カード決済のタイミングはいつ?決済代行会社を選ぶポイントもご紹介

クレジットカード決済

Facebook にシェア
Pocket


ECサイトにおける決済のおよそ7割がカード決済と言われています。そのため、ユーザーがクレジットカードによる決済を望んでいるにもかかわらず、事業者側がカード決済に対応していないと機会損失となってしまいます。

事業者がカード決済を導入する際のハードルとされているのが、売上金の入金タイミングです。カード決済の入金タイミングによっては、キャッシュフローが悪化して事業を滞らせる恐れがあります。

そこで、売上金のスムーズな入金を実現するのに有効なのが決済代行会社の利用です。この記事では、カード決済の入金タイミングから、カード決済代行会社を選び際のポイントまでご紹介します。

※目次※
1.カード決済とは
2.カード決済の決済日と入金のタイミング
3.クレジットカード決済の流れ
4.決済代行会社に依頼するメリット
5.決済代行会社を選ぶポイント
6.ROBOTPAYMENTの決済代行サービスでさらに効率化しよう!
7.まとめ

カード決済とは


カード決済には客単価の向上やリピート率向上といったメリットがあり、今後もクレジットカード市場は成長を続けることが予想されています。ここからはカード決済の基礎知識をご紹介します。

クレジットカードの基礎知識

クレジットカードは、ユーザーが店舗やECサイトなどでカード決済を選択すると、代金がクレジットカード契約者であるユーザーの指定口座から後日引き落としが行われる仕組みです。

このように、ユーザーの手元に現金がない状態でも製品やサービスの売買が可能となる点がカード決済の最大の特徴です。

各国際ブランドの特徴

クレジットカードには「VISA」や「MasterCard」などの国際ブランドが付いています。カード決済を導入したい場合、事業者はどの国際ブランドを取り扱うかを決める必要があります。ここからは5大国際ブランドの特徴についてご紹介します。

・VISA
全世界13億人のカード会員を有する知名度No.1の国際ブランドです。VISAは使用できる国や加盟店の数が最も多い点が特徴です。

・MasterCard
世界No.2の知名度・発行数を誇る国際ブランドです。VISAと並び国際ブランドの代表格で、特にヨーロッパ圏で加盟店が多いという特徴があります。

・JCB
日本発の国際ブランドです。日本人観光客が多い国や地域でのサポートが充実している点が特徴です。

・American Express
ステータスが高い国際ブランドとして有名です。American Expressは「トラベル&エンターテイメントカード」とも呼ばれ、旅行先などでのサポートが充実した国際ブランドとしても有名です。

・Diners Club
American Express同様にハイステータス層向けの国際ブランドです。多目的型として世界で最初に登場した国際ブランドのクレジットカードです。

事業者側のメリット・デメリット

ここからは、事業者側のカード決済におけるメリット・デメリットについてご紹介します。

クレジットカードを利用するメリットは以下の3つあります。

・販売機会を拡大できる
日本国内におけるインターネット通販の決済手段としては、カード決済が最も多く選ばれているため、ユーザーの利便性を向上させて販売機会を拡大させる効果があります。

・単価向上が期待できる
現金決済と比較すると、手元に現金がなくても購入できるため客単価が向上しやすく、1つの注文における利益の貢献度が高くなります。

・機会損失を未然に防ぐ
クレジットカードは、一括払いや分割払いといったさまざまな支払い方法を提供しています。自身に合った支払方法を選択することで、ユーザーは製品やサービスを必要とするタイミングで購入可能となり、機会損失を防げます。

デメリットは以下の2つです。

・コストの負担が発生する
カード決済は、決済額に応じて決済手数料の負担が発生します。その他にも初期費用やデータ処理費用など、ランニングコストが必要です。

・決済から入金までタイムラグが生じる
カード決済から実際に入金が行われるまでには一定の期間を要します。したがって、売上の変動幅が大きかったり、事業規模が小さかったりする場合にはキャッシュフローが滞ってしまう可能性があります。

購入者側のメリット・デメリット

続いて購入者側のメリット・デメリットについてご紹介します。
購入者がクレジットカードを利用するメリットは以下の3つです。

・現金を必要としない
手元にまとまった現金がなくても後日決済されるため、製品やサービスを必要とするタイミングで購入できます。

・高額な製品やサービスを購入しやすい
高額な製品やサービスを導入する際にまとまった資金がなかったとしても、分割払いなどの支払い方法で購入することが可能です。

・ポイントが貯まる
カード決済は利用額に応じてポイントが加算され、特典と交換して利用することができます。豪華な特典と引き換えられるケースもあるため、利用するほどお得になるのもクレジットカードならではのメリットです。

デメリットは以下の3つです。

・使いすぎる恐れがある
現金がなくても決済ができるため、使いすぎてしまう恐れがあります。もしも支払日に指定口座の預金残高が不足していた場合は、遅延となり遅延損害金の支払いが必要となります。

・支払い方法によっては返済額が増える
分割払いやリボ払いは手数料が発生する支払い方法です。手数料を含めると返済額が大幅に増えることもあるため、計画的に利用する必要があります。

・個人情報が漏えいするリスクがある
オンラインで商取引をする以上は、個人情報が漏えいしてしまうリスクがつきまといます。カード番号が漏えいすると、不正利用に繋がる恐れがあるため注意が必要です。

カード決済の決済日と入金のタイミング


ここからは、決済処理と売上入金のタイミングについてご紹介します。

店頭やECサイトなどによる売上の場合

店頭やECサイトでユーザーが製品をカード決済で購入した時点では「仮売上処理」が行われ、商品を出荷した時に「実売上処理」が行われます。この場合における決済日は商品を実際に出荷して実売上処理を行ったタイミングです。

対して音楽や電子書籍といったデジタルコンテンツを提供しているケースは、購入完了と同時にサービスを提供するため、仮売上と実売上を同時に処理することとなります。つまりサービスの購入完了した日が決済日になるということです。

製品やサービスの売上代金が入金される日のことを「入金日」や「売上日」と言います。混同されることもありますが、カード決済日と売上日は異なります。売上が入金されるタイミングはクレジットカード会社よって異なりますが、毎月「10日」や「20日」の前後に設定されているのが一般的です。

後払いや予約販売による売上の場合

後払いの場合は製品が注文された時に仮売上処理が行われ、製品が出荷されユーザーが確認を行った後に支払いをすると実売上処理が行われて決済日が確定します。ユーザーは製品が届いた時点で決済処理となるため気軽に商品を購入できますが、事業者側には売上の計上が遅れるというデメリットがあるため導入には注意が必要です。

予約販売の製品をカード決済した場合は、予約手続き時に仮売上処理を行い、製品を出荷したタイミングで実売上処理を行い決済日とするのが一般的です。ただし、予約時と出荷時で実売上処理をしてしまうと、代金を二重請求してしまうトラブルに繋がってしまうため、予約販売を行う場合はカード決済の運用に注意しましょう。

クレジットカード決済の流れ


ここからは、カード決済を利用した際の製品やサービスと、その購入代金のやりとりの仕組みについてご紹介します。

カード会社と直接契約している場合

クレジットカード会社と直接契約しているケースにおける決済の流れは、以下のようになります。

1.購入者がカード決済で事業者から製品やサービスを購入する。
2.クレジットカード会社は購入代金の請求書を発行、購入者名義の口座から購入代金を引き落とす。
3.購入代金から決済手数料を差し引いた金額が、クレジットカード会社から事業者の口座に入金される。

しかし、クレジットカード会社は先に説明した5大国際ブランド以外にも数多く存在しており、各社と直接契約を結ぶことはさまざまなコストと手間を要するため効率的とは言えません。そのため、次にご紹介する決済代行会社を介して契約するのが効率的な方法です。

決済代行会社を利用している場合

複数あるクレジットカード会社を効率的に利用する手段が「決済代行会社」です。決済代行会社は、事業者と複数のクレジットカード会社の仲介役となり、煩雑な決済や売上の処理を一元化するサービスを提供しています。一般的には、以下のような流れで決済が行われます。

1.購入者がカード決済で製品やサービスを購入する。
2.事業者は代行会社経由でカード会社に与信を行う。
3.カード会社の与信結果が代行経由で事業者に通達される。
4.カード会社は請求書を発行、購入者の指定口座から代金を引き落とす。
5.代行会社は複数のカード会社から集計した売上から手数料を相殺した金額を事業者の口座に入金する。

決済代行会社に依頼するメリット


決済代行会社を利用することによって得られるメリットは2つあります。

導入の負担が軽減される

複数のカード会社に対応した決済システムを導入できるため、各社と個別に契約した場合に発生する手間やコストを削減できます。また、決済機関による審査は、決済代行会社を通した申請の方が比較的スムーズに通るという利点もあります。

管理にかかる労力を削減できる

カード会社と個別に契約した場合の入金タイミングは各社でバラバラですが、決済代行会社を利用した場合は売上金額をひとまとめにして入金タイミングを同じにすることが可能です。

さらに、各社の決済情報を一元管理するためのツールが用意されているケースが多く、経理担当者の業務効率を向上できます。

決済代行会社を選ぶポイント


ここからは、決済代行会社を選ぶ際に最低限抑えておきたいポイントを3点ご紹介します。

自社に合った決済手段が揃っているか

昨今は、カード決済以外にもQRコード決済や電子マネーなど、決済手段は多様化しています。したがって、ユーザーのニーズに応えるためにも、カード決済やコンビニ決済、銀行振込といった従来の決済方法に加えて種々の決済方法に対応しているか確認しておきましょう。

また、サブスクリプションサービスなどの継続課金が発生するビジネスモデルの場合は、継続課金処理ができるかどうかも重要なチェックポイントです。

入金時に差し引かれる費用はいくらか

決済代行会社を利用してカード決済を行う場合には「初期費用」「月ごとの固定費用」「決済手数料」「決済処理料」といったさまざまな費用が必要になります。

中でも導入するにあたって重要なポイントとなるのが決済手数料です。手数料は売上入金額から差し引かれるため、売上に大きな影響を与えます。代行決済会社を利用する際は、決済手数料率を比較し、サービス内容と総合的に判断して決めるようにしましょう。

セキュリティは万全か

カード決済を導入する際の最大の懸念材料が、情報漏えいや不正アクセスなどのセキュリティ問題です。実際にクレジットカードの個人情報漏えいは、多くがオンライン上で起きています。

そこで決済代行会社を選ぶ際は、国際セキュリティ基準「PCIDSS」を導入しているかチェックしたうえで、あらゆるリスクに備えたセキュリティ対策をしっかり行っている決済代行会社を選ぶようにしましょう。

ROBOTPAYMENTの決済代行サービスでさらに効率化しよう!


当社「ROBOT PAYMENT」が提供しているカード決済システムは、大手企業から中小企業、そして個人事業主の皆様まで12,000社以上の導入実績を誇り、「企業の売上向上」に貢献してきました。業界最安水準の決済手数料2.65%~は、創業20年以上にわたって信頼を築き上げてきたからこそ実現できる料金設定です。

そして、サブスクリプションビジネスが一般的となった現代において、あらゆる業種や業態のサービスに対応できるように毎月・毎週ごとの継続的な課金など、豊富な課金パターンを提供しております。クレジットカード決済のみならず、口座振替、コンビニ決済、キャリア決済にも対応し、法人間取引の決済にも対応可能です。

さらに、ROBOT PAYMENTは業界最高水準のセキュリティ対策を行っています。不正利用防止策としてセキュリティコード(CVV2/CVC2)と3Dセキュア(本人認証サービス)を採用し、個人情報漏えい対策には国際標準PCIDSS準拠のセキュリティで強固なセキュリティ環境を提供しています。

まとめ

複数のカード決済をひとまとめにして入金する決済代行会社の利用は、業務効率化が図れるだけでなく、キャッシュフローを明確にして健全な経営をサポートする効果もあります。

決済代行会社を選ぶ際は、利益に影響を与える手数料率が重要なポイントとなります。また、併せて自社の業種・業態にマッチした決済システムが用意されているかどうか、そしてセキュリティ対策がしっかりと整っているかも確認すべきポイントです。

決済代行会社の導入を検討している方は、ぜひROBOT PAYMENTの決済代行サービスの利用をご検討ください。

     
【監修】ROBOT PAYMENT フィナンシャルクラウド事業部

ROBOT PAYMENTは請求管理業務を効率化・自動化するクラウドサービス「請求管理ロボ」や
サブスクリプションサービスに特化した決済代行サービスを提供しています。
「お金をつなぐクラウドで世の中を笑顔に」というビジョンを下にお客様に満足を提供致します。