NEWSニュース

株式会社ROBOT PAYMENT(ロボットペイメント) > ニュース > ROBOT PAYMENT、エプソン販売との販売パートナー契約を締結。エプソン販売が保有する顧客網を活用し、中小企業への「請求管理ロボ」販売を強化

ROBOT PAYMENT、エプソン販売との販売パートナー契約を締結。エプソン販売が保有する顧客網を活用し、中小企業への「請求管理ロボ」販売を強化

[「請求管理ロボ」と財務会計ソフト「財務顧問 R4/財務応援 R4」との機能連携も開始] 2021.11.18プレス

毎月の請求業務の自動化を実現するクラウドサービス「請求管理ロボ」を提供する株式会社ROBOT PAYMENT(本社:東京都渋谷区、代表取締役:清久 健也、以下ROBOT PAYMENT)は、エプソン販売株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴村 文徳、以下エプソン販売)との販売パートナー契約を締結いたしました。また「請求管理ロボ」とエプソン販売が提供する財務会計ソフト「財務顧問 R4/財務応援 R4」との機能連携にも対応いたしました。 

エプソン販売が、エプソン製品の国内向け販売会社としてオフィス向け情報関連機器を販売する中で保有する全国各地(9支店、12営業所)の強力な顧客網を活用し、また「請求管理ロボ」×「財務顧問 R4/財務応援 R4」を組み合わせたワンストップでの顧客提案を通して、中小企業におけるバックオフィスの業務改善・人的リソースの最適化に貢献してまいります。 

■ 2023年10月「インボイス制度」に合わせた「電子インボイス」の機運の高まりを全国に

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、テレワークが普及し、企業のDX推進意識は非常に高まっています。企業間取引における「請求書」の分野については、紙での業務運用が根強く残っていますが、2023年10月に施行予定の「インボイス制度」(適格請求書保存方式)に合わせて、日本版Peppolを基盤とした「電子インボイス」への機運が少しずつ高まっている状況です。
ROBOT PAYMENTでは、2023年に向けて、エプソン販売との販売パートナー契約を締結し、全国各地の中小企業に対して「請求管理ロボ」を通して、請求書の電子化や請求業務の効率化に貢献したいと考えています。 

また、エプソン販売では、中小企業の経営力強化を目的とした『コネクテッド・オフィス』化戦略を推進しており、業務アプリケーション「R4シリーズ」をコアとして、バックオフィ4つの領域(財務会計・税務申告・人事労務・総務管理)における自社サービスの拡充と、関連パートナーとの連携を強化しています。今回、財務会計(請求)という領域で「請求管理ロボ」と「財務顧問 R4/財務応援 R4」のシステム連携も実現しています。 

■「請求管理ロボ」×「財務顧問 R4/財務応援 R4」で請求業務を約80%削減

「請求管理ロボ」は、毎月の「請求書の発行・送付」から「代金回収」「入金管理・消込」「催促」の自動化により、請求業務を約80%削減するクラウドサービスです。特に継続請求との相性がよく、サブスクリプションモデルにおいて顧客数の増加によって陥りがちな、請求業務コストの肥大化を抑制することができます。 

また、この度サービスを開始する「請求管理ロボ」×「財務顧問 R4/財務応援 R4」のシステム連携は、「請求管理ロボ」の仕訳データを財務会計ソフト「財務顧問 R4/財務応援 R4」へ連携することで、入力業務の効率化とバックオフィス業務のデジタル化による働き方の多様性に貢献します。 

今まで発生していたコストの削減と電子化によるリモートワークを実現すると共に、またキャッシュフローの状況をリアルタイムに可視化し、迅速かつ正確な経営判断を支援いたします。なお、2023年10月に導入される「適格請求書等保存法式(インボイス制度)」にも対応を予定しています。 

▶「請求管理ロボ」×「財務顧問 R4/財務応援 R4」 サービスページ
https://www.epson.jp/products/ac/solution/seikyukanri/ 

▶請求管理ロボ サービスサイト
https://www.robotpayment.co.jp/service/mikata/
▶財務応援R4 サービスサイト
https://www.epson.jp/products/ac/zaimu_oen/ 

■ 提携先/会社概要

社名  :エプソン販売株式会社
所在地 :(本社)東京都新宿区新宿四丁目1番6号 JR新宿ミライナタワー29階
代表  :代表取締役社長 鈴村 文徳
資本金 :40億円
URL  :https://www.epson.jp/