リカーリングビジネスとは? | 企業のお金とテクノロジーをつなぐメディア「Finance&Robotic」

COLUMN

リカーリングビジネスとは?

サブスクリプション

Facebook にシェア
Pocket

今回の記事では、いろいろなビジネスモデルがある中で今回はストックビジネス、とりわけリカーリングに関してご案内します。

ストックビジネスとは

ビジネスモデルには大別して二つあります。
フロービジネスとストックビジネスです。

フロービジネスとは、フロー(Flow)が「流れ」を意味するように、
顧客と都度関係を築き、都度収益をあげるビジネスモデルです。
代表的なフロービジネスとしては、コンビニやアパレルショップなどの小売店です。

ストックビジネスとは、ストック(stock)が「積み上げる」を意味するように、
顧客と継続的に関係を築き、顧客を囲い込んで長期的に収益をあげていくビジネスモデルです。
代表的なストックビジネスとしては、塾やジムといった会費制があります。

ストックビジネスには最近流行っているサブスクリプションビジネスやリカーリングビジネスなどが含まれています。

リカーリングビジネスとは

リカーリングビジネスとは継続的に使用するもので収益をあげるビジネスです

水道や電気、ガスなどの公共料金やコピー機、レジ、髭剃りなどが代表的なリカーリングビジネスです。

リカーリングビジネスの特徴としては初期導入費用が高く、その後の継続的な費用が低くなるというところにあります。

サブスクリプションビジネスとの違いは下記記事もご参考にしてください

サブスクリプションとリカーリングの違いと各事例

ストックビジネス、リカーリングビジネスのメリット・デメリット

【ストックビジネス】

一番のメリットは継続的な収益が見込めることです
需給や在庫問題などにも左右されにくいので、一度顧客になってもらえれば解約にならない限り継続的に収益が上がり続けます

デメリットとしては、顧客単価が低いためサービス開始の初期は費用が先行してしまうこととサービスを提供し続ける必要があるということです。
サービス開始初期は会員数が少ないのでサービス提供をするのに必要な費用を賄いきれないことが多いです。
また、継続的にサービスを提供することに顧客から費用を貰うことになるので、提供しているサービスに不具合などが出ないようサービス品質が維持されるよう努める必要もあります

【リカーリングビジネス】

一番のメリットは、ストックビジネスのデメリットであるサービス開始初期の資金不足を補えることにあります。リカーリングビジネスはサービス導入の初期費用が比較的高額のためストックビジネスで先行しがちな費用を賄えるということにあります。
また、使用した分だけを課金するので価格設定が簡単だというメリットが企業側にはあります。
デメリットとしては、ストックビジネスの良さである費用を抑えて導入が出来るというところがない部分および、新しい製品が次々と発売されていくので、継続的に使用してもらえるようなサービスや製品を作るのが難しいということにあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はストックビジネスの中でもとりわけリカーリングビジネスについてご紹介しました。

リカーリングビジネスはストックビジネスで不足しがちなサービス開始初期の費用が賄えるというのが一番の特徴です。
ぜひこの記事をご参考にサービス設計をしてみて下さい!

 

小泉孝太郎さん出演
請求管理ロボ・動画CM公開中