請求書作成の自動化は 請求管理ロボ

請求書作成サービス

請求管理ロボはオンライン上で請求書が自動作成できるサービスです。 管理画面の項目に沿って一度、情報登録をしていただくだけで、請求書がシステムから毎月出力されるようになります。

請求書作成(発行)とは

請求書を作成(発行)する目的は、債務者に対し、請求したという事実を書類として残すことを指します。 見積書などとは違い、企業間の取引では発行がほぼ必須となります。 請求書がなければ支払いができないという企業が多いため、請求書の発行漏れなど請求管理には注意が必要です。 漏れやミスをなくし、業務の効率化を推進する手段として、昨今では有料・無料を問わず多様な請求書自動作成サービスがありますので、比較検討してみる過程で要件を固めていくこともできます。

請求書作成(発行)における、さまざまな悩み

・請求書の発行枚数が多いので、手間が掛かる
・請求漏れや送付ミスがないか不安
・請求と債権管理が別々で管理が面倒
・月末月初がいつも忙しい
・営業や、他部署との確認に時間が掛かる
・請求形態が複数あり、作業が大変

請求書に記載すべき事項(書き方)

意外にも請求書を作成する際に法律で定められた書式は存在せず、記載すべき事項は明確に定められているわけではありません。 一部「請求元の名称」「請求先(取引先)の名称」「取引金額」などが消費税法上必須とされていますが実務では不十分しょう。 タテ型ヨコ型など形式も様々。 源泉徴収を除いた「振込金額」、請求の内容に関する「摘要」「品目」「商品名」「備考欄」など、取引先単位で書き方を工夫したり、メール送付・郵送など送付手段も見直していくことが求められます。

請求書作成を自動化する3つのStep

STEP01管理画面の項目に沿って請求先情報を入力

作成する請求書に記載される項目を請求管理ロボに記憶させていく作業です。 請求書を送付する相手方の部署部門名などの宛名、住所を登録します。 一度登録が完了したら次回以降に引き継いで利用することはもちろん、修正も可能です。 こちらの入力作業はcsvファイルの一括取り込みや販売管理システムからのデータ連携などで省力化することもできます。

STEP02請求スケジュール(周期)など詳細を設定

Step1と同様、請求書の作成や送信のタイミングを請求管理ロボに記憶させる作業です。 こちらも一度決めた請求スケジュールを次回以降に引き継ぐことができます。 実際の設定に関しては「請求書発行日」「請求書送付日」「決済期限」の各項目の右端に設置されているカレンダー機能から日付を選択していただけると自動で日付が入力されます。

STEP03設定日に応じて請求書が自動作成

Step2で設定した請求書発行日になれば請求書が自動的に作成されます。 自分でエクセルやワードで請求書を手作りすることなく、請求書(PDFデータ)をシステム上から確認・送付・ダウンロードすることができます。 その他にも請求書の作成後には請求書の送付、入金状況の確認と消込など様々な業務が残されています。 請求書作成に特化したサービスを利用するのか、これら複数の業務を一括管理したいのかといった用途に応じて請求書クラウドを選別しましょう。

請求書作成のメリット

請求書テンプレートで簡単作成

テンプレートを元にした請求書の作成から編集、ダウンロードまで、
従来の表計算ソフトに比べてスピーディかつ正確に請求書を作成できます。

各社の要望に柔軟に対応した請求書を作成

請求管理ロボに入力された内容を元に請求書が作成される機能です。 ロゴ、印影、レイアウトやテキストのフォント、配置など請求書の細かなカスタマイズによってご要望にあわせたデザインの請求書を作成します。 その他、請求書の複製や手動での発行、一度請求書を発行した後での編集を行うことができる上、発行前の請求書のプレビュー確認も可能なため、自動の請求書送付が心配な方でも安心してご利用いただけます。

請求書発行スケジュールも効率的に管理

定期的に請求を行う定期定額、定期従量の他、初期費用などの一度きりの請求を行う単発タイプにも対応。
毎回繰り返す請求書の作成が効率的になる仕組みが搭載されています。

継続課金(リカーリング)ビジネスの運用管理がシンプルに

顧客ごとに3つの請求タイプ(単発、定期定額、定期重量)を選択することで、請求書発行予定日をキーにお好みの周期に合わせて自動で請求書が出力されます。サービスの提供期間を設定すれば必要回数分だけ請求書の発行を繰り返すこともできます。(例:周期1ヶ月で繰返し回数12回にした場合、1年間となります)工数の削減のみならず、定期的に発行している請求書の発行漏れを予防することができます。

大量の請求書発行も平常対応でOK

請求書の一覧表示や一括入力など、エクセル管理では対応が難しくなる10,000件にも上るような
大量の顧客に対しても安定した請求書オペレーションの運用をサポートするための機能です。

大量の請求でも、顧客に変わらぬ安心感を

請求管理ロボは、発行した請求書を電子データで一覧保存することができるサービスです。請求書を送付した日付、取引先が請求書をダウンロードし、確認した日付はもちろん、その後の入金ステータスまで確認できます。その他、請求書の複製など企業間取引の細かなニーズに応えた機能を搭載しております。

請求管理機能一覧

請求管理ロボは、請求書の作成の他、決済や入金確認など請求管理を効率化する請求書クラウドシステムです。 これからの成長を目指す企業が生産性を保ち続けるために、事務作業に割いていた人的リソースを得業活動に投下できるよう、請求書にまつわるあらゆる作業をサポートしてまいります。

項目 内容
請求書の作成
  • 請求書の自動送付( メール or 郵送 )
  • 請求書のカスタム
  • 送付済み請求書の読了通知
継続的な請求
  • 定期定額
  • 定期変動
  • 不定期定額、不定期変動
決済管理
  • 同一画面による複数決済の統合管理
  • 決済失敗時オペレーション( 次回振替、決済切り替え )
消込
  • 自動消込
  • 手動消込
催促
  • 自動催促
  • 担当者へのタスク通知
売上・売掛金額管理
  • 売上と未収のダッシュボード表示
  • 帳票作成
資金繰り改善
  • 売上と未収のダッシュボード表示
  • ファイナンスオプション
連携
  • API連携(SFA,会計システム)
  • 一部連携機能
その他
  • 3パターンのデータ入力方法(API,CSV,手入力 )
  • 権限管理
  • 承認機能

料金プラン

  • 初期費用
  • +
  • 月額費用

本サービスは月額制のサービスです。請求件数などの条件によって変動しますので個別お見積となります。詳細をご希望の方はお見積フォームよりお問い合わせください。

請求管理効率化

国際基準のセキュリティ&万全の運用サポート

  • 国際基準のセキュリティ

    PCIDSS3.1:クレジットカード業界におけるグローバルセキュリティ基準に準拠したシステム、管理体制によって業務を運用しております。
    プライバシーマーク:プライバシーマークを取得し、個人情報の保護に努めております。

  • 万全の運用サポート

    お電話口、またはメールにてサポート担当スタッフが導入、運用までをサポート。ご不明な点などはお気軽にご質問ください。

請求書の基礎知識

  • 請求書の書き方

    「請求書と見積書の違い」「請求書の記入に必要なもの」「記入が必須/望ましい項目」など請求書の書き方について解説します。

    詳しくはこちら
  • 請求書の送り方

    「請求書送付前の確認事項」「請求書の送付方法」など。請求書送付の手順を解説します。

    詳しくはこちら
  • 請求書の再発行

    「再発行の日付」「支払期日を過ぎている場合の対応」など請求書の再発行時の注意点を解説します。

    詳しくはこちら

請求管理ロボのよくあるご質問 | FAQ

  • 請求書の自動作成はできますか?

    はい、可能です。請求情報登録時に指定した、請求書発行日のAM1時になると自動的に請求書が発行されます。

  • 請求書発行後の編集は可能ですか?

    請求書の状態(有効,無効)、通信欄、請求書送付予定日、請求書送付日、決済期限、消込ステータスは請求書発行後でも編集できます。 請求書一覧より対象の請求書番号を選択して編集が可能です。

  • 会計ソフトとの連携はできますか?

    はい、現在のところ以下の会計ソフトに対応しております。csvファイルをエクスポートすることで連携可能です。
    「PCA会計」「勘定奉行」「弥生会計」「MFクラウド会計」他
    ※記載の会計ソフト以外の連携も順次対応してまいります。お気軽にお問合せくださいませ。