オンライン決済の基本を学ぼう!導入メリットなどを解説 | 企業のお金とテクノロジーをつなぐメディア「Finance&Robotic」

オンライン決済の基本を学ぼう!導入メリットなどを解説

決済全般

Facebook にシェア
Pocket

近年は小売店がオンラインショッピングを始めたり、見本市のようなイベントをオンラインで開催したりといった動きを目にするようになりました。このようにビジネスがデジタルにシフトする中で欠かせないのがオンライン決済です。本記事では、オンライン決済の基本を解説すると共に導入のメリットやオンライン決済導入例などについても解説していきます。

※目次※
1.オンライン決済について
2.主なオンライン決済の種類
3.オンライン決済導入のメリット
4.課金タイプ別のオンライン決済導入例
5.オンライン決済の管理を効率化するなら「ROBOT PAYMENT」にお任せ!
6.まとめ

オンライン決済について


ここではオンライン決済について、その定義とオフライン決済との違いについて解説します。

オンライン決済とは

オンライン決済とは、インターネット上で代金を決済する手段の総称で、Web決済やネット決済とも呼ばれています。オンライン決済はインターネットサービスを利用する時だけではなく、実店舗でも活用するケースが増えつつあり、飲食店、美容サロン、宿泊施設などでも事前決済に活用されています。

オフライン決済との違い

世の中に存在する支払い方法を大別すると、実店舗で決済するオフライン決済とインターネット上で決済するオンライン決済の2つがあります。オンライン決済が用いられる場面は、例えばECサイトで買い物をする際にクレジットカード情報を入力してインターネット上で決済する場合です。オフライン決済が用いられる場面は、例えば実店舗で端末にクレジットカードを差し込んで、暗証番号を入力するかサインをするかで決済するというクレジットカードをそのまま利用する場合です。つまりインターネット上で決済を完結させるか、端末を用いて決済するかという点が両者の違いです。

オンライン決済が増加する背景

ネットショッピングやWebサービスが普及したことに加え、キャッシュレス決済が急速に拡大したことで、多くの事業者がオンライン決済を導入する必要に迫られています。消費者の視点から見れば支払いの手間や時間が軽減されることから、同じ商品を購入するならオンライン決済に対応しているサイトを選択することは自然な流れと言えます。

サイトを運営する側にとっても請求書を送る手間が省け最短即日で決済できるメリットがあり、これからはオンラインビジネスに必要不可欠なシステムとしてさらに普及することでしょう。

主なオンライン決済の種類


オンライン決済の種類について、ここで改めて一つずつ解説します。

クレジットカード

オンライン決済の中で最もよく利用されているのがクレジットカード決済です。消費者が買い物の支払いにクレジットカード決済を利用した場合に、カード会社は利用店舗に手数料を差し引いた金額を支払い、消費者の登録口座から代金を引き落とします。クレジットカード決済は世界でも広く利用されており、海外顧客を取り込みたいならクレジットカード決済に対応するのは必須と言えます。

BtoB向け決済、BtoC向け決済サービスを提供する株式会社ネットプロテクションズホールディングスの調査によると、ECサイトでクレジットカード決済を利用する理由として「支払いが便利で楽だから」という回答が50%以上ありました。それに続いて「どのECサイトでも使えるから」というのが50%近くあり、ECサイトではクレジットカード決済が当たり前の支払い方法になっていることがわかります。ECサイトによってはクレジットカードの情報を一度入力すれば二回目以降の買い物では入力しなくてもよいようになっているものもあり、消費者の手間を省いてリピーターの離脱を防ぐのに役立っています。

電子マネー

電子マネー決済は、お金をあらかじめ前払いでチャージした電子マネーを利用するプリペイド(前払い)型の決済方法です。現金でチャージするタイプの他にクレジットカードや、銀行口座と紐づけてチャージするタイプもあります。一般に広く知られている電子マネーとしては交通系電子マネーのSuicaやPASMOを始め、流通系電子マネーのnanacoや楽天Edyも有名です。

他にもコンビニエンスストアで購入できるWebMoney、NET CASH、Bit Cashもあります。これらはオンライン決済で使えるのはもちろんのこと、実店舗でもカードを端末機にかざして支払いを行うこともできます。オンライン決済では前述のようにクレジットカード決済が主流を占めていますが、学生のように年齢や社会的立場の成約でクレジットカードを発行してもらえない人でも利用できるので、ECサイトの決済に使える方法として普及しています。

QRコード

QRコード決済はここ最近急激に普及が進んでいる決済方法です。これは事業者がQRコードを提示して消費者がそれを読み込むか、消費者がQRコードを提示して事業者がそれを読み込むことで決済を行うものです。

ECサイトでQRコード決済を利用するには、IDとパスワードを入力し、ログインしたアカウントで決済を行います。QRコード決済には、アプリにクレジットカード情報を登録しておいて支払う方法と、アプリ独自の電子マネーに銀行口座などからチャージして支払う方法の2つがあります。前者は実際の支払いはクレジットカードになるので後払い、後者は事前にチャージしておく必要があるので先払い扱いです。

PayPayやLINE Pay、楽天Payなど、さまざまな事業者や銀行がQRコード決済機能を提供しています。現在QRコードの規格は各社でバラバラになっていますが、2018年にキャッシュレス推進協議会が設立され、規格統一に向けて施策を推進しています。

オンライン銀行

オンライン銀行決済はインターネットバンキングやWeb口座振替とも呼ばれており、インターネット上で銀行決済をする支払い方法です。消費者が利用している金融機関のオンライン銀行決済の専用ページにログインを行い、出金する口座を選択するか確認番号を入力して決済を実行します。

オンライン銀行決済では送金する側と受け取る側の両方が利用していれば送金と入金を1~2営業日で確認でき、銀行やATMに足を運ばなくていいという利便性が高く、また普段利用している銀行口座を利用するのでオンライン決済に馴染みが薄い人にも利用しやすい決済方法です。また、その他にもATMや日本マルチペイメントネットワーク運営機構が運営する決済サービスPay-easy(ペイジー)を利用した決済方法もあります。

ATMを利用して支払う場合は、銀行やコンビニに設置されたATMに支払い番号を入力することで支払いが行われます。

Pay-easyは、都市銀行を始めとして地方銀行、信用金庫、信用組合、JAバンクなど、国内のほとんどの金融機関が加盟しており、クレジットカードをあまり使わない客層や保有していない客層にも広く受け入れられています。また特定の地域に偏らないので全国の消費者を満遍なく取り込んでいます。

キャリア

キャリア決済はソフトバンク、NTTドコモ、auなどの携帯電話会社やインターネットプロバイダーななどの大手通信キャリア(通信事業者)が提供している決済サービスです。これらのキャリアと契約している消費者はECサイトでの買い物の代金を、携帯電話の使用料金と一緒に決済できます。ECサイトの決済画面から各キャリアのログインページに遷移して携帯電話のIDとパスワードを入力し、支払い内容を確認した後に決済する方式で、画面の操作の手間が少なく利用しやすい決済方法であることが特徴です。

消費者の年齢に合わせてキャリアごとに利用上限額が設けられており、使いすぎの心配がないので若い年齢の客層にとっても使いやすい方法です。スマートフォン上で利用するアプリやデジタルコンテンツに非常に親和性が高く、また雑貨やアパレルなどの比較的安価な商材とも親和性が高い決済方法です。

会費やサービス利用料のように継続的に課金される場合でも利用でき、個人のモバイル端末の高い保有率からしても多くの消費者にアプローチが可能であり、特にクレジットカードを持たない若年層の獲得が期待できます。ただし、決済手数料が他の決済手段に比べてやや高めに設定されています。

オンライン決済導入のメリット


オンライン決済にはメリットがいくつかあります。導入することで得られるメリットとして利便性の向上の他に運用負荷やコストの削減が挙げられます。以下にそれぞれについて解説します。

利便性の向上

オンライン決済はECサイトの他にも、動画配信サイトや情報発信サイトなどさまざまなWebサイトに導入できます。オンライン決済を導入すれば支払いの利便性が向上し、また都度払いだけではなく継続課金にも適しています。

消費者の望むさまざまな決済手段を提供して支払いの利便性を高めれば、顧客満足度も高めることができるでしょう。オンライン決済は、振込用紙を使った銀行振込などに対して手間と感じる消費者にとって利便性を提供できると共に、スマートに決済を行えるという体験はサイトのブランドイメージ向上にも役立ちます。

オンライン決済サービスの多くはECサイトのショッピングカートと連動できるので、サイトを構築する際にどんなオンライン決済サービスを使うのかを検討するのも良いでしょう。

運用負荷やコストの削減

ECサイトを運営する事業者が決済サービスを行う事業者と直接契約をする場合、オンライン決済を新規に導入したり、決済手段を追加したりする際に個別に契約をしなければなりません。また、決済を管理するシステムを開発する必要があるため、運用上の負担が大きく、手間やコストがかかります。特にオンライン決済で最も利用率の高いクレジットカード決済を導入する場合は、クレジットカード会社の厳しい審査を通過しなければならず、通過した後も登録費用や月額費用がかかります。そのような場合、決済代行会社を利用すればそのような負荷やコストを削減することができます。

決済代行会社はクレジットカード決済を始めとして電子マネー決済やキャリア決済などの各種の決済手段を包括的に提供しているので、決済代行会社一社と契約するだけでさまざまな決済手段を導入することができます。どの決済システムでも仕様が共通化されているので、個別に決済手段を開発することも不要です。

また、決済代行会社と契約することによって、各種決済手段の売上金が毎月の決まった日に一括で入金されるので、売上管理が容易になり入金処理の手間が減ります。問い合わせ窓口や管理画面なども一本化でき、個別に対応する必要がなくなり、運用上の負荷やコストを大幅に削減することができます。

課金タイプ別のオンライン決済導入例


オンライン決済は課金タイプによって決済の仕方が異なります。ここでは決済のたびに課金する都度課金と、継続的な利用に対して課金する継続課金について解説します。

都度課金

都度課金とは、読んで字のごとく消費者が購入するたびに支払いを行う決済方法です。一般的な販売において、消費者の購入タイミングや商品・サービスによって料金が異なる買い切り型のビジネスに向いています。ECサイト・実店舗のどちらでも利用でき、特にECサイトでは最も主流の決済方法になっています。都度課金型は購入金額の多寡はあるものの、継続課金とは違って商品やサービスを購入する際の心理的ハードルが低いというメリットがあります。

ECサイトによっては会員登録をしなくても購入できるものもあり、継続して利用するという条件がなく、消費者は必要最低限の個人情報の入力だけで決済ができます。ただし繰り返し購入してもらうには一度購入した消費者を逃さないようにするための工夫が必要です。この工夫がなされていないと、消費者は容易に同等品が安く入手できるサイトや、より利便性の高いサイトに流れてしまう恐れがあります。

継続課金

継続課金とは、商品の定期購入や月額制のサービス利用などの継続的な購入の際に、毎月決まった日に定期的に消費者のクレジットカードや銀行口座などから代金を引き落とす決済方法で、サブスクリプション決済とも呼ばれています。物販サイトによる定期配送や、フィットネスクラブ、各種スクールのような継続利用を前提としたサービス、あるいは健康食品や化粧品など継続的な利用が推奨されるような商品に向いています。課金サイクルや決済金額は事業者が設定できます。

近年では音楽、動画、電子書籍、オンラインゲームなどのデジタルコンテンツの定期配信でも導入されている課金方式です。都度課金よりも料金が安く設定されていることが多く、顧客満足度や継続率を高く維持することにつながります。

オンライン決済の管理を効率化するなら「ROBOT PAYMENT」にお任せ!

決済代行のROBOT PAYMENT
オンライン決済を導入するならば、管理を効率化できる決済代行サービスの「ROBOT PAYMENT」にお任せください。

システム構築の手間を抑えて面倒な手続きを省きたい、あるいは決済情報入力画面をカスタマイズしたいといったニーズに対しても、ROBOT PAYMENTなら利用事業者のビジネスモデルや運営方針に合った接続方式でお応えいたします。

また、継続課金の場合も自動で決済を行うため、管理・運用の手間がかかりません。初月無料や〇日間はお試し価格といったキャンペーン運用も可能で、あらゆるプロモーション展開に柔軟に対応いたします。

オンライン決済の管理の手間に悩んでいる方、オンライン決済の管理の効率化を考えている方はROBOT PAYMENTの導入をご検討ください。

まとめ

決済方法も代表的なクレジットカード決済に加えて電子マネー、QRコード、オンライン銀行などの各種決済方法の選択肢が増えたことで、オンライン決済はごく普通の決済方法として浸透したと言えるでしょう。これからオンライン決済や継続課金方式を採用したビジネスを展開しようと考えている方は、ROBOT PAYMENTによるオンライン決済管理の効率化をご検討ください。

     
【監修】ROBOT PAYMENT フィナンシャルクラウド事業部

ROBOT PAYMENTは請求管理業務を効率化・自動化するクラウドサービス「請求管理ロボ」や
サブスクリプションサービスに特化した決済代行サービスを提供しています。
「お金をつなぐクラウドで世の中を笑顔に」というビジョンを下にお客様に満足を提供致します。