クレジットカード決済での経費利用と仕訳の方法

経理

Facebook にシェア
Pocket

クレジットカード決済で経費の支払いを行ったとき、普段の経費利用とは仕訳方法が異なります。個人事業主の方や、企業の経理担当者の方は、クレジットカード決済での経費利用と、その仕訳方法を確認しておくことが大切です。

この記事では、白色申告と青色申告でのクレジットカード決済の仕訳方法の違いや、クレジットカードで経費を支払うときの注意点を解説します。

クレジットカード決済で経費の支払いを行う場合の仕訳方法

商品の配送費用(運送費や梱包費)や、電話代やインターネット代、筆記用具やコピー用紙などの事務用品費など、経費の支払いはクレジットカードで決済することもできます。
ただし、クレジットカード決済で経費の支払いを行う場合、確定申告は白色申告か、青色申告かによって仕訳方法が変わります。

また、青色申告の場合も、お使いのクレジットカードが法人用クレジットカードなのか、個人用クレジットカードなのかによって記帳や仕訳が異なります。確定申告の種類や利用するカードの種類に合わせて、クレジットカード決済の仕訳方法を正しく理解することが大切です。

白色申告での仕訳

白色申告で確定申告を行う場合や、青色申告の65万円控除ではなく10万円控除を利用する場合は、単式簿記での記帳が認められています。
そのため、クレジットカード決済で経費を支払った場合は、単式簿記に経費が発生した日付を記載したうえで、支出の項目に「支出の内容」「金額」の2点を記載すればOKです。

青色申告での仕訳

青色申告の65万円控除を利用する場合は、取引内容を「借方」「貸方」に分ける複式簿記での記帳が必要です。
クレジットカード決済の内容を複式簿記で記帳する場合、お使いのカードが法人用クレジットカードか(事業用口座で引き落とされるか)、個人用クレジットカードか(個人口座で引き落とされるか)によって仕訳方法が異なります。

法人用クレジットカードを使って経費支払いを行う場合

法人用クレジットカードを使い、事務用品費3,000円の支払いを行ったケースを考えてみましょう。
経費の支払いが発生した時点で、左の借方の項目には「事務用品3,000円」、右の貸方の項目には「未払金3,000円」と記載します。次に事業用口座から事務用品費3,000円の引き落としがあった場合、左の借方の項目に「未払金3,000円」、右の貸方の項目に「普通預金3,000円」と記載します。
法人用クレジットカードで経費支払いを行う場合、「未払金」の勘定科目で記帳する点に注意が必要です。

個人用クレジットカードを使って経費支払いを行う場合

次に、事務用品費3,000円を個人用クレジットカードで支払ったケースを考えます。
法人用クレジットカードと同様、経費の支払いが発生した時点で、左の借方の項目には「事務用品3,000円」と記載します。ただし、貸方の項目は事業主の個人用の口座からお金を借りた扱いになるため、「事業主貸」の勘定項目を使い、「事業主貸3,000円」と記載する必要があります。
なお、法人用クレジットカードと違い、クレジットカードの引き落としが行われた際に記帳しなおす必要はありません。

クレジットカードで経費を払うときの注意点

クレジットカードで経費を支払うときは、次の3つの点に注意しましょう。

1. 領収書がない場合は「利用明細票」を使う

インターネット通販などを利用した場合、領収書が発行されないケースがあります。その場合は、購入先の店舗が発行する「利用明細票」を領収書の代わりにすることができます。なお、クレジットカード会社から送られてくる「請求明細書」は、原則として領収書の代わりにできないため、注意が必要です。

2. 分割払いの手数料は「支払手数料」として計上する

クレジットカード決済を利用し、分割払いで経費を支払った場合は、所定の分割払手数料が発生します。この分割払手数料は、「支払手数料」の勘定項目で経費計上できるため、忘れずに仕訳を行いましょう。

3. キャッシュバックは「雑収入」として計上する

クレジットカードで経費を支払うと、マイルやポイントをお得に貯めることができます。経費支払いで貯めたマイルやポイントを使い、景品交換などの物品を得る場合は、新たに仕訳を行う必要はありません。ただし、マイルやポイントのキャッシュバックを行う場合は、新たに収入が発生した扱いになるため、「雑収入」の勘定項目で仕訳が必要です。

クレジットカード決済の仕訳方法のパターンを理解しよう

クレジットカード決済で経費利用を行ったとき、確定申告の種類や、お使いのクレジットカードの種類によって仕訳方法が異なります。
正しく確定申告を行うため、クレジットカード決済の仕訳方法のパターンを知ることが大切です。また、分割払いの手数料は「支払手数料」、キャッシュバックは「雑収入」として計上するなど、クレジットカード決済に特有の勘定項目も覚えておきましょう。

ROBOT PAYMENTは、サブスクリプションビジネスにおける毎月の継続請求を効率化する請求管理クラウド「請求管理ロボ」を提供しています。請求書の発行だけでなく「入金消込の自動化」「請求書電子化」「未入金改善」など、請求書業務における課題を包括的に解決することが可能です。是非、一度ご検討ください。

     
【監修】ROBOT PAYMENT フィナンシャルクラウド事業部

ROBOT PAYMENTは請求管理業務を効率化・自動化するクラウドサービス「請求管理ロボ」や
サブスクリプションサービスに特化した決済代行サービスを提供しています。
「お金をつなぐクラウドで世の中を笑顔に」というビジョンを下にお客様に満足を提供致します。
 
  • 請求管理クラウドサービス「請求管理ロボ」
  • 請求管理ロボ