収納代行とはどんなサービス?決済代行との違いも解説! | 企業のお金とテクノロジーをつなぐメディア「Finance&Robotic」

収納代行とはどんなサービス?決済代行との違いも解説!

決済全般

Facebook にシェア
Pocket


ECサイトをはじめとした店舗では、さまざまな決済方法を用意しています。決済方法の1つとして選ばれることが多いのが「収納代行」です。「コンビニで決済する方法」と言い換えれば利用したことがある方も多いのではないでしょうか。

この記事では、収納代行の概要から導入するにあたってのメリット・デメリットを解説します。また、同じく決済方法のひとつである「決済代行」との違いもあわせて解説しますので、決済方法の多様化を検討している方はぜひご一読ください。

※目次※
1.収納代行とは
2.収納代行のメリット
3.収納代行のデメリット
4.決済代行とは
5.決済代行会社を選ぶポイント
6.決済代行サービスは「ROBOT PAYMENT」がおすすめ!
7.まとめ

収納代行とは


収納代行とは、全国のコンビニを通じて、手軽にECサイトの商品購入代金やサービスの利用料金を支払える決済方法です。クレジットカードやキャッシュレス決済が普及している現在でも利用頻度は高く、決済方法の選択肢を増やしたいという場合には候補の筆頭に上がる手段といえるでしょう。

仕組みとしては、まず商品やサービスを購入した消費者に払込票または支払いのための番号を発行します。コンビニの店頭や端末を利用して代金を支払うと、コンビニ側から収納代行会社へ通知されます。その後、収納代行会社から販売元の事業者に支払額が振り込まれるという流れです。消費者の支払いが行われてから事業者に振り込まれるまでは、およそ50~60日かかります。

収納代行のメリット


ここでは、収納代行サービスを利用するメリットを2つご紹介します。

クレジットカードを使用しない人の利用を促せる

消費者の中には、現金を直接介さないクレジットカードなどの決済手段を敬遠している方や、そもそもクレジットカードを持っていないという方もいるでしょう。この場合、現金払いでしか対応できないユーザーは、ECサイトで欲しいと思った商品を見つけても購入を諦めてしまうかもしれません。

しかし、収納代行サービスを導入していれば、さまざまな客層のニーズに対応することができ、結果的に購買層を増やすことができます。

ECサイト運営者の管理工数が削減できる

コンビニ払いを導入したい場合、直接コンビニと契約を結ぶこともできますが、複数のコンビニに対応させたいという場合は個別に契約する必要があります。また、各コンビニのシステムと連携するためのシステム開発費用の発生や、支払いのタイミングなどにばらつきが生じて管理に手間がかかるといったデメリットもあります。

そこで収納代行会社を介することで、一度の契約だけで複数のコンビニと契約が可能になります。さらに、収納代行会社はユーザーからの入金情報を一元管理できるため、ECサイト側も入金管理を削減化できるメリットがあります。

収納代行のデメリット


消費者にとっても販売者にとってもメリットが大きい収納代行サービスですが、一方でデメリットもあります。ここでは、収納代行のデメリットを2つご紹介します。

採算がとれない場合がある

支払い方法としてはポピュラーな収納代行サービスですが、そもそも購入者にサービスを利用してもらえなければ、運用に対しての利益が出ない可能性も考えられます。

導入する際は、自社のユーザーが収納代行サービスを利用する客層であるかどうか、また販売利益の規模を鑑みて導入する必要があります。

料金が回収できないリスクがある

収納代行には後払いという支払い方法があります。購入者のもとに到着した商品に払込票が同封されており、商品を確認したらコンビニで支払いを行うという仕組みです。この場合、商品を受け取っているにも関わらず支払いが行われなければ代金の回収ができません。

このようなトラブルを防止するために、収納代行会社によっては未回収となった場合の保証制度を設けている場合もあります。しかし、手数料がかかってしまうために運用コストはかさんでしまいます。

決済代行とは


決済代行も、収納代行と同じく決済に関する業務を代行するサービスです。どちらも販売元と決済会社を介し、システム導入の審査から契約の手続き、売上金の管理までを担っています。ここでは、どのような点が収納代行と異なっているのか詳しく解説します。

決済代行と収納代行の違い

まず大きく異なるポイントが、決済方法の種類です。一般的に収納代行サービスはコンビニ決済がメインであるのに対し、決済代行はクレジットカード決済・電子マネー決済・ATM決済・インターネットバンキング・携帯キャリア決済などのさまざまな決済方法に対応しています。

もう1つは、手数料の取り扱い方です。基本的に決済代行は事業者(販売元)側がサービス利用の手数料を負担します。一方、収納代行の場合は事業者側もしくは購入者側のどちらが手数料を負担するのか、導入する際に事業者側が選択することができます。

また、決済代行サービスはBtoCだけでなくBtoBの取引でも利用できます。BtoBの場合は、掛け払いや請求書払いの際に必要な与信調査・請求書発行から売掛金回収までの管理をまとめて代行してくれます。収納代行よりも幅広い業務範囲をカバーしてくれるため、BtoBにおける決済代行サービスは業務の効率化にも役立つサービスです。

決済代行サービスの仕組み

決済代行サービスは事業者と決済機関を仲介し、加盟店契約を結ぶことでさまざまな決済手段の管理をまとめて引き受けています。ここでは、クレジットカード決済を利用した場合の仕組みをみていきましょう。

まず、購入者がクレジットカードで商品やサービスを購入します。ECサイト事業者は決済代行会社を介して購入者の与信調査を行い、結果を受け取ります。与信の結果が問題なかった場合は、クレジットカード会社が購入者の指定口座から代金を引き落とし、決済代行会社へ入金します。後日、決済代行会社から手数料の引かれた金額が事業者のもとに振り込まれます。

決済代行サービスのメリット

決済代行サービスを導入した場合に得られる3つのメリットを詳しく解説します。

・複数の決済サービスの一括導入が可能
前述の通り、決済代行サービスを利用することでさまざまな決済方法を導入できます。本来であれば、異なる決済方法を導入する場合はそれぞれの決済機関との契約を行わなければなりません。しかし、1社の決済代行会社を介することで複数の決済方法をまとめて利用できるため、各決済機関と契約を結ぶよりも簡単な手続きで豊富な決済方法が導入できるのです。

・決済システム開発コストの削減
それぞれの決済機関は、独自の決済システムで運営しています。そのため、直接決済機関と契約をして入金管理をする場合、入金管理をするためのシステムを事業者側で構築する必要があります。システムを開発するには多額のコストがかかるうえに、セキュリティ対策を万全にしなければならないなどシステム構築には高度な知識も必要です。

しかし、決済代行会社を利用した場合はあらかじめ複数決済に対応したシステムが用意されているため、システム開発コストを捻出する必要がありません。

・経理業務の負担軽減
複数の決済方法を導入した場合、個別に契約を行うと入金サイクルやタイミングが異なるために管理や経理処理が煩雑になってしまいがちです。決済代行サービスを利用すると、入金サイクルを一括して管理できるうえに、未回収の場合の督促も代行してくれるため経理業務の負担が大幅に軽減されます。経理担当者はミスや回収漏れの許されない入金管理に追われる必要がなくなり、精神的なプレッシャーから解放されるとともに、コア業務に集中できる環境が手に入ります。

決済代行サービスのデメリット

決済代行には、代行を依頼するがゆえのデメリットも存在します。決済代行サービスを利用する際は、2つのデメリットを理解したうえで活用するようにしましょう。

・利用手数料がかかる
決済代行は仕組み上、必ず事業者側が手数料を支払うことと決められています。もしも購入者に利用手数料の金額を上乗せした場合は規約違反となりますので注意しましょう。

また、決済代行サービスを依頼した際には、初期費用・月額固定費がかかることもあります。初期費用はシステム導入のための設定・サポートなどの代金で、月額固定費には運用するためのシステム利用料などが含まれています。会社やプラン内容によってこれらの金額は異なりますので、運用するにあたって毎月どの程度のコストがかかるのか事前にシミュレーションをしておきましょう。

・情報漏洩のリスクがある
決済代行会社はクレジットカード番号など多くの個人情報を管理しているため、万が一のトラブルで情報漏洩の危険性がないとは言い切れません。しかし、事前に代行会社のセキュリティ対策がしっかりと行われているかどうか調査をしておくことでリスクを低減できます。

判断材料としては、「プライバシーマーク」やセキュリティ対策が万全である企業が認定を受ける「ISO27001(ISMS認証)」を取得していること、またはクレジットカードの取り扱いにおける国際基準「PCI DSS」に準拠していることなどが挙げられます。情報漏洩によって企業の信用を落とさないためにも、セキュリティ対策が万全な代行会社に依頼するようにしましょう。

決済代行サービスを選ぶポイント

実際に決済代行会社を選定する際は、以下でご紹介する3つのポイントを必ずチェックするようにしましょう。

・決済方法
最も大切なことは、導入を希望している決済方法に決済代行サービスがきちんと対応しているかどうかです。例えばクレジットカード決済の場合、決済方法自体は対応していたとしてもカード会社のブランドによっては対応不可ということも考えられます。複数の代行会社と契約するという選択肢もありますが、その分システム管理を一元化できるという恩恵が受けられなくなってしまうため注意が必要です。

・コスト
デメリットの項目でも解説しましたが、初期コストや月々の料金形態は決済代行サービスによってさまざまです。ECサイトを利用する場合は、システム運営費のほかにキャンセルや訂正が行われた際のデータ処理の手数料も発生します。導入時の費用はもちろん、継続的に利用していくにあたって必要な費用はあらかじめ試算しておきましょう。

・使いやすさ
管理システムの使い勝手も契約を行う前に確認しておきましょう。簡単でわかりやすい操作画面かどうか、システムの操作性にストレスがないか、決済処理をスムーズに行う機能が充実しているかなどを見極めます。

また、自社ですでに運用しているシステムとの連携可否や連携方法もチェックしておくと、新たにシステム構築したり、導入したりをする手間やコストが省けます。

決済代行サービスは「ROBOT PAYMENT」がおすすめ!


決済代行サービスによってセキュリティ対策に重きを置いていたり、決済手段の豊富さに強みを持っていたりと、各社の強みはさまざまです。理想の決済代行会社を選ぶには、各社のサービス内容をしっかりと吟味し、自社の運用状況と照らし合わせて選定しましょう。

「ROBOT PAYMENT」の決済代行サービスは、創業20年以上の実績とノウハウがあります。カタログ通販や各種ECサイトに加え、チケット販売やイベント開催・セミナー・サブスクリプションコマースなどさまざまな業種の決済代行をサポートし、10,000社以上の加盟店を支援した実績があります。

また、決済手段も豊富に取り揃えています。国際5大ブランドをはじめとしたクレジットカード決済はもちろん、コンビニ決済や口座振替・キャリア決済などさまざまな決済手段を用意し、今後もさらに対応手段を拡充する予定です。

加えて、元来事業者側の潜在的リスクとされていた、クレジットカード情報の非保持化などのセキュリティ強化にも力を入れています。セキュリティ対策が施されたタブレット端末の貸し出しサービスも行っており、導入費用を抑えたうえで業務フローを変えることなくスムーズにサービスを開始させることが可能です。

さらに、ROBOT PAYMENTでは企業間決済の代行サービスも提供しております。請求書の自動発行から売掛金の回収率の向上、業務フローの簡潔化やコストの削減など取引情報をまとめて管理いたします。取引先の入金ステータスを一元管理してブラックボックス化していた決済業務プロセスが明らかとなれば、最低限のヒューマンリソースで経理作業が完結します。

まとめ

現代のビジネスでは、決済手段の多様化が売上を左右する重要なものとなっています。自力で決済機関と直接契約を行うことは時間と労力が非常にかかりますが、決済代行サービスを利用することでさまざまな決済手段の導入から管理までを一括で行うことができます。

ROBOT PAYMENTでは、ECサイトのクレジットカード決済の導入から法人間決済の集金まで最適なサービスを提案し、導入までしっかりサポートさせていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

     
【監修】ROBOT PAYMENT フィナンシャルクラウド事業部

ROBOT PAYMENTは請求管理業務を効率化・自動化するクラウドサービス「請求管理ロボ」や
サブスクリプションサービスに特化した決済代行サービスを提供しています。
「お金をつなぐクラウドで世の中を笑顔に」というビジョンを下にお客様に満足を提供致します。