NEWSニュース

株式会社ROBOT PAYMENT(ロボットペイメント) > ニュース > 請求管理ロボ、ニューノーマル時代のバックオフィス改革を考えるイベント
「Less is More.」第 3 回に参加!

請求管理ロボ、ニューノーマル時代のバックオフィス改革を考えるイベント
「Less is More.」第 3 回に参加! 2020.11.10プレス

 請求・債権管理業務を「ラク」に「かしこく」、請求業務の自動化を実現するクラウドサービス『請求管理ロボ』を運営する株式会社ROBOT PAYMENT(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:清久 健也)は、11月17日(火)に、株式会社インフォマート が主催するニューノーマル時代のバックオフィス課題発見イベント「Less is More.」(第3回)に参加します。

第 3 回目のテーマは「請求書の未来」。「2020 年 10 月の電子帳簿保存法改正」「2023 年のインボイス制度開始」など変化の時期にある中で、電子請求書サービスを提供する1社として請求書の未来を語ります。 

「イベントの詳細・お申込みはこちらから 

■ 「Less is More.」とは?

新型コロナウイルス感染症を境に、働き方そのものの見直しが急速に進んできています。 テレワークへの対応も急務となり、テレワーク対応を目的としたサービスも次々と増えています。 何から手を付ければ良いかわからない…そのような中でまずは、企業活動において最低でも必要とされるクラウドサービスを知っていただくオンラインイベントです。 

■ 第 3 回目のテーマは「請求書の未来」

2020 年 10 月の電子帳簿保存法の改正。そして、2023 年のインボイス制度の開始。企業である以上必ず発生する「請求書」を取巻く環境は大きく変わりつつあります。これは、経理部門だけではなく、会社全体、取引先、公的機関も含めた大きな環境変化になります。 

また、今後必ず必要となると言われる電子請求書は、業務効率化の課題となっている「企業間の業務効率化」にも大きな役割を果たします。
そのような中、第 3 回となる「Less is More.」では、日本を代表する電子請求書サービスの企業が一堂に会します。請求書の未来。その情報を集める2020年最後の機会をお見逃しなく。 

■ 基調講演では国税局 OB・中小企業庁担当者をはじめ、個性豊かな有識者が登壇!

基調講演では、国税局 OB・袖山喜久造氏より「経理業務DXの課題と法令対応について」、中小企業庁担当者より「中小企業庁のDX」といったDX(デジタルトランスフォーメーション)にまつわるご講演をいただきます。
また、公益財団法人日本ラグビーフットボール協会 副会長・清宮 克幸氏、日本サウナ学会 代表 理事/慶應義塾大学 特任助教・加藤 容崇氏をお招きし、「マネジメント」や「with コロナの社会」についてご講演いただきます。 

経理に限らず、個性豊かな有識者をお迎えして、イベントを盛り上げていただきます。ご期待ください。 

■ プログラム

1. 基調講演(※講師名 50 音順)
・withコロナ時代にこそサウナ!?患者ゼロの社会を実現したい!
 加藤 容崇 氏(日本サウナ学会代表理事・慶應義塾大学特任助教・医師) 

・テレワークが進んでも失われない「組織の力」
 清宮 克幸 氏(日本ラグビーフットボール協会副会長) 

・経理業務DXの課題と法令対応について
 袖山 喜久造 氏(SKJ 総合税理士事務所所長・「改正電子帳簿保存法 完全ガイド」著者) 

・経済産業省が提供する事業者向けデジタルサービス
 吉田 泰己 氏(経済産業省 商務情報政策局 総務課 情報プロジェクト室長) 

・中小企業庁のDX
 中小企業庁 ご担当者様(登壇者調整中) 

※タイトル・講演内容は予告なく変更される場合があります。 

2.協賛企業講演(※50 音順)
・株式会社インフォマート(主催)
・コクヨ株式会社
・トレードシフトジャパン株式会社
・株式会社ラクス
・株式会社 ROBOT PAYMENT 

■ イベント概要

イベント名:Less is More.
開催日時 : 2020 年 11 月 17 日(火)10:00~17:30(予定)
参加費   :無料
実施方法 :Zoom での配信を予定しております。
URL    :詳細を見る
主催    :株式会社インフォマート 

<株式会社ROBOT PAYMENT 会社概要>

株式会社ROBOT PAYMENT
所在地:東京都渋谷区神宮前6-19-20 第15荒井ビル4F
設立:2000年10月
資本金:100,000,000円
代表:代表取締役 清久 健也
URL:https://www.robotpayment.co.jp/