バーチャル経理ロボット、全方位の業務システムと外部データ連携が可能に ニュース・リリース情報 | 株式会社ROBOT PAYMENT

バーチャル経理ロボット、全方位の業務システムと外部データ連携が可能に
~双日システムズとROBOT PAYMENTが提携、経理を中心にデータ活用を推進する業務管理エコシステムを構築~

  • 2016年11月28日
  • プレスリリース

請求管理ロボを運営する株式会社ROBOT PAYMENT 本社:東京都渋谷区、代表取締役:清久 健也、以下ROBOT PAYMENT は、双日システムズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:南部 匠、以下双日システムズ)と業務提携し、 クラウドEAIサービス「PolarisGate を使用することで、「請求管理ロボ」の外部連携機能を強化した。

Fintech×ロボット×EAIをハブに、業務管理エコシステムの構築を実現~活用前の「データ収集」をアシスト~

「請求管理ロボ」は、EAIツール「PolarisGate」を通じて、企業内外の様々なシステムと連携することができるようになりました。 システム間において異なるフォーマットで収容されている複雑なデータが、双方向で自動的にやりとりされます。 お互いがブラックボックスとなっていた複数のシステムが常に同期されることで、データ活用の前提になる「データ収集段階」での業務の正確性とスピードを向上させることが可能です。

図:請求管理ロボ×クラウドEAI「PolarisGate」による業務管理エコシステム

連携強化の背景~「経理」をデータ活用の旗頭に~

定型作業がAIやロボティクスで自動化されていく中、経理担当者の役割は社内データの活用を推進していく立場へと変容していくことが期待されています。 ROBOT PAYMENTは、請求管理ロボのSalesforce、kintoneとのAPI連携をはじめ、システム間の連携に積極的に取り組んでまいりました。 そして、昨今の経理を中心としたデータ収集・データ活用の社会的ニーズの高まりに対応することを目的に、双日システムズとの業務提携によってシステム間の連携をさらに加速させる運びとなりました。

■サービス詳細
価格:別途お見積り
※データ連携の初期設定はすべて双日システムズが承ります。

■双日システムズ提供サービス
EAIクラウドサービス「PolarisGate」
https://www.sojitz-sys.com/solution_service/polarisgate/

ニュース & プレスリリース