法人間決済で利用が増えるクレジットカードの利便性とは | 企業のお金とテクノロジーをつなぐメディア「Finance&Robotic」

COLUMN

法人間決済で利用が増えるクレジットカードの利便性とは

クレジットカード決済

Facebook にシェア
Pocket

カード会社が発行するクレジットカードには様々な機能や特典がついており、消費者にとっては欠かせない決済手段として利用されています。クレジットカードには経営者向けに法人用カードを発行している企業もあり、最近では法人間決済として浸透してきています。
従来の銀行振込決済、口座振替等と比較した際に経理事務が効率化でき経営者にとって利便性が高まってきています。

今回のブログでは法人用クレジットカードの利便性を紹介したいと思います。

利便性①:未収金、リスク削減

法人間決済において主流の決済手段は銀行振込であり、取引先への請求書の発行や請求の作業が発生しているかと思います。そういった請求作業をB2B決済の場面でクレジットカード決済を利用することにより請求書の誤案内などリスクを抑えることに繋がります。立て替え払いにより未収金を削減することができるため注目され始めています。

例えば海外企業と取引をされている企業にとっては、わざわざ銀行へ行き海外送金の手続きを行う手間がなく、カード手数料は発生するがより確実に集金できるため決済手段として利用されています。

そもそもクレジットカード決済ではエラーになるケースが少ないため、口座の残高不足での引き落としの失敗、銀行振込では取引先の振込んでもらう手間等がなくクレジットカードが有効である限りは未収金がありません。

利便性②:経費精算

2つ目の法人用カードを利用した際のメリットは経費精算にかかる手間が楽になる点です。企業により経費精算の作業は異なるとは思いますが、通常であれば社員が支払った経費は領収書を保管しておき経費精算書に記入し経理担当者に渡す流れが一般的かと思います。

経費を支払う際に法人用カードを使うことにより上記の作業が簡素化され、経理担当者の経理精算業務が大幅に軽減されます。

毎月カード会社から利用明細をもらい経費を一目で、なにに、どこで、いくら使ったのか確認できるため、細かく従業員が覚えておく必要もなくなり、さらに現金を渡す現金出納が必要なくなります。

利便性③:請求業務の効率化

Fintechブームにより金融サービスがより情報化され、請求業務サービスが中小企業から大手企業にわたり、請求業務サービスの導入数が増加してきています。基本的にこういったサービスでは、従来の決済手段である銀行振込・口座引落にひも付けて入金管理をシステム化することで分かりやすくし、経理の方の業務を効率化されています。

法人間の支払いをクレジットカードにて行うことによるメリットは、カード会社から利用明細を提供されるため支払い履歴をひと目で確認できるためシンプルでわかりやすく、取引スピードも早く、消込・催促などの業務を削減し、高額な取引であっても収入印紙を貼る必要がありません。

会社の規模により法人間クレジットカード決済においてのメリットは様々ではありますが、今後の利用数は必然的に増えていくのではないでしょうか。

最後に:アメリカの動向

どの業界においても革新的なサービスの利用率や普及する速度が早いのがアメリカであることは共通認識であるかとおもいます。アメリカではキャシュレス化が日本と比べ圧倒的に進んでおり、カードブランド毎の年間取引高をみるとアメリカ国内の取扱高とアメリカ以外の国の取扱高がほぼ同率であるほどクレジットカード決済が行われています。

法人間でのクレジットカード決済率においてもアメリカ決済市場の規模に対して5%であるのに対して、日本ではわずか0.3%になります。

アメリカ、日本、世界各国でもクレジットカードの取扱高は年々増え続けてきておりますので、主な決済手段として更に普及していくのではないでしょうか。

これを機会にクレジットカード業界、クレジットカード決済取引についてご興味がありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。


【PR】
あらゆるビジネスシーンをサポートする価値ある法人カード。
今ならJCBギフトカードプレゼント!お申込みはこちら

 
  • サブスクリプションビジネス向け決済入門セミナー サブスクリプション決済入門セミナー

  • 小泉孝太郎さん出演
    請求管理ロボ・動画CM公開中