第1回サブスク見本市SUBSCRIPTION EXHIBITION 2022.6.15 水 13:00→16:30 オンラインイベント

「すべてのビジネスはサブスクへと向かう」
と言われ、
注目が集まっている
サブスクリプションビジネス

あらゆる業界で、
サブスクリプションビジネスの
転換の波が押し寄せ、
今では多くの企業が
新たなビジネスモデルへの挑戦をしています。

本イベント「サブスク見本市」では、
幅広い業界からサブスクリプションへの
ビジネス変革を成功させた
イノベーターの方々をお迎えします。

サブスクビジネスへの転換期での苦労や失敗、
それを乗り越えた先に実際にどのように、
ビジネスが変化していったのか。

イノベーターの方々の生の声をお伝えします。

パネルディスカッション

14:40-15:20

サブスクお悩み相談室

サブスク見本市のお申込フォームにて募集させていただいた「サブスクビジネスに関するお悩み・不安点・ご質問」を、イノベーターがお答えしていくセッションです。

※時間の関係上、いただいた全てのご質問にお答えすることはできません。予めご了承ください。

  • パネリスト 綿谷 泰宏

    サイクループ株式会社

    代表取締役社長

    綿谷 泰宏
    ワタタニ ヤスヒロ

    1968年:兵庫県神戸市生まれ
    1992年:甲南大学 経済学部 卒業(専攻:金融経済学)
    株式会社内田洋行 入社
    東京・大阪にて上場企業向け基幹業務システム営業に従事
    東京にてアクティビティマネジメント戦略コンサルティングに従事
    東京にて新規事業開発に従事
    2003年:株式会社内田洋行退職
    株式会社ネットスプラウトを設立し情報ポータルサイトの運営
    2008年:株式会社ネットスプラウトの情報サイト事業を売却
    2008年:株式会社エコール(現サイクループ株式会社) 設立

  • パネリスト 岡村 陽久

    株式会社アドウェイズ

    取締役会長

    岡村 陽久
    オカムラ ハルヒサ

    アドウェイズ・グループの設立者。
    アドウェイズの前身となるアドウェイズエージェンシーを2000年に創業後、2001年2月に大阪で株式会社アドウェイズを設立。
    設立時に代表取締役社長に就任後、2021年7月より取締役会長に就任。

  • モデレーター 藤田 豪人

    株式会社
    ROBOT PAYMENT

    執行役員
    フィナンシャルクラウド事業部長

    藤田 豪人
    フジタ タケヒト

    前職の株式会社カオナビでは執行役員コーポレート本部長事務責任者として2019年3月に東証マザーズ上場を果たす。
    2019年10月にROBOT PAYMENTに入社し、フィナンシャルクラウド事業部長を務める。2020年7月より、経理の不合理を解消したいという想いで「日本の経理をもっと自由に」プロジェクトを立ち上げる。

サブスクのお悩み大募集中!

イノベーターに聞いてみたいことはありませんか?

個別セミナー

13:05 ~ 13:30

既存事業のソフトランディング
~ 電動自転車サブスクビジネス
立ち上げ期の着眼と苦労 ~

2020年から開始した電動自転車サブスクは、21年末時点で2,000件を超える契約者数となり22年になった今も月間申込みが倍々で増加しています。
中古機械を販売していたサイクループがなぜ電動自転車のサブスクに取り組んだのか?立ち上げで苦労した点は?
事業化を先導した代表者自身より、生の声をお伝えします。

綿谷 泰宏

綿谷 泰宏
ワタタニ ヤスヒロ

サイクループ株式会社
代表取締役社長

1968年:兵庫県神戸市生まれ 1992年:甲南大学 経済学部 卒業(専攻:金融経済学)
株式会社内田洋行 入社
東京・大阪にて上場企業向け基幹業務システム営業に従事
東京にてアクティビティマネジメント戦略コンサルティングに従事
東京にて新規事業開発に従事
2003年:株式会社内田洋行退職
株式会社ネットスプラウトを設立し情報ポータルサイトの運営
2008年:株式会社ネットスプラウトの情報サイト事業を売却 2008年:株式会社エコール(現サイクループ株式会社) 設立

13:30 ~ 13:55

「サブスク化」成功のカギはどこにあるのか?
~ 新規事業「サウナのサブスク」で伝統的なビジネスを再定義 ~

昨今「サブスク」に関する注目度が上がり、既存事業のサブスク転換・サブスク新規事業の取り組みをされている企業も増えてきております。
本セッションでは、これまでサブスクで提供されていない伝統的なビジネスを「サブスク化」する際、構想とずれてしまったことやサブスク化してよかったことを中心に、サブスクビジネスを始める上でためになる実体験をお伝えさせていただきます。

岡村 陽久

岡村 陽久
オカムラ ハルヒサ

株式会社アドウェイズ 取締役会長

アドウェイズ・グループの設立者。
アドウェイズの前身となるアドウェイズエージェンシーを2000年に創業後、
2001年2月に大阪で株式会社アドウェイズを設立。
設立時に代表取締役社長に就任後、2021年7月より取締役会長に就任。

13:55 ~ 14:20

決済データから見るサブスク事業の始め方

当社は創業時からサブスク事業向けの決済サービスを提供してきたため、サブスク事業をされているお客様 約12,000社の決済データを蓄積しております。本セッションでは、その決済データを活用しながら、サブスク事業者が盲点となりやすいこと、成長を促進するバックオフィスの作り方を中心に解説いたします。

小倉 政人

小倉 政人
オグラ マサト

株式会社
ROBOT PAYMENT
取締役

2004年当社に入社、以来一貫してペイメント事業に携わり、2011年に執行役員就任、2017年より事業全体を統括する事業管掌の取締役。

15:15 ~ 15:40

高収益性と業務効率化を同時に実現する
サブスク事業のバックオフィス戦略

サブスク事業者の成長が注目されるようになり、その波に乗ろうとサブスク事業の立ち上げに取り組む企業が増えております。しかし、その立ち上げ方は各社が独自の手法で手探りで推進しているのが実情です。
本セッションでは、SaaSの管理部長・事業部長を歴任した経験をもとに、どのような失敗体験をしたか、事前に検討すべきことは何かという内容を中心に、サブスク事業の現場で活用できることをお伝えいたします。

藤田 豪人

藤田 豪人
フジタ タケヒト

株式会社
ROBOT PAYMENT
執行役員 フィナンシャルクラウド事業部長

前職の株式会社カオナビでは執行役員コーポレート本部長事務責任者として2019年3月に東証マザーズ上場を果たす。2019年10月にROBOT PAYMENTに入社し、フィナンシャルクラウド事業部長を務める。2020年7月より、経理の不合理を解消したいという想いで「日本の経理をもっと自由に」プロジェクトを立ち上げる。

15:40 ~ 16:05

「サブスク」ビジネスにおける
頻出課題と成功の3つのポイント

ビジネスの流れの変更に伴い、売り切り型からサブスクリプション型へと事業転換される企業も増えてきています。一方で「9%しか成功しない」という調査結果も発表されるなどその難易度も注目されています。本セッションでは、創業当初からクラウドサービスとしてソリューションを提供してきたセールスフォースが、サブスクリプション型ビジネスの展開に際し重視している3つのポイント、そして弊社のお客さまにおいてよく聞く課題とその解決方法について言及いたします。

植松 隆

植松 隆
ウエマツ タカシ

株式会社
セールスフォース・ジャパン 執行役員
コマーシャル営業
第一営業本部 本部長

立教大学大学院 ビジネスデザイン研究科卒業。大手システムインテグレータにてシステムのフルアウトソースを実施。その後、セールスフォース・ジャパンに入社し、中堅企業を中心にクラウドを利用した経営改革を実現。多くのお客様の改革をサポートし、部長職を経て、2017年2月より現職。中堅中小企業向けの約80名の営業組織をリード。

16:05 ~ 16:30

サブスクの新規事業・グロースに
活用できる
補助金・助成金を徹底解説

コロナ禍で益々注目されているサブスクビジネスですが、立ち上げの際には様々な費用がかかるため、公的支援制度等の活用が重要になってきます。そこで、立ち上げの際に活用できる可能性がある「IT導入補助金」「事業再構築補助金」「ものづくり補助金」について制度の概要や実際の合格書類を用いて採択のコツを解説致します!
また、その他自社が活用できる可能性のある制度や自分で申請する方法なども、セミナーに参加すればわかります!ぜひご期待ください。

杉山 宏樹

杉山 宏樹
スギヤマ ヒロキ

株式会社ライトアップ 経営コンサルティング局 執行役員

Jマッチ事業の立ち上げを担当。2018年、東証マザーズへの上場を経験。国内最大規模の助成金支援サービスを構築し、現在も担当役員をつとめている。全国で主催する経営者向け助成金勉強会には年間2万社が参加、累計申請支援金額は100億円を突破。今現在では自治体や銀行、大手企業など100社以上とアライアンス関係を構築している。

タイムスケジュール・詳細

※横にスクロールしてご確認ください

第1部
時刻
(時間)
プログラム 登壇企業
13:00 - 13:05
(5分)
開演のご挨拶
「サブスク見本市」概要説明
ROBOT PAYMENT
13:05 - 13:30
(25分)
既存事業のソフトランディング
~電動自転車サブスクビジネス立ち上げ期の着眼と苦労~
サイクループ株式会社
13:30 - 13:55
(25分)
「サブスク化」成功のカギはどこにあるのか?
~新規事業「サウナのサブスク」で伝統的なビジネスを再定義~
株式会社アドウェイズ
13:55 - 14:20
(25分)
決済データから見るサブスク事業の始め方 株式会社ROBOT PAYMENT
14:20 - 15:00
(40分)
サブスクお悩み相談室 サイクループ株式会社
株式会社アドウェイズ
モデレーター:株式会社ROBOT PAYMENT
15:00 - 15:15
(15分)
休憩
第2部
15:15 - 15:40
(25分)
高収益性と業務効率化を同時に実現する
サブスク事業のバックオフィス戦略
株式会社ROBOT PAYMENT
15:40 - 16:05
(25分)
「サブスク」ビジネスにおける
頻出課題と成功の3つのポイント
株式会社セールスフォース・ジャパン
16:05 - 16:30
(15分)
サブスクの新規事業・グロースに活用できる
補助金・助成金を徹底解説
株式会社ライトアップ

参加特典

  • 特典1

    自社が使える補助金・助成金を把握できます

    補助金・助成金の受給金額を、無料診断・無料個別相談会を提供いたします。

    ¥
  • 特典2

    2022年上半期 サブスク Q&A ebookをプレゼントします

    皆様から募集する「サブスクのお悩み」にイノベーターがお答えするebookを、後日プレゼントいたします。

    Tablet

申し込みフォーム

株式会社セールスフォース・
ジャパンのプライバシーポリシー

当イベントのお申込みでご提供いただきましたお客様情報は、株式会社ROBOT PAYMENTが取得し、株式会社セールスフォース・ジャパンに提供いたします。 株式会社ROBOT PAYMENT / 株式会社セールスフォース・ジャパンは、各社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理し、取得したお客様情報を以下の目的に利用します。

  • ・共催各社のセールス・マーケティング活動
  • ・共催各社間での情報共有 個人情報の取り扱いについては、各社プライバシーポリシーをご参照ください。

当イベントにお申し込みいただく方は、セールスフォース・ジャパンの下記のポリシーに同意いただいたものとみなします。特に、プライバシーに関する声明で定めるとおり、情報のホスティングと処理を目的として私の個人データをアメリカ合衆国を含む国外に転送することを許可します。

個人情報保護基本方針 (https://www.salesforce.com/jp/company/personalinfo/)
プライバシーに関する声明 (https://www.salesforce.com/jp/company/privacy/)
個人情報利用についての通知 (https://www.salesforce.com/jp/company/privacy-notification-a3/)

当イベントにお申し込みいただく方は、Salesforce の製品、サービス、イベントに関するマーケティング情報の受け取りを希望したものとみなします。当該マーケティング情報の受け取りはいつでも停止可能です。