CSR社会貢献活動

株式会社ROBOT PAYMENT(ロボットペイメント)

事業を通じて社会課題の
解決に貢献し、
世の中を笑顔にすることを
約束します 
当初は代表清久の個人的な思いからはじまった社会貢献活動ですが、年々その輪を広げてまいりました。
弊社のオンライン決済サービスをNPO団体等に通常より ご利用いただきやすいプランで提供したり、震災時にはオンライン決済システムを無償で開放して寄付金を募ってまいりました。
また日本特有の紙文化からの脱却、「日本の経理をもっと自由に」プロジェクトを進めることで、働き方改革はもちろん森林保全やCO2削減に貢献できると考えています。

ROBOT PAYMENTの
SDGsへの貢献活動ROBOT PAYMENT SDGs

COALS COALS
SDGsへの貢献 ROBOT PAYMENTは、2015年9月の国連サミットで採択された、2030年までに持続可能でより良い世界を実現するための国際目標として17のゴール・169のターゲットから構成されたSDGs(Sustainable Development Goals : 持続可能な開発目標)に対して、事業活動と社会貢献活動を通じて、積極的に貢献していきます。
「日本の経理をもっと自由に」
プロジェクト

「日本の経理をもっと自由に」とは、COVID-19で浮き彫りになった経理の課題を解決に導くプロジェクトです。 紙でのやりとりが主流であった請求書の電子化を推進することで、経理の働き方改革を目指すとともに、森林保全やCO2削減など環境にも配慮した取り組みになっています。150社以上の賛同企業(2021年5月現在)とともに、企業のペーパーレス化を促進することで、明るい未来を創出します。

プロジェクト詳細へ
「日本の経理をもっと自由に」プロジェクト 「日本の経理をもっと自由に」プロジェクト

ROBOT PAYMENTの
社会貢献活動ROBOT PAYMENT CSR

ベストベンチャー100

「ベストベンチャー100」宗次賞受賞(2016年) 宗次賞とは、全国約7,000社の中から成長が期待されるベンチャー企業100社を選出する「ベストベンチャー100」の受賞企業の中から、 最も「社会貢献・地域貢献」性の高い企業に贈られる賞です。受賞企業は、「ベストベンチャー100」アドバイザーである株式会社壱番屋創業者特別顧問の宗次德二氏の審査によって選出されます。 ※「ベストベンチャー100 」(http://best100.v-tsushin.jp/prize.html)とは、ベンチャー業界誌『ベンチャー通信』を創刊するイシン株式会社が運営する、これから成長が期待されるベンチャー企業100 社を紹介するウェブメディアです。

オンライン募金・寄付決済への貢献

ROBOT PAYMENTでは、NPOなどの慈善活動を目的とした団体を支援しており、 募金・寄付金をオンラインで集めることができるシステムを特別価格で提供しています。

東日本大震災以降、インターネット決済による寄付金額とその需要は年々高まっており、政府推進の国民運動基金・NPOをはじめ500以上の団体で、弊社のソリューションが活用されています。

オンライン募金・寄付決済への貢献
利益の1%を社会に還元

寄付活動の取り組みの一環として、 2009年より経常利益の1%を貧困・障害者への支援団体へ、寄付させていただいております。

利益の1%を社会に還元 利益の1%を社会に還元