決済代行を導入すると多くのメリットが得られる!選び方も解説!

決済全般

Facebook にシェア
Pocket


決済代行は多様化する決済方法に企業が素早く対応できる画期的なサービスです。クレジットカードはもちろん、近年普及しているQRコードやICカード決済も一度の契約で導入が完了するため、特に人手不足に悩んでいたり、創業間もなく専門的な知識がなかったりする企業におすすめです。しかし、具体的なメリットや選び方が分からず、導入に踏み切ることができないといった悩みを抱えている方もいるでしょう。そこでこの記事では決済代行導入で得られるメリットを紹介すると共に、導入に際して知っておきたい仕組みや選び方まで詳しくご紹介します。

決済代行とは


決済代行とはクレジットカード会社などと加盟店の契約を仲介し、クレジットカードなどに関わる業務を代行する会社やサービスを指します。事業者が契約締結して加盟店となれば、本来であれば決済ごとに生じていた精算業務を一括にまとめることができ、これによりキャッシュフローの健全化などを図ることが可能になります。

決済代行を通した場合の決済の仕組み

決算代行を導入することで提供を受けられるサービスには以下のようなものがあります。

・契約手続きや手数料交渉の代行
・審査と申請手続きの代行
・売上金管理業務の代行
・売上金の入金・キャンセル金処理
・システムの提供及びメンテナンス・アップデート
・強固なセキュリティ対策による不正利用防止
・導入から運用までのトータルサポート

上記のように、サービスによっては契約手続きから運用までを一括で代行することが可能です。複数の決済サービスと独自に契約する場合、サービスごとの契約や販売管理システムの改修が必要になってしまいます。導入費用が増大すれば加盟店側にかかる費用負担が収益を圧迫してしまうため、サービスの選定は慎重に行わなければなりません。

決済代行が対応している決済手段

決済代行を導入すれば、VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Clubの国際5大ブランドのクレジットカードをはじめとするさまざまな決済手段に対応可能です。さらに、クレジットカードや銀行振込に加えて、QRコードや交通機関系ICカードなどさまざまな方法にも対応できます。

決済代行の導入に必要な書類

決済代行は利用に際して審査があり、加盟店契約を締結するためにはいくつかの書類を提出する必要があります。申し込みにあたっては「加盟店申請書」や「取扱商品説明資料」などの書類を準備するほか、その他にも事業内容やサービス内容を説明するための資料が求められる場合があるため、必要書類は事前に確認しておきましょう。
問い合わせ・審査からサービスを実際に導入するまでには、およそ1ヶ月〜2ヶ月ほどの時間を要すると言われています。

サブスクペイ

決済代行を導入するメリット


決済代行の導入によって加盟店側は多くにメリットを得ることができます。そのメリットの多くが、契約の際に発生する手間と労力を代行してもらうことで、導入や業務の負担を軽減できる点にあります。では、どのような業務を代行してもらうことが加盟店側にとってのメリットなのでしょうか。

決済手段を比較・検討する手間が省ける

決済代行を導入すれば、複数社にわたる手数料やシステム利用料を比較・検討する手間を省略することが可能です。サービス利用にかかる初期費用、月額固定費、手数料は契約する事業者や契約内容によって異なります。そのため、サービスの利用にかかる費用に加えて他のサービス内容を調査するだけでも、多くの手間と時間を費やすことになります。

一方で決済代行を導入する場合は、サービス事業者の審査から導入まで総合的なサポートが提供されます。また、契約内容変更や更新においても事業者側の負担は最小限で済むため、長期でサービスを利用すればするほど、運用にかかる手間を省略できるのは大きなメリットです。

各決済機関との契約の手間を軽減できる

個別にサービス事業者(決済機関)と契約するケースでは、それぞれのサービス内容と個別に契約する必要があるので、導入プロジェクトが肥大化してしまいます。一方で決済代行を導入する場合は一度の契約であらゆるサービスが利用可能になるため、契約にかかる負担を最小限に抑えることが可能です。

また、代行会社を仲介しない場合では、加盟店となる事業者自身による費用やサービス内容の比較、そして手数料の交渉は難しいとされています。この点においても代行会社・サービスを通して交渉を行うことで、自社にとって最良となる条件の契約を引き出しやすくなります。

システムをゼロから開発する必要がない

サービス事業者から提供される決済や売上管理のためのシステムは、各社ごとに仕様が異なります。したがって、複数のシステムを統合して運用できるシステムを構築する必要があり、自社の販売管理システムを改修する必要が生じます。このシステム改修は導入する決済手段が多ければ多いほど開発や運用にかかるリソースが膨大になり、収益を圧迫する原因ともなってしまうでしょう。

決済代行を導入する場合、ほとんどの場合で代行会社から提供されるシステムを利用することになります。提供されるシステムはすでに複数のサービス事業者と連携済みなので、大規模な開発を必要としません。また、自社と決済代行のシステムの接続はAPI方式をはじめ小規模開発で導入可能なものがほとんどです。そのため、開発導入費用を抑えたシステムの運用が可能になります。

決済代行の導入によって省力化できることとは?


複数の決済手段を用意することは機会損失を防ぐ重要な手段ですが、入金管理などにかかる手間と時間も考慮しなければ経理業務の効率を低下させてしまいます。ここからは、決済代行の導入によって実現できる業務の省力化について具体的にご紹介します。

入金管理の一元化

サービス事業者と1社ごとに契約を結ぶ場合、1社ごとの売上金処理が必要になり経理業務が煩雑になりがちです。売上金が入金されるタイミングは事業者ごと異なります。したがって、締日・入金日が違うことが原因で、同月内で何度も同様の経理処理が必要になってしまいます。

一方、決済代行の場合は各社の入金日は月一度にまとめられ、事業者ごとに異なる入金内容も一括して代行してもらえるため、煩雑になりがちな経理の負担を軽減することが可能です。

事務作業の省略化

決済代行を導入すると、前述した通り専用の管理画面から複数社の売上金などを一括管理することが可能です。決済代行を利用しない場合は、経理処理の際には複数の管理画面から情報を個別に取得する必要があります。このような処理を解決するために販売管理システムと連携する方法がありますが、システム開発費用など余計な費用負担が生じるデメリットは無視できません。

決済代行を利用すれば、ひとつの画面で顧客管理から入出金管理までを行えるため、経理業務の負担を大幅に軽減するほか、手作業による入力ミスや処理の効率化などが実現します。

システムの保守・バージョンアップの対応が不要

決済システムに機能追加やセキュリティアップデートなど仕様変更があったとしても、加盟店側がシステムの保守・管理にリソースを割く必要はありません。アップデートは代行会社・サービス側が実施します。また、新たに決済サービスを追加する際も、加盟店側が改修に投資する必要はなく、システム側で自動的にアップデートが行われるのもメリットです。
また、反対に事業の方針転換に伴い決済方法をスリム化する必要性が生じたときでも、費用負担をかけずに必要なシステムや機能へと変更することができます。

自社にマッチする決済代行の選び方


ここまで解説したように決済代行を活用することで、決済業務にかかるあらゆる手間と負担を軽減することが可能になります。では、導入にあたり、どのように自社事業に最適なサービスを選べばよいのでしょうか。ここからは、決済代行を導入する際に確認しておきたい4つのポイントについて解説します。

幅広い決済手段が用意されているか確認する

決済代行サービスを選ぶ際にまず注目したいポイントが、導入できる決済手段の豊富さです。自社ニーズに合う決済手段が用意されていることはもちろん、ユーザーの決済ニーズを満たすことができる多様な決済手段が準備されているかを確認します。

国内での利用率が高い決済手段は多くの決済代行会社で取扱いがあります。国際5大ブランドのクレジットカードや交通機関ICカード決済やPaypayなどのQRコード決済がその一例です。また、近年では中国圏で普及している「銀聯」や「Alipay」に対応可能な決済代行会社も増加しており、多様な決済手段の提供でターゲット層を広めることも可能になっています。

ただし、決済手段を幅広く導入してもユーザーとマッチしなければ導入効果が少なくなってしまいます。導入する決済手段に迷ってしまった場合は、決済手段のノウハウが豊富な決済代行会社と相談して最適な決済手段を選択することが重要です。

導入実績の数を確認する

決済代行では売上金など少なくない金額のやり取りが決済代行会社との間で行われます。したがって、決済代行会社を選ぶ際には多数の導入実績がある信頼できる会社であることが重要です。導入実績がある決済代行会社は信頼ある取引ができることに加え、決済代行の経験やノウハウが蓄積されています。
決済システムに不具合が生じた場合など決済に関連するトラブルが起こった際に迅速に対応できる能力が備わっている可能性が高く、品質の高いサービスを受けられることが期待できます。

費用・手数料がかかる仕組みを確認する

決済代行を利用するためにかかる費用は決済代行会社によって異なるため、決済ごとにかかる手数料などを確認することも大切です。決済代行会社を利用する費用は大きく、初期費用、月額固定費、決済手数料、そしてオプション料金の4つに大別できます。
初期費用は決済システムなどを導入するためにかかる費用で、導入初期から運用サポートまでの料金を含む場合もあります。月額固定費は、決済件数にかかわらず毎月一定額支払う必要がある固定費です。決済システムやQRコードリーダーなど、周辺装置の利用料なども含まれます。

そして、決済手数料は決済システム経由で決済を行った際に発生する手数料です。費用のなかでも手数料の料率は、契約条件や利用実績によって大きく異なってきます。オプション料金は決済代行会社が提供する有償オプションで、複数ユーザー権限機能やIPアドレス制限などの機能を追加で利用可能にするための料金です。

セキュリティ環境の安全度を確認する

クレジットカード情報がオンラインで漏洩するケースは非常に多いことから、決済代行会社を選ぶ際にはセキュリティが強固な会社を選びリスクを最小限に留めましょう。

特にECサイトやサービス利用申し込みなどではオンラインでクレジットカード情報を入力して決済することが多く、強固なセキュリティを構築できていないとユーザーの情報を漏えいしてしまう可能性があります。システム上で3Dセキュアに対応しているかどうかだけではなく、プライバシーマークやPCI DSSといったセキュリティ規格を取得しているか確認することをおすすめします。

決済代行の導入ならROBOT PAYMENTのサブスクペイがおすすめ!

サブスクペイ
幅広い決済手段の用意や高いセキュリティに対応した決済代行会社をお探しの際は、ROBOT PAYMENTの「サブスクペイ」の利用をご検討ください。

決済代行サービスであるサブスクペイは、大手企業から中小・個人事業主まで約12,000社以上の導入実績と、年間約300億円以上の取引で利用されています。クレジットカード決済は国際5大ブランドすべてに対応するほか、他のさまざまな決済手段も用意しております。

課金周期や金額の変更、決済失敗時のリトライ機能など、さまざまな継続購入に柔軟に対応できるサービスなので、サブスクリプションサービスの展開が初めての企業にも安心してご利用いただけます。

サブスクペイはセキュリティ対策も万全で、外部監査による定期的な社内調査、最高品質のセキュリティ技術体制など、世界標準のセキュリティレベルを維持することで不正利用のリスクの回避を高水準で実現しているのも特徴です。

サブスクペイは最短3営業日で審査から導入が可能です。決済代行会社でお悩みの場合はお問い合わせ・資料請求からお気軽にご連絡ください。

まとめ


決済代行は手軽にユーザーに幅広い決済手段を提供できるうえに、業務負担を軽減できるメリットがあります。しかし、決済代行会社を利用して種々の省力化を図れたとしても、手数料が売上の負荷になってしまえば得られる収益を減少させてしまいます。
そこでおすすめなのが「サブスクペイ」です。さまざまなビジネスモデルに対応できるうえに、セキュリティ水準も高い決済代行サービスです。ぜひ導入をご検討ください。

     
【監修】ROBOT PAYMENT フィナンシャルクラウド事業部

ROBOT PAYMENTは請求管理業務を効率化・自動化するクラウドサービス「請求管理ロボ」や
サブスクリプションサービスに特化した決済代行サービスを提供しています。
「お金をつなぐクラウドで世の中を笑顔に」というビジョンを下にお客様に満足を提供致します。