売上と売掛管理 | 請求管理・請求業務のクラウドシステム(ソフト)「 請求管理ロボ 」

売掛管理

お望みの形で売掛金の状況が一目で見える化

売掛金管理の重要性について

売掛金とは商品を売り上げた際、代金未回収分の金額のことであり、一般的に法人間での取引では必ず発生するものとされています。 そのため、債券残高をきちんと管理し売掛金をもらさず回収することは、経営上、非常に重要であることは言うまでもありません。 しかし、入金日が月末月初などに集中するため経理担当の処理が追い付かないなどの理由から、売掛債権の回収管理に十分な数の人員が配分されていないのが現実です。 派遣やBPOを利用するなども一つの手段ですが、システムを導入し、業務の効率化を検討してみてはいかがでしょうか。

売掛管理システムで省力化すべき業務内容

売掛金回収に伴う作業は大まかに4つのStepで行われています。

  1. 請求書を発行
  2. 代金回収(銀行振込、口座振替、クレジットカード決済など)
  3. 入金処理、得意先元帳に入金記帳
  4. 請求分と差額が生じた場合は営業部に問い合わせ個別対応

上記のような売掛金管理業務を徹底するためには、販売管理システムを起点として経理と営業が常時情報を共有しておく必要があります。請求先単位での入金期日はもちろん、得意先ごとに売掛残高がどの位あるかなど、営業担当者が把握すべきことは多くあり、細かな数字管理が不得意な場合などは本業に支障をきたす可能性もあります。請求管理ロボなら、請求書(請求明細)の発行機能はもちろん、販売管理システムと連携し、入金確認(消込)作業を自動化。売掛金回収の一連の処理を全社ベースで管理することが可能です。

資金繰りの知りたい情報はすぐに可視化

知りたい情報へすぐにアクセス。直感的なインターフェースで経営を支えます。
リアルタイムに顧客別、期間別等で売上や債権残高を確認し、次のアクションに活用しましょう。

請求結果一覧画面

請求管理ロボの売掛管理機能一覧

  1. 1. 請求書の発行と送付オペレーションの履歴を一覧表示

    請求履歴はデータベースに格納されるので、請求先からの問合せ、ご請求の調査が 過去に遡って確認いただくことが可能です。

  2. 2. 入金確認(消込)は、請求書の明細単位

    消込は請求書の明細単位で行います。仮に消込時に差異が生じた場合でも、原因の特定がより簡単になります。

  3. 3. 消込処理は完全自動

    データベース内の請求情報をもとに、業界最高水準の精度で自動消込を行います。
    また、名義の違いなどシステムでの消込エラーの場合には、手動にて請求書の内容と入金内容を見比べながら直感的に対応いただけるインターフェースをご用意しております。

  4. 4. イレギュラーな入金にも対応し、自動消込

    システムが名義違いの入金などを記憶し学習します。 次回以降の入金は自動処理されるため個別のオペレーション対応が不要になります。

  5. 5. 翌月への繰り越し請求が可能

    消込めなかった金額は次回請求に反映することができます。

お客さまの声

TBM

代金の滞納が発生する傾向も分かるようになるので助かっています。

これまで作業ボリュームの把握が困難だった毎月の売掛金管理業務をルーティン化することができ、仕事のスケジュールを立てやすくなりました。また、リアルタイムで正確な売上管理ができるダッシュボード機能のおかげで、日次で売上を部内共有する仕組みを作ることができました。 営業担当者ごとの売上や取引先ごとの入金履歴も把握、代金の滞納が発生する傾向も分かるようになるので助かっています。

詳細をみる