最新セミナー情報をメールでお知らせ | 株式会社ROBOT PAYMENT

コロナ禍を受けて、さらに注目を集めている企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)。しかし、「DXは大企業やIT企業に限った話」と諦めている方が多いのではないでしょうか。

・現場が手作業のルーティンワークに追われている
・働き方改革のあおりや採用難を受けて、時間と人手が足りない
実は、上記のような課題を抱えやすい中小企業こそ、DXに取り組むべきなのです。

今回は<DX入門>と題して、クラウドERPと請求管理クラウドを提供する2社が「中小企業でのDXの進め方」をテーマにトークセッションを行います。DXとは何か、何からどう始めるか、など基礎から解説していきます。

こんな方におすすめです

B2B(法人向け) 中小企業の
・経営者
・DX推進担当者
・経理担当者
・DXを何から始めていいか分からない方

開催詳細

    • 日程
    • 2020年 11月26日(木) 11:00~12:00
    • 参加費
    • 無料
    • 定員
    • 100名  ※1社複数名で参加の場合、各自お申込みください。
    • 会場
    • オンラインで実施
      Webセミナーツール「Zoom」を使用し実施します。

      お申し込み後、追って参加方法をご連絡します。

タイムスケジュール

    • 11:00~11:03
    • 開演
    • 11:03~11:35
    • トークセッション『中小企業こそDXを進めるべき?何からどう始めるか』
    • 11:35~11:45
    • 『「CAM MACS」のご紹介』
    • 11:45~11:55
    • 『「請求管理ロボ」のご紹介』
    • 12:00
    • 閉演

セミナー内容

    • トークセッション『中小企業こそDXを進めるべき?何からどう始めるか』
      [内容]
      1. なぜ今DXなのか
      2. 中小企業が目指すべきDXのゴールとは?
      3. DX、何から始める?
      4. 中小企業DX失敗あるある
      5. 本当に中小企業にERPは必要なのか?
    • 『「CAM MACS」のご紹介 』
      [登壇者]
      株式会社キャム 代表取締役社長 下川 良彦 氏
    • 『「請求管理ロボ」のご紹介 』
      [登壇者]
      株式会社ROBOT PAYMENT 藤田 豪人 氏
  • 登壇者

    • 下川 良彦 氏
      株式会社キャム 代表取締役社長


      前職の大手医薬品卸売会社にて経営管理体制整備の必要性を実感し、1996年に株式会社キャムを創業。経営管理の知識を強みに中堅から大手まで、あらゆる業種にシステムを導入してきた。2007年にはサービスを全面クラウド化へ。「経済を支える中小企業にこそERPを使ってほしい」という強い想いで、より安価で簡単に利用できるサービスを追求している。
    • 藤田 豪人 氏
      株式会社ROBOT PAYMENT 執行役員 フィナンシャルクラウド事業部長


      前職、株式会社カオナビでは執行役員コーポレート本部長事務責任者として2019年3月に東証マザーズ上場を果たす。2019年10月にROBOT PAYMENTに入社し、フィナンシャルクラウド事業部長を務める。2020年7月より、経理の不合理を解消したいという想いで「日本の経理をもっと自由に」プロジェクトを立ち上げる。

    ご参加のお申し込み

    イベント&セミナー