モバイルペイメントの押さえておくべき特徴 | 企業のお金とテクノロジーをつなぐメディア「Finance&Robotic」

COLUMN

モバイルペイメントの押さえておくべき特徴

クレジットカード決済

Facebook にシェア
Pocket

2020年のオリンピック開催にむけてキャッシュレス事業がますます勢いが増してきています。モバイルペイメントを使い、店頭でサービス料金、金銭を支払いやすくするために政府主導でキャッシュレス・消費者還元事業を全国に告知し、加盟店を増やす施策が実施されております。そうすることで現金を持ち歩く必要もなく、外貨を日本円へ換える必要もなく、誰もが店頭でモバイルペイメントを使い代金を支払うことが可能になります。

そこでモバイルペイメントの特徴やメリットについて今回はご案内致します。

市場の後押し

日本へ訪れる旅行者のためにも迅速にキャシュレスの環境を整える必要が日本にはあり、世界的なクレジットカードの決済比率は17%で、欧米の決済比率は45%ほどになるので圧倒的な違いがあります。

ロンドンでは検札処理の円滑化を図るため2003年から交通系ICカード『Oyster』を導入しており、ロンドン市内を走る2階建てバスなどの交通機関ではOysterのみ受け付けており、キャッシュレスの環境構築に徹底的である。

現金文化の日本では普段の買い物などの支払い方法をモバイルペイメントではなく、現金を使うことが主流であり、このままいくと2020年オリンピックでは旅行者に満足にモバイルペイメントを使える環境を用意できない可能性があります。

そのため先述した通り政府主導で行われた施策がキャッシュレス・消費者還元事業になります。

キャッシュレス・消費者還元事業

モバイルペイメントの導入を促進するのが、キャッシュレス・消費者還元事業になります。
キャッシュレス事業者と認定された店舗の主なメリットはモバイルペイメントの利用を可能にするCAT端末・決済端末の導入費用が国の補助により無料になります。

更にモバイルペイメントで支払い方法がクレジットカードに紐付いている場合は支払手数料が発生します。キャッシュレス・消費者還元事業の対象期間中はそのクレジットカード決済手数料が固定の3.25%となり、しかもクレジットカード決済手数料の三分の一の費用を国が加盟店の代わりに負担します。

その他にはキャシュレス事業者登録をしている加盟店で、買い物をすると5%還元が行われる制度もあるため決済端末を導入検討している店舗では申請する以外に手はありません。

上記が国が指導している大まかなキャッシュレス・消費者還元事業になり、モバイルペイメントの利便性を高めています。

導入のしやすさ

政府からの後押しに加えてモバイルペイメントを提供している企業が行っているキャンペーン等で店舗は導入のハードルが低くなっており、費用が一切かからず無料で導入できる期間もありました。

加盟店側のモバイルペイメントの導入にあたりメリットは大きく3つあります。

1.導入のハードルが低い
2.手数料の安さ
3.支払いサイトの速さ

モバイルペイメントの代表例は「PayPay・LINE Pay・楽天ペイ」になり全て導入は無料になり、カード手数料が3%程発生するぐらいで、振込手数料などは全て無料になります。

支払いサイトは最短翌日から可能なため、実店舗を経営される加盟店にはとても助かる入金の速さではないでしょうか。

日本Suica

世界で通用する日本の代表的なモバイルペイメントはFeliCaをベースにした決済インフラの交通系電子マネー「Suica」になります。FeliCaの処理性能では日本の朝の交通ラッシュで1分間に60人が改札を通過可能にし、交通機関の決済手段として支えています

Suicaと連動しているモバイルペイメントであるAppleが提供してるApplePayでは日本市場に対応するためにiPhoneにFeliCaチップを導入したほどになります。

ただ、日本で普及しているFeliCaではありますが、外国人旅行者にとっては馴染みのない決済手段になるので、その他のモバイルペイメントを活用してストレス無く日本を楽しんで頂きたく思います。

弊社決済サービスではキャッシュレス事業者登録は可能でございますので、興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

 
  • サブスクリプションビジネス向け決済入門セミナー サブスクリプション決済入門セミナー

  • 小泉孝太郎さん出演
    請求管理ロボ・動画CM公開中