口座振替導入のメリットと比較ポイント | 企業のお金とテクノロジーをつなぐメディア「Finance&Robotic」

COLUMN

口座振替導入のメリットと比較ポイント

口座振替

Facebook にシェア
Pocket

「公共料金や通信料、会費、授業料などを継続的に回収したい」ーそんな時に口座振替の導入を検討する人も多いのではないでしょうか。口座振替とは、お客様の銀行などの金融機関の口座から、料金を自動で引き落としする集金代行()の1つです。 「口座引き落とし」や「自動引き落とし」と同じ意味で使われています。
他の決済手段もある中で、口座振替を導入するとどのようなメリットがあるのでしょうか。また、委託する際に比較したいポイントとは何なのでしょうか。今回はこの2点についてご案内していきます。

口座振替導入のメリット

口座振替を導入することのメリットは様々です。ここでは、事業者側と消費者側に分けてご紹介します。

1.事業者側のメリット

・サービス利用継続率があがる
お客様が特に意識することなく、継続的に支払いを行うことが可能です。毎月サービスに対して支払っているということを意識させることがなく回収可能なため、解約の減少に繋がります。

・代金未払いのリスクの減少
お客様の口座から自動で引き落とすため、サービス代金の回収が遅延なく確実に行えます。 「今月の代金が未払いなので支払ってください」というような督促の手間も減りますね。

・他の決済手段に比べて手数料コストが安い
口座振替は銀行振込やクレジットカード決済などと違い、手数料が比較的安価です。特に件数が増えてくると手数料は抑えたいものです。件数が多く、継続的な回収ということになると、口座振替を利用することでコストカットになります。

2.消費者側のメリット

・支払いのための手間がかからない
請求書による振込などと比べ、支払いのために銀行やコンビニなどへ出向く手間がかかりません。一度登録してしまえば毎月自動で引き落としができるので、仕事や家事、育児などで振込の時間が惜しい忙しい方にも人気です。

・支払い忘れ・間違いなどの心配がない
指定口座から自動で引き落とされるため、毎月の支払い期日を意識しなくても、支払い忘れや遅延などの心配がありません。また、支払先や支払い金額の間違いなどが起こることもありません。

・クレジットカードを使う必要がない
継続課金といったらクレジットカード払いだ、と思われる方も多いかと思いますが、消費者の中にはオンラインでの使用に抵抗がある方や、そもそもクレ時とカードを持っていない方もいます。口座振替はそういった方たちにも安心して利用していただくことができます。

口座振替委託先選定時の比較ポイント

このように様々なメリットがある口座振替ですが、その分、口座振替を提供する代行会社も数多くあります。この章では、代行会社選定時に確認するポイントをまとめていきます。

・他決済手段との一元管理が可能か。
口座振替だけでなく、銀行振込、クレジットカード決済なども併用する場合、 自動で集計し一元管理が可能か確認することをおすすめします。管理画面が別々であると入金情報が散在してしまい、管理が煩雑になります。 また提供できる決済手段は、口座振替のみの場合もあります。今後のサービス展開のなかで口座振替だけで事足りるのか、今後どのような決済手段が必要になるのかを再度検討してみましょう。

・自動継続で代金の回収が可能かどうか。
口座振替サービスを提供する企業によっては、毎月の引き落としごとに、ファイルアップなどの作業が発生する場合がございます。 自動継続課金システムが搭載されているかどうかで、経理担当者の毎月の作業量が変わってきます。

・口座振替依頼書をデータ化できるかどうか。
口座振替依頼書の書類でのお客様への郵送作業を省き、データ化して送付作業を簡略化できるかを確認しましょう。 振替依頼書のデータ化ができていないと、お客様が増えるたびにそれだけ送付作業の手間が発生します。

まとめ

サブスクリプションモデルのサービスが増えてきている昨今、口座振替の需要はますます高まるでしょう。継続的な代金回収において事業者側にも消費者側にも様々なメリットがある口座振替ですが、提供している企業によって異なる点も多々ございます。ぜひ自社の販売戦略に合ったシステムを探してみてくださいね。

 

小泉孝太郎さん出演
請求管理ロボ・動画CM公開中