銀行系ファクタリングとは? 特徴やメリット・デメリットなどについて詳しく紹介

後払い

Facebook にシェア
Pocket


会社の資金繰りを改善する手段の一つが「ファクタリング」と呼ばれる資金調達法です。ファクタリングにもさまざまな種類があり、特徴が異なります。その中でも、銀行が提供するファクタリングがあるのをご存じでしょうか。このコラムでは、銀行系ファクタリングの概要や種類、メリット・デメリット、提供している銀行などを網羅的にご紹介します。

銀行系ファクタリングとは?


銀行系ファクタリングとは、銀行とそのグループ会社が行っているファクタリングです。皆さんがご存じであろうメガバンクに限らず、地方にある銀行やグループ会社などが提供しているサービスです。特徴としては他のファクタリングよりも圧倒的に手数料が安く、会社の信用度が高いところです。ただし、審査基準が高く審査を通過するまでに時間を要するため、早期現金化を考えている場合はおすすめしません。

銀行系ファクタリングが取り扱うファクタリングの種類


銀行系ファクタリングの中にも、目的に応じて取り扱う種類が枝分かれしています。ここでは、銀行系ファクタリングが取り扱うファクタリングの種類を4つ紹介します。

買取ファクタリング

買取型ファクタリングでは、自社とファクタリング会社の間で契約する「2社間ファクタリング」と、売掛先も含めた間で契約する「3社間ファクタリング」という2つの契約方法があります。2社間ファクタリングでは、売掛先から自社に売掛金を支払ったのち、ファクタリング会社へと渡します。売掛先には債権譲渡の通知が行かないため、信用情報に影響を及ぼしません。ただし、その分手数料は割高になります。

3社間ファクタリングは、売掛先に債権譲渡の通知・理解を得てからファクタリング会社に債権を譲渡する仕組みです。売掛先の合意を得るまで資金調達ができないため、現金化に時間がかかってしまいます。また、売掛先に債権譲渡を知られるため自社の資金繰りに不信感を抱かせ、後の取引に影響を及ぼすリスクも少なくありません。その代わり、手数料は2社間ファクタリングよりも安く抑えられます。

保証ファクタリング

保証型ファクタリングとは、売掛債権が回収不能に陥るリスクを回避するために使われる手法です。売掛先の経営状態によっては、いつ何時破産・倒産するかもしれません。そうなると、売掛金の回収ができなくなり貸し倒れが発生するリスクがあります。

保証型ファクタリングでは、売掛先が何らかの理由で倒産した場合、売掛金の相当額を保証してくれます。特に、取引数1社に集中している企業におすすめです。手続きの流れとして、まず利用者が売掛債権の保証をファクタリング会社に依頼して、売掛先の信用調査を行います。信用調査の結果、保証の引受が可能と判断されれば保証限度額や保証料などの条件を利用者に伝えます。提示された条件に納得すれば、契約締結となり保証開始通知書に記載されている日付から保証が開始される仕組みです。

国際ファクタリング

国際ファクタリングとは、海外企業と貿易取引を行う国内輸出企業が輸入企業から確実に売掛金を回収するためファクタリングを利用するものです。これまで、輸出代金を回収する手段として、銀行の取引不能信用状や保証状の入手などを利用していました。しかし、海外企業の場合、与信調査や未払いのリスクなど不透明な部分も存在します。そこで、注目されているのが国際ファクタリングです。国内のファクタリング会社と保証契約を交わし、設定した信用限度額内で輸出の商品代金を保証します。利用者・売掛先・国内ファクタリング会社・売掛先国のファクタリング会社の4社間で取引する稀な契約方法になっています。

一括ファクタリング

一括ファクタリングとは、売掛債権を金融機関が一括で買い取り利用者の口座に代金を振り込むサービスです。基本的な仕組みは上述の買取ファクタリングと変わりませんが、使途や目的が異なります。買取ファクタリングの場合、利用者が主体で手続きを進めていきますが一括ファクタリングでは、売掛先が主体となるのでまず金融機関と売掛先が契約を交わさなければなりません。また、取り扱う金融機関もメガバンクといった大手銀行系のみのため、信頼性が高く安心して取引できる特徴があります。

銀行系ファクタリングを利用するメリット


まだファクタリングを利用したことがない方にとって、得られる恩恵がどのようなものなのか把握できていないでしょう。銀行系ファクタリングの利用では、他のファクタリングよりも優れている点がいくつもあります。ここでは、銀行系ファクタリングを利用するメリットについて紹介します。

大手銀行のため安心して利用できる

ファクタリングの中には、銀行系の他にノンバンク系と独立系があります。ノンバンク系は銀行以外の金融機関がサービスを提供するところで、独立系は銀行系・ノンバンク系いずれにも属さないファクタリング会社がサービスを提供しています。

ファクタリングは、比較的新しい資金調達の手段ということもあり、開業の許可なども必要ないほか、法整備が厳格ではありません。そのため、悪質業者が紛れ込んでいるケースも多く、利用時に注意する必要があります。一方、銀行系ファクタリングは、信頼度の高い銀行又はグループ会社がサービス提供をしているため安心して取引ができるでしょう。

ほかのファクタリングに比べて手数料が安い

サービスを提供している銀行本体は、顧客からの預金や銀行間取引などで余計なコストをかけることなく豊富な資金を集められます。その分、一般的なファクタリングに比べても手数料が割安になっています。一般的なファクタリングでかかる手数料の相場は5〜20%程度ですが、銀行系ファクタリングの場合では一般的に5%程度しかかかりません。

さまざまな種類のファクタリングを利用できる

一般的なファクタリング会社の場合、売掛債権を買い取る「買取ファクタリング」しか取り扱っていません。しかし、銀行系ファクタリングでは前章で挙げた種類も取り扱っているため、あらゆるニーズに対応できるでしょう。特に、海外企業との取引による売掛金回収を保証する「国際ファクタリング」は、大手銀行系のみが対応している特殊なサービスです。国外貿易取引を行う企業の方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。また、取り扱う売掛債権の種類も建築業界から医療業界など幅広く対応しています。ただし、銀行によって対応できる債権に違いがあるので事前に確認しておきましょう。

資金力があるため大口の債権にも対応できる

現在、日本国内にある企業の割合は中小企業が大多数を占めています。中小企業がファクタリングを利用する場合、短期的な資金調達を目的にしているので買い取る売掛債権も少額であるケースがほとんどです。しかし、大手企業が利用する場合、買い取る売掛債権額も高額なケースが多いため、規模の小さいファクタリング会社では売掛金を用意できず対応できないこともあるでしょう。

一方、豊富な資金力のある銀行系ファクタリングでは、数億円単位の大口債権でも対応できるため大手企業にとってはメリットと言えるでしょう。

銀行系ファクタリングを利用するデメリット


上述のようなメリットがある一方で、注意点やデメリットがあることも把握しておかなければなりません。思い付きで利用してしまうと、今後の取引に影響を及ぼす可能性もあります。ここでは、銀行系ファクタリングを利用するデメリットを紹介します。

審査の基準が厳しい

一般的なファクタリング会社は、初めての利用者でも売掛債権の内容と売掛先の信用度が基準を満たしていれば、利用できます。しかし、銀行系ファクタリングでは取引実績のある会社に対して継続的にサービスを提供することが前提なので、初回利用者は審査に落とされる可能性が高いでしょう。また、審査の対象が売掛先の信用度だけでなく利用者の信用度もチェックされるため、赤字経営・税金滞納な状態だと審査に落とされてしまいます。さらに、サービス提供の対象が主に大企業であるため中小企業の場合では、審査前に断られてしまうことも少なくありません。

審査かかる時間が長く、資金調達まで時間がかかる

企業に対して事業用資金を貸し出す融資と比べると、審査期間は短いと言えるでしょう。しかし、契約方法が原則、3社間ファクタリングになるため申し込み~入金までの期間は、最短で1週間程度、売掛先の信用調査等によっては2週間~3週間程度かかると言われています。そのため、早急に資金調達をしたいと考えている方は一般的なファクタリング会社を利用するのがおすすめです。

2社間ファクタリングに対応していない

上述したように、原則3社間ファクタリングにしか対応していません。ファクタリングの契約方法には、上記の他に利用者とファクタリング会社間で取引する2社間ファクタリングがあります。2社間ファクタリングでは、売掛先に売掛債権を売却したことを知られずに済むため、信用情報に影響を与えることはありません。しかし、3社間ファクタリングでは、売掛先に通知・承諾を得なければならないため、後の取引に影響を及ぼすリスクがあります。

銀行のデータにファクタリング利用情報が記録される

銀行系ファクタリング会社の母体は銀行です。そのため、銀行にもファクタリング利用の事実を知られてしまいます。契約したのがグループ会社の場合は、親会社である銀行に通知される仕組みです。長期に及び複数回利用していた場合、資金繰りが悪いと判断されかねません。その結果、銀行内の信用格付けにも影響し今後の取引に影響を及ぼす可能性があります。

小口債権には対応していない

前章で紹介した通り、豊富な資金力を誇る銀行がサービスを提供しているので、数億円単位など大口債権の買い取りを得意としています。その一方で、売掛債権が少額な取引は受け付けていないケースも少なくありません。特に、都市銀行やメガバンクほど上記のケースが顕著に表れています。少額での利用を考えている方は、一般のファクタリング会社を利用しましょう。

銀行系ファクタリングがおすすめのケース

大手企業や上場企業、大口債権を保有している企業には銀行系ファクタリングがおすすめです。また、早急な現金化を目的とするのではなく、安心した取引をしたい方に関しても同様です。他にも、売掛先に売掛債権の売却を通知・承諾を得ることに不都合がないケースや、圧倒的に手数料を抑えたい場合も利用するといいでしょう。さらに、買取ファクタリングだけではなく、国外取引の代金を保証する「国際ファクタリング」や売掛金回収が不可能になった際に保証する「保証ファクタリング」など特殊なサービスを利用したい場合もおすすめです。

銀行系ファクタリングがおすすめできないケース

売掛債権の額が100万円程度の小口債権である場合、そもそも対応しておらず審査前に取り合ってくれない可能性があるため、おすすめできません。また、契約方法が原則、3社間ファクタリングになるので売掛先に債権売却を知られてしまいます。売掛先に不信感を与えたくない場合は利用を控えましょう。審査に関しても、基準が厳しく利用者の信用状況もチェックされるので、赤字経営・税金滞納をしている状態の場合は、落とされてしまいます。さらに、審査期間もある程度かかるため早期現金化が必要な場合は不向きです。他にも、定期的な利用をすることで銀行の信用に影響を与えてしまうなども考えなければなりません。

ファクタリングを提供している代表的な銀行

ファクタリングを提供している代表的な銀行と対応している種類については以下の通りです。

買取 保証 国際 一括
三菱UFJファクター
みずほファクター
SMBCファイナンス
浜銀ファイナンス
北洋銀行
百十四銀行
山口銀行
足利銀行

資金繰りの改善は「1click後払い」がおすすめ!

資金繰りの改善には、資産の売却や借入など事業状況に合わせた対策を講じる必要があります。ただし、売上を上げて営業利益を確保することが大前提です。そのうえで、売上の早期現金化や買掛金支払いの先延ばし交渉なども行う必要があるでしょう。

手元に現金が準備できず支払い期限に間に合わないと悩んでいる方は、ROBOT PAYMENTが提供する「1click後払い」の導入をご検討ください。従来の口座振り込み払いの期限は30日間でしたが、「1click後払い」ではカード決済利用申請によって5日間の延長、そしてサービス利用可能日からさらに最大60日間の支払い先延ばしが可能です。そのため、支払いに追われることから解放されて資金繰りに関する悩みも解消されます。

必要なのはカードのみで、審査や担保も一切不要です。Web上で簡単に登録でき、即日利用可能なため早期の現金化が必要な方にも適しています。決済はオンラインで最短60秒の間に手続きを完了できます。手数料も諸経費込み一律3.8%とお得です。ファクタリングに関しては5〜15%かかりますが、それを踏まえてもメリットは大きいでしょう。

まとめ

銀行系ファクタリングは、一般的なファクタリングと比べて手数料が割安な点や取り扱う種類・売掛債権も豊富な点、大口債権も対応可能な点などあらゆるメリットがあります。しかし、その一方で早急な資金調達が難しいことや審査基準が厳しいところ、小口債権に対応していないなどのデメリットもあるので注意しましょう。

ROBOT PAYMENTの「1click後払い」では、最大60日間支払期限の延長で余裕を持った支払いができます。必要なものはカードだけで担保や審査も必要ありません。手数料も一律3.8%とお得で、資金繰りの改善に大いに役立ちます。資金繰りの改善には「1click後払い」の導入をぜひご検討ください。

監修
【監修】藤田 豪人 株式会社ROBOT PAYMENT 執行役員

2019年当社に入社、執行役員に就任。
当社に入社以前は株式会社カオナビにてコーポレート本部長、複数の情報IT企業にてCMOなどを歴任。
現在は、当社のフィナンシャルクラウド事業及びマーケティング全般を統括。