクリプションボックスが人気の背景

サブスクリプションボックスが人気の理由は「次届くものへのわくわく感」を体験できることです。
特に昨今はインターネットの発達に伴い、物事についての様々な情報が簡単に手に入るようになってきました。またターゲティング広告も発達し、自分に興味があるものしか表示されなくなっています。
そんな時代なのであえて「予測できない出会い」を求める「セレンディピティー消費」をしたいと考える消費者が増えてきています。
サブスクリプションボックスはそんなセレンディピティー消費をしたい消費者のニーズである、自分では買わないような商品と出会えるチャンスを創造してくれるため人気となっているようです。

サブスクリプションボックスの具体例

では最後に日米のサブスクリプションボックスサービスのご紹介をさせていただきます。

【アメリカ】

スティッチフィックス

服のサブスクリプションボックス
気に入らなかったものを返送するとどんどん好みに合わせて服を届けてくれるようになる。
サイズや服の好みに関するアンケートに答えると、パーソナルスタイリストが自分好みの服やアクセサリーを5アイテム選んでくれます。利用料は20ドルのスタイリングフィー(送料込み)のみ。
あとは家に送られてきた5アイテムを試着してみて、購入する場合はそのまま、不要なものは返送用の袋に入れてポストに投函するだけ。
購入した分のアイテム料金は登録のクレジットカードにて決済されます。1アイテムでも購入すれば、購入料金から利用料の20ドルが割引される仕組みです。

Freedom Japanese Market

駄菓子のサブスクリプションボックス
日本の駄菓子を送るサブスクリプションボックス
送られてくる駄菓子は運営会社によってえらばれ発送されます。

Bloomsy box

花のサブスクリプションボックス
その時期に一番いい花を選んで送ってくれます。

【日本】

メチャカリ

服のサブスクリプションボックス
乃木坂46がCMをやっているサブスクリプションボックスです。手元における点数は最大3点まで、届くものは全て新品、クリーニングや洗濯をしないで返してもよいなどの特徴があります。

Oisix産直おとりよせ市場

旬の野菜を届けてくれるサブスクリプションボックス
オイシックスが手掛けるサブスクリプションボックスです。
有機野菜など作り方にもこだわった野菜を定期的に送付してくれます。

BLOOMBOX

化粧品のサブスクリプションボックス
毎月テーマが決められており(例:2019年4月は「brilliant morning」)季節やトレンドを意識しつつ、悩みに沿うような化粧品をビューティーアドバイザーが選んで送ってくれるサービスです。

 

小泉孝太郎さん出演
請求管理ロボ・動画CM公開中