クレジットカードのイシュアーとは?

クレジットカード決済

Facebook にシェア
Pocket

イシュア(クレジットカード発行会社)の役割とは

クレジットカードを作ろうと思ったとき、あまりにもいろいろな会社がいろいろなカードを発行していて、何を選べば良いのか迷ってしまうという方も多いと思います

今回はクレジットカードの発行には欠かせない「イシュアー」について、ブランドやアクワイアラとの違いも併せて解説します。

イシュアー、ブランド、アクワイアラ それぞれの違い

クレジットカードには「イシュアー」「ブランド」「アクワイアラ」という3種類の役割を持つ会社が関わってきます。

イシュアー

イシュアーは、クレジット実際にカードを消費者に対して発行する会社です。
消費者として「どのクレジットカードを作るか」を考える時、最も重要となるのがイシュアーだと言えるでしょう。

例えば、楽天カードの場合は、楽天カード株式会社が発行しているクレジットカードということになります。つまり楽天カードのイシュアーは、楽天カード株式会社です。
保有しているクレジットカードの裏面に、カード発行会社が記載されていると思いますので、確認してみるのもいいでしょう。

ブランド

基本的なクレジットカードは国際ブランドが付与されています。ブランドとは、「このカードはこのお店で使えるかどうか」を示すものです。例えば、同じ楽天カードでも、付与されているブランドによって使える店や使えないが出てきます。
(イシュアーの視点で話すと、イシュアーは国際ブランドと消費者の間を取り次ぎ、消費者に国際ブランド付きのクレジットカードを発行しているともいうことができます。)

なお、主要な国際ブランドは以下の5つを指します。
・VISA
・MasterCard
・JCB
・Diners Club
・American Express

アクワイアラ

アクワイアラは、クレジットカード加盟店の開拓や管理などのといった業務を行う会社です。つまり対加盟店(店舗)に対して、国際ブランド(Visa, Master Cardなど)のクレジットカード決済を提供する会社になります。消費者としてクレジットカードを持つ観点では、アクワイアラとの直接の接点はあまりありません。

【おすすめ】クレジットカード決済の導入は決済代行が便利!
決済手数料2・65%から ROBOT PAYMENTへお任せください

クレジットカード発行会社「イシュアー」の3つの役割

会員の募集、カードの発行

イシュアーは「クレジットカード発行会社」と言われているように、カード会員の募集及びカードの発行が主業務になります。会員獲得に向け、独自の特典やポイントなども用意しています。

カード会員の管理・代金請求

消費者がクレジットカードを使用して買い物をした後に、イシュアーがその代金を消費者の口座から引き落とすことになります。イシュアーが引き落とした代金は、アクワイアラを経由して加盟店に渡されるというのが基本的な流れです。
そのため、クレジットカード利用者の利用状況を管理し、利用明細の発行や引き落としを行う役割があります。

クレジットカードの不正管理

クレジットカードの不正利用を監視することもイシュアーの役割です。
カードに記載されているセキュリティコードもイシュアーが発行するもので、インターネット上でクレジットカードの個人情報を確認する際の本人認証も、イシュアーが行っています。

クレジットカード決済の導入はROBOT PAYMENTにお任せ

クレジットカードにまつわる事業者の種類や役割などについてご紹介しました。これまであまり意識したことがなかったという方は、お手持ちのクレジットカードのブランドとイシュアーはどこなのかを改めて確認してみてはいかがでしょうか。

インターネット決済代行サービスのROBOT PAYMENTでは、クレジットカード決済を提供しています。特にクレジットカードでは決済手数料2.65%からの提供が可能で、またサブスクリプションビジネスに最適化された継続課金機能に強みを持っています。

個人事業主から中小・大手まで幅広く導入実績を持ち、サービス提供から20年以上のノウハウをもってご対応しますので、決済サービスを検討の事業者様は是非お気軽にお問い合わせください。

     
【監修】ROBOT PAYMENT フィナンシャルクラウド事業部

ROBOT PAYMENTは請求管理業務を効率化・自動化するクラウドサービス「請求管理ロボ」や
サブスクリプションサービスに特化した決済代行サービスを提供しています。
「お金をつなぐクラウドで世の中を笑顔に」というビジョンを下にお客様に満足を提供致します。