コンビニ決済

コンビニ決済

安心便利なコンビニ決済

便利で安心なお客様から人気の高いコンビニでの収納代行。ROBOT PAYMENTのコンビニ決済をご導入いただくだけで、全国約37,000店のコンビニが24時間、365日お支払い窓口になります。

コンビニ決済には、2種類の方法があります。

払込票を発行する「払込票方式」

「払込票方式」は公共料金などでおなじみの払い込み票を使って支払いを行う方法です。 バーコードが印字された請求書による支払い方法で、一般的には、お客様に送る商品に同封します。 払込票に記載されているものは主に、払込用のバーコード・金額・支払期日などです。払込票を受け取ったお客様は、 それをコンビニエンスストアのレジに直接持参してお支払いを済ませ、お客様控えの領収証を受取ります。 払込票は公共料金の支払いで使われているものと同じ形式ということもあり、ネットショッピングの決済やコンビニ端末の操作に慣れていない方でも、幅広い年齢層の方に安心してご利用ししていただけることが特徴です。

払込票方式

払込票を発行しない「ペーパーレス方式」

「ペーパーレス方式」は、加盟店様からお客様へメールで専用番号を通知する方法です。 加盟店様のサイトから決済代行会社のシステムを通して、振込用番号がお客様に通知されます。 お客様はその番号を記録してコンビニエンスストア店頭に設置してある端末機械に払込用番号を入力し、発行された申込券をレジで提示して支払う方法です。 その後、決済代行会社は加盟店様に入金状況を通知し、規定の支払いサイクルで入金します。お客様が払込票を印刷するため、加盟店様は払込票の制作郵送の手間や払込票の管理が必要なく便利なのが特徴です。

ペーパーレス方式

コンビニ決済の流れ

コンビニ決済の流れを、「事業者」「エンドユーザー」「決済代行会社」の3つの立場で説明します。

エンドユーザー

エンドユーザーが事業者に商品を注文

事業者

事業者から決済代行会社に決済情報を送信

決済代行会社

決済代行会社から事業者とエンドユーザーへ振込用番号を通知

エンドユーザー

コンビニにてエンドユーザーが振込

事業者

事業者が振込確認後に商品発送

各コンビニの支払先窓口でのお支払い方法(ペーパーレス方式)

セブン・イレブン

セブン・イレブンのお支払い方法

  • セブンイレブン全店でお支払いいただけます。
  • お支払いには「インターネットショッピング払込票」または「払込票番号」(13桁)が必要となります。
デイリーヤマザキ・ヤマザキデイリーストアー

デイリーヤマザキ・ヤマザキデイリーストアーのお支払い方法

  • デイリーヤマザキ、ヤナザキデイリーストアー全店でお支払いいただけます。
  • お支払いには、「オンライン決済番号」が必要となります。
ローソン・ミニストップ

ローソン・ミニストップのお支払い方法

  • Loppi端末のあるコンビニ全店でお支払いいただけます。
  • お支払いにはLoppiッピ専用バーコードまたは受付番号・確認番号が必要になります。
セイコーマート

セイコーマート(クラブステーション)のお支払い方法

  • クラブステーションのあるセイコーマート全店でお支払いいただけます。
  • セイコーマートでお支払いただく場合には「お支払受付番号(econ受付番号)」とご注文時の「電話番号」が必要となります。
ファミリーマート

ファミリーマート(Famiポート)のお支払い方法

  • Famiポートのあるファミリーマート全店でお支払いいただけます。
  • ファミリーマートでお支払いただく場合には「企業コード」と「注文番号」が必要になります。
サークルK・サンクス

サークルK、サンクス(Kステーション))のお支払い方法

  • KステーションのあるサークルK、サンクス全店でお支払いいただけます。
  • お支払いには、「お支払受付番号(econ受付番号)」とご注文時の「電話番号」が必要となります。

コンビニ決済の導入の流れ

コンビニ決済を導入するにあたり、各コンビニ会社ごとに審査がございます。

お申込み

ご希望の用途など、お気軽にご相談くださいませ。

審査開始

各コンビニ会社で審査をします。(約3~4週間)

契約手続き

審査に通過したら、コンビニ決済のご契約をいたします。

導入・開始

システム接続テストの後、 サービスを開始いたします。

コンビニ決済導入のメリットとは

全国の店舗で24時間365日利用できる

コンビニ決済は気軽に利用しやすい決済手段のひとつであり、日本全国のコンビニが24時間365日支払い窓口になる、その利便性から人気の高い決済手段です。

支払い手段の選択肢が増える

クレジットカードをお持ちでない方や、クレジットカード決済を不安に思われる方に、代替の決済手段としてお勧めいたします。全ての年齢の方にお気軽ご利用いただけます。

コンビニ決済で煩雑だった入金確認も容易に

従来の銀行振込は過小入金・過剰入金などが発生するなど、入金確認作業に手間がかかっておりました。コンビニ決済導入すると、入金額の間違いが起こらず、誰がいつ入金したのかも管理画面で簡単に確認できます。

充実の決済手段で購買意欲の低下を防ぐ

インターネットショップを対象とした調査では、希望の決済手段がない場合、そのショップでの購入をやめるとの回答が過半数以上も占めました。 人気のコンビニ決済は今後も欠かせない収納手段のひとつです。

コンビニ決済の導入料金について

コンビニ決済導入および利用にかかる料金は初期費用(契約費用)、月額費用(サービス利用料)、決済手数料がございます。

コンビニ決済導入料金
初期費用 コンビニ決済を導入するための決済システム契約費用
月額費用 コンビニ決済システムを利用するためのサービス利用料
決済手数料 1件毎に発生するコンビニ決済のシステム処理に対する決済手数料

コンビニ決済の手数料について

コンビニ決済は、1回の支払いごとに収納代行会社への手数料が発生します。手数料は収納代行会社によって異なるので、しっかり事前に比較して導入することをお勧めします。この手数料は事業主(加盟店)側でどちらが支払うかを決めることができます。大抵の場合、事業主側で負担しますが、消費者に負担してもらうことも可能です。消費者が負担するケースでは、支払いの延滞が生じていることが多いようです。 コンビニ決済は24時間営業のコンビニであれば、いつでも都合のいい時間に支払いができる手軽さから人気が高く、主に利用する年齢層はクレジットカードを持っていない未成年者や学生、もしくはクレジットカードを作ることに不安を持つ女性が多くなっています。この層をターゲットとしている事業主は、手数料を負担してでもコンビニ決済を導入する価値はあります。また、事業主側で手数料を負担し、ターゲットに対して「手数料無料」とすることで他店と差別化を図り、メリットを打ち出すこともできるので上手くアピールしましょう。

ロボットペイメントのコンビニ決済の特徴

ROBOT PAYMENTのコンビニ決済の特徴は、全国各地の主要なコンビニエンスストアに対応しており、多くの事業者様にご採用いただいております。主要なところですと、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・デイリーヤマザキ・セイコーマートに対応しております。弊社でお申込みいただければ、上記のような全国各地の37,000店舗以上のコンビニエンスストアで24時間・365日コンビニ決済がご利用できるようになります。また弊社は顧客DB機能をはじめ、オプション機能を数多く取り揃えておりますので、コンビニ決済や、その他の決済手段などと掛け合わせて利用することで、事業者様側もエンドユーザーも利便性が大幅に高まります。エンドユーザー側は決済手段が多ければ多いほど、商品購入やサービス利用の障壁が下がる傾向にあるので、コンビニ決済はもとよりクレジットカード決済、口座振替なども同時に導入されるが良いでしょう。

お申込みはこちら

コンビニ決済の導入なら株式会社ROBOT PAYMENT!
創業15年以上の実績と他社にはない高機能なコンビニ決済システムで収納代行業務を効率的に実施可能。
毎月の請求業務が自動化し、経理の生産性向上を実現するコンビニ決済機能を提供しているのはROBOT PAYMENTだけ。

その他の決済手段をご希望の方は、こちらをご覧ください>

お電話でのお申込み

営業時間 9:00 ~ 18:00 (土日・祝日を除く)

プライバシーマーク
当社は、財団法人日本情報処理開発協会よりプライバシーマークの付与認定を受けています。
PCIDSS 3.1 (Payment Card Industry Security Standard)
クレジットカード業界におけるグローバルセキュリティ基準に準拠した、システム・管理体制によって 業務を運用しております。