ランサーズ株式会社、Salesforceを基盤とした経理業務の自動化で人手不足を解消 ニュース・リリース情報 | 株式会社ROBOT PAYMENT

【請求管理ロボ Salesforce API連携 導入事例インタビュー】
ランサーズ株式会社、Salesforceを基盤とした経理業務の自動化で人手不足を解消

  • 2016年12月9日
  • プレスリリース

請求管理ロボを運営する株式会社ROBOT PAYMENT (本社:東京都渋谷区、代表取締役:清久 健也、以下ROBOT PAYMENT)は、 日本最大級のクラウドソーシングを提供する ランサーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 秋好 陽介、以下ランサーズ)に向けて、請求管理ロボを提供し、Salesforceを基盤とした経理業務の一部自動化に成功しました。

図:請求管理ロボ Salesforce API連携 ご活用イメージ


※現在は請求書周りの自動化を主とした運用フェーズであり、今後、金融機関と連携した消込、債券管理まで領域を拡げてまいります。

■Salesforceから会計までのお金の流れを一元管理

ランサーズは、月末月初にかけて作業ボリュームが急増することによる人手不足を課題としていました。 請求管理ロボはSalesforceと連携することで、販売管理から会計まで一気通貫して仕組化。請求業務の自動化で業務の生産性向上に貢献しました。

■導入事例インタビュー動画

ランサーズ株式会社 コーポレート部 副部長 公認会計士 山本修一 様

「販売管理後のお金の管理まで一元化できるのはとても魅力的です。」
インタビュー動画URL: https://www.robotpayment.co.jp/service/mikata/case-studies/lancers.html

■請求管理ロボ Salesforce API連携 サービスページ

URL:https://www.robotpayment.co.jp/service/mikata/solution/salesforce/

ニュース & プレスリリース