請求書の電子化なら 請求管理ロボ へ

請求書の電子化でコストを「0」に

請求書の電子化によって、封書で請求書を送ることによって起きる、紛失や破損などのトラブルを防ぎ、
ファイリングの管理と発送にかかる封筒代や切手代のコストを抑えることができます。

請求書電子化とは

これまで紙を印刷して郵送していた請求書を電子化させることを指します。 携帯キャリアなどがいち早くWeb上で請求書を閲覧できる方法を取り入れ、e-文書法により請求書も電子での保存が可能になったことから一般にも広まり始めました。 これまでは請求書を印刷したものを封入し、それを郵送して取引先に届けていましたが、請求書を電子化した場合には、WEB上に公開した請求書をダウンロードできたり、メール添付などで届けることができます。

帳票/文書のPDFデータの保存方法

取引先との電子請求書のやり取りでは、簡単に書き換えができないよう、PDF形式の請求書を送付するのが一般的です。 e-文書法により請求書を含めた帳票の電子保存が可能になりましたが、電子化された請求書の保存には厳格な要件があるため、印刷して紙で保存したり、取引先によっては郵送での請求書送付を希望されるケースもあります。 電子/郵送の両方に対応できるよう仕組みを構築しておきましょう。

請求書電子化のメリット

紙、インク、郵送コストが「0」に

切手、封筒代は積みあがると意外と大きなコストになります。 請求書を電子化すればその分のコストを丸々カットすることができます。 保存スペースの確保や検索性にも優れています。

請求書を即時配信

取引先が求めるタイミングで請求書の即時配信が実現。 システムからの自動送信によって抜け漏れがないことも大きなメリットです。

会計ソフトへの転記作業を短縮

導入した請求書電子化システムと対応した会計ソフトを利用すれば、会計ソフトとのデータの連携が可能となり、二重管理や転記の手間がなくなります。

取引先毎に専用の請求書が作成可能

電子化サービスのシステムを利用すれば、自分でエクセルやワードで請求書を手作りすることなく、取引先別で個別の請求書フォーマットを作成することができます。

請求管理ロボでペーパレス化を推進

請求管理ロボを導入いただければ、クラウド上に電子化されたデータが保存され、インターネットに接続できる環境があれば請求書をどこでも作成して送付することができます。 また、請求管理ロボは一般的な帳票作成ソリューションとは異なり、契約後顧客の入金まで一気通貫で電子管理できる点を強みとしています。 経理担当者や営業担当者など複数領域にまたがる請求業務がまとめて楽になる請求書クラウドです。

請求書の発行業務も簡単に

CSVファイルや、導入している販売管理システム(SFA/CRM)から請求情報を「請求管理ロボ」に取込み、発行日時を予約するだけでOKです。 取引先企業に個別の請求書テンプレートも作成可能。請求管理ロボにはPDFの請求書データを一括でメール送信する機能も標準搭載しておりますので送付業務も短時間で済むようになります。

送付後の請求書もデジタルで簡単管理

請求書の受け取り側はメールから簡単にPDF形式の帳票をダウンロードすることができます。 受け取り側にログインなどの負担をかけることなく受取が完了します。 一方で、システムから発行済みの請求書や、取引先の開封状況なども一覧で確認することができるので、配信側の管理業務も効率化されるため、双方の経理担当に優しいソリューションであるとも言えます。

電子情報化で文書管理業務も効率化

請求管理ロボは、発行した請求書を電子データで一覧保存することができるサービスです。 請求書を送付した日付、取引先が請求書をダウンロードし、確認した日付はもちろん、その後の入金ステータスまで確認できます。 その他、請求書の複製など企業間取引の細かなニーズに応えた機能を搭載しております。

料金プラン

  • 初期費用
  • +
  • 月額費用

本サービスは月額制のサービスです。請求件数などの条件によって変動しますので個別お見積となります。詳細をご希望の方はお見積フォームよりお問い合わせください。

請求管理効率化

国際基準のセキュリティ&万全の運用サポート

  • 国際基準のセキュリティ

    PCIDSS3.1:クレジットカード業界におけるグローバルセキュリティ基準に準拠したシステム、管理体制によって業務を運用しております。
    プライバシーマーク:プライバシーマークを取得し、個人情報の保護に努めております。

  • 万全の運用サポート

    お電話口、またはメールにてサポート担当スタッフが導入、運用までをサポート。ご不明な点などはお気軽にご質問ください。