NEWSニュース

株式会社ROBOT PAYMENT(ロボットペイメント) > ニュース > 請求管理ロボ、「ITreview Grid Award 2021 Fall」の『請求書作成・見積書作成部門』において、『High Perfomer』を初受賞

請求管理ロボ、「ITreview Grid Award 2021 Fall」の『請求書作成・見積書作成部門』において、『High Perfomer』を初受賞

[「最大353件、2.1億円の未入金」企業からも高評価。経理の作業負担と代金未回収による経営不安を解消する請求業務DXツールとして高い満足度を獲得!] 2021.10.26プレス

毎月の請求業務の自動化を実現するクラウドサービス「請求管理ロボ」を提供する株式会社ROBOT PAYMENT(本社:東京都渋谷区、代表取締役:清久 健也、以下ROBOT PAYMENT)は、IT製品・SaaSレビューサイト「ITreview」(運営会社:アイティクラウド株式会社、本社:東京都港区、代表取締役社長:黒野源太)が実施する、顧客満足度と製品認知度の高い製品サービスを表彰する「ITreview Grid Award 2021 Fall」の『請求書作成・見積書作成部門』において、『請求管理ロボ」が「High Performer』に選ばれましたことをお知らせいたします。 

■ 「ITreview Grid Award 2021 Fall」受賞について

「ITreview Grid Award」とは、ビジネス向けのIT製品やクラウドサービスを対象とした国内最大級のレビュープラットフォーム「ITreview」(運営:アイティクラウド株式会社)で投稿されたレビューをもとに、四半期に一度ユーザーに支持された製品を表彰する場です。 

2021年10月に発表された「ITreview Grid Award 2021 Fall」において、ROBOT PAYMENTが提供する「請求管理ロボ」が『請求書作成・見積書作成部門』で『High Performer』に選出されました。
High Performerとは「ITreview」の定める基準において、ユーザーの口コミで顧客満足度が高いと判断された製品・サービスに送られる称号になります。 

URL:https://www.itreview.jp/award/2021_fall.html 

■ 『High Performer』獲得の背景

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、新しい働き方や生活様式に強い関心が集まるとともに、デジタル庁の創設など企業のDX推進意識は非常に高まっています。同時に、「請求書」の分野については、2023年のインボイス制度や電子インボイス(日本版Peppol)の導入に向け、変革の時を迎えています。 請求業務の効率化、請求書電子化のニーズが高まるなかで、ITreviewでは、実際にご導入いただいた企業様から、請求管理ロボについてリアルな評価を多くいただいています。 

<導入から3か月間の安心サポート>
・「導入時にはカスタマーサクセスの方が、運用開始するところまで支援していただいたので、安心しました」
・「導入後の要件定義がきめ細やかで、複雑な要件にもフロー等利用しある程度対応していただきました」 

請求管理ロボ導入時には、専任のサポート担当がつき、運用まで支援を行っております。ご利用企業様には、請求管理ロボを最大限に有効活用いただくことで、業務改善・人的リソースの最適化に貢献しており、また運用定着後においても、機能や運用面でのお困りごとをお気軽にお問い合わせいただける環境を整えています。こうしたユーザー様に寄り添った姿勢をとても多く評価いただきました。 

<請求書の電子・紙のマルチ対応で多様な働き方支援>
・「請求管理ロボの導入に伴い、自社のテレワーク移行を円滑に進めることができた」
・「紙の請求書を希望する取引先にも、対応できる請求システムなので大変便利です」
・「会社からでも自宅からでも、そして何通でも郵送ができるので、月初約1,000通の同時発送が実現できた。」 

新型コロナウイルスの感染に伴い、テレワークへ移行する企業が増加しました。紙の印刷、捺印・封入といった作業が不要な電子請求書がテレワークに必須ですが、取引先企業との調整も必要になるため、電子化への移行は簡単ではありません。
請求管理ロボでは、電子請求書の発行に対応するだけでなく、紙での郵送が必要な場合も、ワンクリックで代行処理することが可能です。将来的な電子請求書の移行を見据え、電子と紙を併用する企業様にとっても、請求書業務のコスト、場所不問による多様な働き方支援できるサービスとして評価されています。 

<自動消込機能により企業の債権管理を強化>
・「最大353件、2.1億円の未入金があった組織が変わった」
・「バーチャル口座やルールを適用した自動消込機能により手動で管理していた入金と請求の消込作業の負荷が大きく軽減」
・「リアルタイムな未入金回収のアクションが取れるようになり、回収効率も上がるました。」 

請求書は、取引先から入金いただくことを目的としたもので、発行することが目的ではありません。請求書の発行枚数と同数だけの入金をチェックする消込は、請求書発行と同様に経理担当者の大きな負担になっています。
請求管理ロボでは、自動消込により入金確認作業を大幅に削減し、さらに未収先の特定から催促へのアクションを迅速なものにします。入金消込の経理の負担と、売上未回収による経営不安の両方を解消するサービスとして、請求管理ロボは大きな評価をいただきました。 

上記以外にも、様々な業界・業種・規模の企業ユーザーの方から高評価の口コミをいただいています。「ITreview」に投稿された、「請求管理ロボ」のレビュー一覧は以下よりご覧ください。
URL:https://www.itreview.jp/products/seikyukanrirobo/reviews 

■ 請求管理ロボとは

「請求管理ロボ」は、今までエクセルと手作業で行っていた、請求・集金・消込・催促といった作業を全て自動化し、請求業務の大幅削減を実現するクラウドサービスです。 

請求書の自動発行や自動送付をはじめ、クレジットカード決済・口座振替・銀行振込といった多彩な決済手段を活用した代金回収を行うことが可能となっており、さらには発行した請求書と入金情報の照合である消込の自動化まで実現しています。また、未消込の請求に関しては、支払い期限経過後に自動で催促を行うことも可能です。 

特に継続請求(定期請求)との相性がよく、サブスクリプションモデルにおいて顧客数の増加によって陥りがちな、請求業務コストの肥大化を抑制することができます。またSFA/CRMや会計ソフトとのデータ連携も強みとしており、契約から会計までのお金にかかわる業務を一気通貫で扱うことができるのも特徴です。 

(クラウド版)https://www.robotpayment.co.jp/service/mikata/
(for Salesforce)https://www.robotpayment.co.jp/lan/keiri_main/appexchange/