月額課金・継続課金・都度課金・従量課金の違いとは?

サブスクリプション

Facebook にシェア
Pocket

近年様々なサービスやニュースで「継続課金」や「月額課金」など見聞きすることも多くなりましたが、言葉として近しいためそれぞれの違いについて明確に認識がなされていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はそんな「継続課金」や「月額課金」といった課金形態の違いを事業者様向けに説明したいと思います。

課金形態(種類)について

継続課金や月額課金以外にも課金形態には様々な言い方や種類があり、それぞれ飲食店やアパレルなどの実店舗と通販や電子コンテンツ店舗やサービスにて導入が多いものなど様々です。

都度課金(単発決済)

お買い物などをする度に決済を行う課金方式になります。

継続課金

継続的に課金が発生する課金方式全般を指します。基本的にサービスを退会および停止しない限り、半永久的に課金されます。
この継続課金の中に定期課金や従量課金など更に細かく分類がされます。最近ではサブスクリプション型ビジネスでよく利用されています。

定期課金

毎週、毎月、隔月、毎年など一定期間ごとに課金が発生する課金方式になります。毎月一定の金額を支払う月額課金はここに該当します。

従量課金

光熱費などの一定期間ごとに課金が発生するものの、金額が異なる課金方式になります。

このように課金形態は様々ありますが、商材やサービス内容により向き不向きがあります。

課金システムの活用例

上記で様々な課金形態を説明しましたが、それぞれ運用するには課金システムを導入するのが最適です。一例として、継続課金の形態で実際に弊社の継続課金システムをご利用のお客様の中から活用例をご紹介します。

・NPO法人様のマンスリー寄付
これまで銀行振込のみで都度課金でのご寄付を募っていらっしゃったNPO法人様ですが、継続課金システムを導入していただくことで、毎月自動でのご寄付を集められるようになりました。
都度課金では安定したご寄付は中々得られず、財務計画の部分でお困りでしたが、毎月自動でのご寄付が得られるようになってからは安定してご寄付が集まるようになり、振込の消込作業への手間も削減されました。

・実店舗向け集客システムの月額利用料
月額利用料プランが毎月一定額と成果報酬型の2パターンに分かれており、成果報酬型の毎月請求に手間が掛かっていらっしゃいましたが、継続課金システムをご利用で毎月の未収トラブルなどが激減されました。

継続課金システムを取り入れるべきビジネスモデル

継続課金システムを導入すべきかどうかは、提供しているサービス・ビジネスモデルによります。例えば、単発の物販を行っている会社では、継続課金の必要はありません。

大前提としては、長期間継続して提供するサービスであるということ。そして、解約防止の観点から、質の高いサービス水準の維持、充実したサポート体制を満たせるということが重要になってきます。

・継続課金システムの例
コワーキングスペースの施設利用料として月額請求 (プラスして印刷枚数超過などの従量課金といった金額変更も想定)

まとめ

上記で課金システムの活用例を挙げましたが、特に継続課金においてのシステム導入は様々な商材やサービスに利用可能で、たくさんのメリットがあることは伝わったかと思います。しかし、これらの継続課金を実現するシステムは開発に半年単位の時間と数千万の費用が発生致します。この手間と費用を大幅に抑えビジネスを成功させるには弊社のような決済代行会社を利用していただくのが最も早く便利になります。決済代行会社により利用可能な機能や運用方法も異なります。


著者プロフィール
決済営業部 古内

2018年ROBOT PAYMENT中途入社後、決済サービス営業部へ配属。
前職は法人様にOA / IT機器(特にPC)の販売からサポートや修理など幅広く対応。業界・業種も飲食、不動産、NPO、IT、教育機関など決済を必要とされる方と接触しておりフロントからバックオフィスまで様々な方を対応致しました。

     
【監修】ROBOT PAYMENT フィナンシャルクラウド事業部

ROBOT PAYMENTは請求管理業務を効率化・自動化するクラウドサービス「請求管理ロボ」や
サブスクリプションサービスに特化した決済代行サービスを提供しています。
「お金をつなぐクラウドで世の中を笑顔に」というビジョンを下にお客様に満足を提供致します。