NEWSニュース

株式会社ROBOT PAYMENT(ロボットペイメント) > ニュース > ROBOT PAYMENT、フィンテック普及を促進する「銀行共通API開発研究会」に発足メンバーとして参加
~フィンテックのさらなる発展に向け、インフラの整備・策定へ~

ROBOT PAYMENT、フィンテック普及を促進する「銀行共通API開発研究会」に発足メンバーとして参加
~フィンテックのさらなる発展に向け、インフラの整備・策定へ~ 2020.12.01プレス

 請求業務の自動化を実現するクラウドサービス『請求管理ロボ』を提供する株式会社ROBOT PAYMENT(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:清久 健也、以下ROBOT PAYMENT)は、2020年12月1日に発足した「銀行共通API開発研究会」(以下、本研究会)に参画します。 

本研究会は、発足時点でフィンテック関連の民間企業、団体など26社(団体)で構成され、銀行APIの標準化(銀行共通APIの策定)のための研究活動を行います。 

■ 銀行共通API策定の背景

銀行APIとは、預金者の口座を管理する金融機関のシステムと、フィンテック企業のシステムとの間をつなぐAPIです。近年、海外ではフィンテック企業と金融機関とのコラボレーションにより様々なサービスが提供されています。しかし日本では、各銀行ごとに異なる仕様の銀行APIが開発されており、フィンテック企業が個々の銀行とフィンテックサービスの開発と普及の妨げの一因となっています。また現在、契約が進んでいるのは「参照系(AISP)」と言われる口座情報取得サービスに限られており、更新系(PISP)と言われる預金振込などの口座情報取得サービスについてはまだ、ほとんど進んでいないのが現状です。 

そこでフィンテック企業、税理士団体などが集まり、銀行APIの標準化を目指すべく「銀行共通API開発研究会」を発足させることになりました。金融機関と本研究会が力を合わせることにより、フィンテックサービスの利用者の利便性を高め、効率的なサービスを提供することができると考えています。 

■ 本研究会発足時の参画は26企業・団体 (50音順)

株式会社アイパワー、アークテクト株式会社、エプソン販売株式会社、株式会社 カーム、CUOS株式会社、株式会社クラウドアシストサービス、クラウドインボイス株式会社、株式会社佐山経済研究所、株式会社シスプラ、株式会社スマイルワークス、辻・本郷税理士法人、株式会社タテムラ、株式会社TBSビジネス・ソリューション・テクノロジー、株式会社ティー・ワイ・ソリューションズ、日本情報開発株式会社、日本情報振興協同組合、日本ビズアップ株式会社、株式会社HAYAWAZA、ファーストアカウンティング株式会社、バンカーズ・ビジネス・ソリューションズ株式会社、一般社団法人フィンテックガーデン、フィンテックを考える税理士の会、株式会社フリーウェイジャパン、株式会社MAP経営、山中ソフトウェア製作所、株式会社ROBOT PAYMENT  

■ 「請求管理ロボ」と各金融機関の銀行API連携について

ROBOT PAYMENTが運営する「請求管理ロボ」について、銀行API連携により各金融機関の口座入金明細を自動取得する仕組みが存在します。しかし、対応金融機関は限定されており、信用金庫や地方銀行など、まだまだ網羅できてないのが実情です。
※銀行API連携に対応していない金融機関の口座については、全国銀行データ通信システム(全銀データ)を利用し、入金情報の連携が可能です。 

本研究会を通して、銀行共通APIが実現することで、金融機関の独自APIとそれぞれ連携する必要がなくなり、サービスの開発負担が大幅に減少します。また多くの金融機関に対応できることで、サービスの充実、顧客の利便性向上につながると期待しています。  

<株式会社ROBOT PAYMENT 会社概要>

株式会社ROBOT PAYMENT
所在地:東京都渋谷区神宮前6-19-20 第15荒井ビル4F
設立:2000年10月
資本金:100,000,000円
代表:代表取締役 清久 健也
URL:https://www.robotpayment.co.jp/