ROBOT PAYMENT

第2回 「日本の経理をもっと自由に」プロジェクト主催 日本の経理をもっと自由に CONFERENCE 2021年2月10日(水)13:00~17:15 その業務は社内で行う必要ありますか? 〜コア業務とノンコア業務の切り分けから始める働き方改革〜
参加申し込み

未来志向で
『経理の働き方』を考える1日

経理の働き方を変えていきたい。
そんな想いから立ち上がった
「日本の経理をもっと自由に」プロジェクト。
経理の人々が自由に働けるよう、
120社以上の賛同企業と共に、声を挙げています。
本カンファレンスでは、具体的にどのように
業務改革を進めていくべきかを考えるべく、
経理向けサービスを提供している企業が集まり、
業務改革の最前線で得たその成功事例から、
経理のこれからの働き方を解説いたします。
また「電子帳簿保存法」「インボイス制度」
「2025年の崖」など、
取り巻く環境は大きく変化していく中で、
今後のデジタル化・ペーパーレス化の
展望に触れながら、
未来志向のディスカッションを行っていきます。

パネルディスカッション

13:15-13:40

「コア業務」と「ノンコア業務」の切り分けから始める経理の働き方改革

働き方の見直しが急速加速し、ペーパーレス化、脱ハンコ化、テレワークなど、経理を取り巻く環境が大きく変化しています。無駄なことを省き、より本質的な仕事が求められていくなかで、今行っている業務プロセスを見直し、コア業務とノンコア業務を上手く切り分けていくことで、働き方改革を進めることができます。
本パネルディスカッションでは、コロナ禍以前より先んじて改革を進められているスマートニュース株式会社の黒岩氏と、モデレーターとしてメリービズ株式会社の山室氏をお迎えして、どのように働き方改革を進めるべきか、何を任せて何を残すべきなのか、本音で語り合うディスカッションを行います。

  • 黒岩 篤

    スマートニュース株式会社

    Head of Corporate Administration

    黒岩 篤

    慶應義塾大学商学部卒。税理士事務所勤務を経て、スターバックス コーヒー ジャパンに入社。2006年3月に慶應義塾大学大学院経営管理研究科を卒業し、英会話学校のGABAで管理部門執行役員に就任。その後、キッザニアやDoCLASSEといった新興企業の財務・経理・法務・総務・経営企画に従事。2016年8月にSmartNewsに入社。経理・法務・経営管理・リスクマネジメントなどのバックオフィスを管掌。

  • 山室 佑太郎

    メリービズ株式会社

    取締役 / COO

    山室 佑太郎

    1991年生まれ、長崎県出身。 東京理科大学専門職大学院イノベーション研究科在学中より、エムスリー株式会社にて製薬会社へのマーケティング支援に従事。
    その後、総合系コンサルティングファームを経て、メリービズ株式会社へ参画。
    経理/会計業務のアウトソーシングサービス「バーチャル経理アシスタント」の立ち上げを担当。
    2016年10月より同取締役に就任。COOとして、事業戦略の立案推進などに従事。

パネルディスカッション

15:40-16:20

任せるだけではダメ!業務は外に任せて、データは社内に残す。
DX時代のアウトソーシングを考える。

データ活用時代において、社内データを有効活用していくことが、これからの経営戦略にとって非常に重要になります。「見える化」を進めることで、ビジネス状況の正常/異常の判断をし、過去の傾向から未来予測を作ることができ、データを一元化することで2次利用・3次利用と一気通貫なDXが実現できるようになります。一方、コア業務に集中し、ノンコアは業務アウトソーシングをすることが、生産性を高める1つのカギとなります。「業務アウトソース」×「データ活用」を、どのように考えるべきなのか、DX時代の業務効率化についてパネルディスカッションを行います。

  • 篠原 啓輔

    株式会社BEARTAIL

    EXPENSE事業部

    取締役

    篠原 啓輔

    大学卒業後、金融機関を経てベネッセグループに12年間従事。大手企業のコンタクトセンターの受託営業やフィリピンBPOセンターの立上げ等を行う。2016年BEARTAIL参画。米国公認会計士(USCPA)

  • 株式会社ROBOT PAYMENT

    フィナンシャルクラウド事業部

    執行役員 フィナンシャルクラウド事業部長

    藤田 豪人

    前職の株式会社カオナビでは執行役員コーポレート本部長事務責任者として2019年3月に東証マザーズ上場を果たす。2019年10月にROBOT PAYMENTに入社し、フィナンシャルクラウド事業部長を務める。2020年7月より、経理の不合理を解消したいという想いで「日本の経理をもっと自由に」プロジェクトを立ち上げる。

参加申し込み

個別セミナー

長谷 龍一

長谷 龍一

メリービズ株式会社
ビジネスディベロップメントチーム コンサルタント

2018年メリービズ株式会社に入社。経理コンサルタント、及び統括として、従業員1桁台のベンチャー企業から、東証一部上場企業まで、請求業務、売掛買掛・入出金管理・経費精算・月次決算業務の数十社以上のサポートに従事した。
現在はBizDev(事業開発)/マーケティング領域を担当。

13:40-14:05

「withコロナ」時代の経理最適化とは
~コア業務に集中するための経理アウトソーシングという選択~

経理・バックオフィスが抱える課題は多種多様です。
「withコロナ」時代の経理・バックオフィスを変革する鍵はテレワークとコア業務集中の2点です。
これらの解決につながる「バーチャル経理アシスタント」をご紹介し、“新時代の経理プロセス”を徹底解説します!

個別セミナー

津久井 基喜

津久井 基喜

NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社
営業推進本部 営業推進部 副部長

宝飾業界で営業10年、広告会社で制作ディレクターを経て2008年にNOCへ入社。入社後はアウトソーシング運用担当、営業を数年担当し、現在はマーケティング兼営業支援部門の副部長を務める。

14:05-14:30

テレワークやペーパーレス化を実現するため、経理業務を「変える」4つの手順

経理部門の方がテレワークを実現するため、もしくはペーパーレス化を進めていくため、どのように自分たちの業務を見直し、整理していくのが良いか、4つの手順をもとにご説明します。

個別セミナー

須藤 孝宏

須藤 孝宏

株式会社ネクスウェイ
ビジネスソリューション事業部 営業リーダー

2016年4月よりNEXWAYに入社、その後請求書発行業務に関する事業に5年関わり、当業務に関する新規サービス「FNX e-急便WEB発行サービス」を起案、2019年4月よりリリースし、当サービス営業チームのリーダーを務める。

14:30-14:55

テレワーク実施への課題『請求書発送業務』を
受け手も嬉しい「WEB発行」によるアウトソーシングにて解決!

コロナ禍の請求書発送業務において、
・テレワーク中ではあるが、発送業務のために出社
・受取側より郵送ではなくメールによる発行依頼
このようなことございませんか。
本講演では、上記に対応できるアウトソーシングサービスのご紹介とコロナ禍における請求書の受取側の意向について事例や市場調査結果をお伝えいたします。

個別セミナー

藤田 豪人

藤田 豪人

株式会社ROBOT PAYMENT
フィナンシャルクラウド事業部 執行役員 フィナンシャルクラウド事業部長

前職の株式会社カオナビでは執行役員コーポレート本部長事務責任者として2019年3月に東証マザーズ上場を果たす。
2019年10月にROBOT PAYMENTに入社し、フィナンシャルクラウド事業部長を務める。2020年7月より、経理の不合理を解消したいという想いで「日本の経理をもっと自由に」プロジェクトを立ち上げる。

14:55-15:20

「請求業務のアウトソーシング」で始める経理の働き方改革

コロナ禍で世の中の働き方は変わりましたが、経理の方は依然として、
・請求書発行や入金管理のために出社を余儀なくされている
・月次業務などに追われて、付加価値の高い仕事に取りかかる時間がない
という方が多いのではないでしょうか。

実はこれらは「請求業務のアウトソーシング」で解決できます。
その解決法を働き方改革の成功事例とともにご紹介します。

個別セミナー

篠原 啓輔

篠原 啓輔

株式会社BEARTAIL
EXPENSE事業部 取締役

大学卒業後、金融機関を経てベネッセグループに12年間従事。大手企業のコンタクトセンターの受託営業やフィリピンBPOセンターの立上げ等を行う。2016年BEARTAIL参画。米国公認会計士(USCPA)

16:20-16:45

領収書が社内から一掃され、請求書は会社に届かない時代へ

コロナ禍において経理部はエッセンシャルワーカー!?
請求書や領収書が”紙”で回覧される以上出社が余儀なくされています。
経費精算回りをせっかくシステム化したのに、結局紙の申請書が回覧されていることってありませんか?
RECEIPT POSTおよびINVOICE POSTの導入で紙が一掃されます。

個別セミナー

後藤 愛

後藤 愛

株式会社キャスター
ACC/HR事業部 サブマネージャー

九州大学大学院修了後、税理士事務所勤務、自動車メーカー子会社の経理、生命保険会社の法人営業を経て、2017年にキャスターに入社。
キャスターでは、フロントディレクター、現場監修、秘書、営業など幅広い業務を担当し、現在はACC/HR事業部の運営に従事している。

16:45-17:10

クラウド経理を実現するための3つのステップ

DX導入に必要不可欠なクラウドシステム
中でも経理業務のクラウド化には様々な壁があります。
・属人化の解消
・システム移行に伴う作業負担
・新しい運用を取り入れるための環境整備
このような壁を解決する方法として「経理業務オンライン化のプロによる導入サポート」があります。
今回は、経理業務におけるオンライン化の課題を「CASTER BIZ accounting」でどのように解決できるのかをご紹介します。

参加申し込み

タイムスケジュール・詳細

第1部
時刻
(時間)
プログラム 登壇者
13:00-13:15
(15分)
開演・挨拶
日本の経理をもっと自由にプロジェクト、これまでの活動の報告とアップデート
株式会社ROBOT PAYMENT
プレゼンター:藤田豪人
13:15-13:40
(25分)
パネルディスカッション
「コア業務」と「ノンコア業務」の切り分けから始める経理の働き方改革
スマートニュース株式会社、メリービズ株式会社
13:40-14:05
(25分)
「withコロナ」時代の経理最適化とは
~コア業務に集中するための経理アウトソーシングという選択~
メリービズ株式会社
ビジネスディベロップメントチーム コンサルタント
長谷 龍一
14:05-14:30
(25分)
テレワークやペーパーレス化を実現するため、
経理業務を「変える」4つの手順
NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社
営業推進本部 営業推進部 副部長
津久井 基喜
14:30-14:55
(25分)
テレワーク実施への課題『請求書発送業務』を
受け手も嬉しい「WEB発行」によるアウトソーシングにて解決!
株式会社ネクスウェイ
ビジネスソリューション事業部 営業リーダー
須藤 孝宏
14:55-15:20
(25分)
「請求業務のアウトソーシング」で始める
経理の働き方改革
株式会社 ROBOT PAYMENT
藤田 豪人
15:20-15:40
(20分)
休憩
第2部
時刻
(時間)
プログラム 登壇者
15:40-16:20
(40分)
パネルディスカッション
任せるだけではダメ!業務は外に任せて、データは社内に残す。
DX時代のアウトソーシングを考える。
株式会社BEARTAIL、株式会社ROBOT PAYMENT
16:20-16:45
(25分)
領収書が社内から一掃され、
請求書は会社に届かない時代へ
株式会社BEARTAIL
EXPENSE事業部 取締役
篠原 啓輔
16:45-17:10
(25分)
クラウド経理を実現するための3つのステップ 株式会社キャスター
ACC/HR事業部 サブマネージャー
後藤 愛
17:10-17:15
(5分)
挨拶・閉演

申し込みフォーム