審査なしのファクタリングは可能? 審査の重要性や通りやすくするコツを紹介

後払い

Facebook にシェア
Pocket

時間と手間を省くために審査なしのファクタリング会社をお探しの方もいるでしょう。確かに審査がなければ書類の準備や手続きの手間も不要で、スムーズな資金調達が行えるようになり、メリットしかないように思えますが、実際にはファクタリング会社によって違いがあります。

本記事ではファクタリングの審査について解説します。本記事を読めばファクタリングにおける審査の重要性がわかり、審査を通りやすくするコツも覚えられます。ファクタリングの審査に良い印象がない方や審査に落ちやすい方はぜひご一読ください。

審査なしのファクタリングは可能?

結論から言うと、審査なしで利用できる健全なファクタリング会社はありません。ファクタリングでは、必ず利用会社と売掛先の信用力を前もって把握する必要があります。後者の信用力に応じて利用の可否が決まり、売掛先の信用力に問題がなければ利用会社が赤字であっても利用できるため、審査なしのファクタリングという言葉が一人歩きしたと考えられます。

審査の厳しさには差があるとしても、審査をしないファクタリング会社は存在しません。そのため、もし審査なしをうたっているファクタリング会社は悪徳業者であるおそれがあるため、注意しましょう。

ファクタリングに審査が欠かせない理由

ファクタリングの審査は健全な取引をするのに欠かせない要素です。
以下にファクタリングに審査が欠かせない理由を3つ解説します。

手数料を決められない

ファクタリングの利用会社はファクタリング会社に所定の手数料を支払う必要があります。

・売掛先の信用力が高い場合:手数料を安くしても買い取れる
・売掛先の信用力が低い場合:手数料を高くするかファクタリングを拒否する

手数料はファクタリング会社によって開きがありますが、基本的には上記の通り、取引のリスクの程度とリターン、信用力で決まります。手数料の目安は各社のホームページなどで公開されていますが、実際の具体的な手数料を決めるためには売掛先の信用力を確かめる審査が不可欠です。

詐欺かどうかの見極めができない

ファクタリング会社は売掛先から売掛金を回収できなければ損失を抱えることになるため、詐欺被害に遭うリスクを避ける必要があります。ファクタリングを利用した詐欺は以下の3種類です。

・架空債権:売掛先の存在しない売掛金が持ち込まれる
・二重譲渡:別のファクタリング会社に売却済みの売掛債権が持ち込まれる
・計画的倒産詐欺:売掛先と共謀しながら倒産を前提としたファクタリングを行う

ファクタリング会社はこのような詐欺被害に遭うリスクを回避するために、入出金明細や売買基本契約書などを確認して、利用会社が信用のおける団体であるかを審査しています。

売掛金を回収する目途が立たない

ファクタリング実行の可否は売掛先の信用力が大きく影響します。売掛先の経営状況が良くて支払い能力が高ければ売掛金を回収できて収益が確保できる確率が高く、ファクタリング会社の経営も安定します。逆に売掛先に支払いトラブルが多いと倒産のおそれがあり、売掛金が未回収になるリスクが伴うのです。

ファクタリング実行の可否は審査を経て決定されます。売買基本契約書や入出金明細を見て、経営状況に問題がないか、支払い遅れがないかなどを確認しているのです。ネガティブな情報がなく回収不能リスクは低いと判断できた時のみ、ファクタリング会社は審査を通しています。

審査なしのファクタリングを利用するリスク

健全なファクタリングには審査が付き物ですが、審査なしをうたうファクタリング会社が存在するのも事実です。ここでは、審査なしのファクタリングを利用するリスクについて解説します。

融資契約を結ばれる

審査なしのファクタリングでは売掛債権の譲渡契約ではなく融資契約を結ばれるリスクが高くなります。本来のファクタリングなら法的に債権譲渡契約にあたりますが、担保や保証人が要求されるようになると融資扱いになるのです。ファクタリングで融資契約を結ばせようとするのは闇金融業者の可能性が高くなります。

貸金業に登録していない業者が金銭を貸し付けるのは違法行為であり、闇金融業者が絡んでいる危険性が高いと言えるでしょう。このような悪徳業者と融資契約を結んでしまうと恫喝などによる取り立てが行われ、家族や取引先などの周囲にも迷惑をかけてしまいます。

償還請求権ありの契約を結ばれる

一般的なファクタリングでは償還請求権なしで契約しますが、審査なしのファクタリングでは償還請求権ありで契約を結ばれるリスクが高くなります。償還請求権とは債券が回収不能に陥った場合にファクタリング会社が利用会社に弁済を要求できる権利のことです。償還請求権ありの契約では未回収リスクは利用会社が負うことになり融資に相当します。

これは取引先が倒産したり支払いが滞ったりした場合は売掛金金額と高利の利息を請求されるリスクの高い契約です。ファクタリングの契約を結ぶ前に必ず償還請求権が付帯されていないことを確認しましょう。

法外な手数料を要求される

審査なしのファクタリングでは法外な手数料を要求される場合があります。悪徳業者といえども審査をしなければ債券の未回収リスクを負うことになるため、ハイリターンを確実に得られる額を手数料に設定しています。審査なしでは未回収リスクが高くなるため、このリスクを負う対価として手数料を高額にせざるをえないという事情もあります。

法外な手数料を支払ってしまうと本来受け取れるはずの金額よりも少ない現金しか入手できず経営状態がかえって悪化して本末転倒です。手数料が相場を明らかに超えている場合は悪徳業者の可能性が高いため利用は避けたほうがいいでしょう。

ファクタリングの審査で必要な書類

ファクタリング審査で必要とされる主な書類は以下の通りです。

・本人確認書類:個人事業主の場合は免許証やパスポートなど顔写真付きのものが必要
・登記簿謄本:法人の場合、会社の所在を証明するために必要
・印鑑証明書:登録した印鑑が本物であることを証明するために必要。
・取引履歴がわかる通帳:売掛先と過去取引があったことを証明、確認するために必要
・決算書:財務状況を把握するために必要
・売掛債権の存在を認識できるもの:請求書、発注書。納品書、契約書などに必要

上記はあくまでも一例で、ファクタリング会社によって必要書類が異なります。審査を受ける際は、事前に確認しておくと良いでしょう。

なぜファクタリングの審査が避けられるのか?

ファクタリングの審査にあまり良い印象を持っていない方も多いようです。
以下では、ファクタリングで審査が避けられる理由を紹介します。

審査を中々通過できない

審査を通過できなければ本来の目的である資金調達もかないません。ファクタリングの審査では売掛先と利用会社の信用力を総合的に判断していますが、通らない理由が不明のまま何度も申し込んでも審査に引っかかるだけです。

ファクタリングは銀行融資などと比べるとはるかに柔軟な対応をしてもらえるものの、中々審査に通らないと次第に審査なしのファクタリング会社を探すようになる方もいます。審査なしのファクタリング会社を利用すれば煩わされることも少なくなり、資金調達もスムーズに行えると考えたくなるのが利用側の心理なのです。

手続きが煩わしい

先にも触れたようにファクタリングの審査には多くの書類の提出が必要です。売掛債権の出し手である売掛先と自社の情報を整理するには、ある程度の時間と手間が必要になります。審査が厳しいファクタリング会社ほど売掛先の資金繰り状況、財務状況、経営状態を精査して審査するため必然的に必要な書類が増えます。

売掛債権の発生根拠となった取引に遡ったり信用情報の確認で面談を行ったりする場合には、他の業務に支障が出ることもあるでしょう。審査の手続きを負担に感じていれば審査なしのファクタリングの方が魅力的に映ってしまうこともありえるでしょう。

早期の現金化が難しい

ファクタリングを利用する会社の多くは現金をいち早く調達したいというのが主たる目的です。審査のためにはファクタリング会社から求められた必要書類の準備も必要になり、申し込み後も審査結果が出るまでは現金化できません。提出した書類の中に疑わしいものがあれば再提出を求められてさらに時間がかかることもあり得るでしょう。

ファクタリングは他の資金調達方法よりも現金化しやすい手段とはいえ、資金繰りに困っている会社では一刻を争うケースもあります。現金を早く入手したいと考えている方にとっては、審査に費やす時間を足かせと感じている場合が多いようです。

ファクタリングの審査に落ちる原因と対策

ファクタリングの審査に落ちるのには必ず原因があります。ここでは、ファクタリングの審査に落ちる原因と対策を解説します。

売掛先の信用力に問題がある

まず売掛先の信用力に問題があれば審査に通ることはありません。売掛先の信用力に問題があるケースは以下の通りです。

・売掛先の経営状態が悪く売掛金回収不能になる可能性がある
・売掛先との取引実績が少なく信用力を判断できるだけの十分な情報がない
・売掛先が架空取引を行っている疑いがある
・売掛先がフリーランスまたは個人事業主で未回収リスクが高い

ファクタリング会社が最も気にするのは売掛金を期日までに無事回収できるかということです。審査を通過するためにはなるべく取引実績が多く、信用度の高い債権を売却するように心掛けることが必要です。

不健全な債権が含まれている

売掛債権の健全さに問題があってファクタリングの審査に通過できない場合もあります。実存性が疑われる売掛債権や未回収リスクの高い売掛債権では基本的に審査に通りません。また利用会社の業容と比較して明らかに利用金額が大き過ぎると架空の売掛金や不良債権が含まれている可能性があるとして審査に通らないでしょう。

他にもすでに財産的な価値を失っている不良債権も買取対象としては見なしてもらえないでしょう。利用会社の信用力に問題がない場合は、売掛債権が健全なのかを確かめて不良債権ではない証明になる書類を用意するなどの対策を講じる必要があります。

売掛金が買取限度を超えている

ファクタリング会社によっては売掛金の買い取り可能額の上限と下限を決めている場合があります。例えば1億円以上の大口利用を受け付けている所もあれば、500万円以下の小口利用に限定している所もあります。売掛金がファクタリング会社の設定している買取限度額を超えてしまっていれば、どれだけ優良な債権であっても審査を通過するのは不可能です。

ファクタリング会社を選ぶ際は自社が保有する売掛債権の金額に対応している会社を探したうえで買い取り金額の基準を満たす適切な額の売掛債権を選ぶことが必要です。

利用者側の信用が低い

ファクタリングでは通常売掛先の信用力が重視されますが、利用者側の信用が低いため審査に落ちるケースもあります。利用者の身元や人柄、モラルに問題があれば買取を拒否されてしまうでしょう。特に2社間ファクタリングでは回収した売掛金は利用会社を通じてファクタリング会社へ送金されるため利用会社の信用は大切です。

例えば利用会社が回収した売掛金をファクタリング会社へ送金せず、資金繰りに流用するかもしれないと見られると審査には通りません。他にもファクタリング会社との相性が悪くて信頼感が持てないなどの理由でも審査は通りづらくなります。

ファクタリング審査の負担を減らすコツ

審査を受けるのであればできるだけ負担を軽くしたいと考えるのは至って自然な流れです。以下では、ファクタリング審査の負担を減らすコツについて解説します。

過去に利用経験のある先を使う

過去に利用経験のあるファクタリング会社の審査に出してみるのも有効です。ファクタリング会社は、自社のサービスを初めて利用する会社から売掛債権を買い取るのは信用情報が少なく、リスクが高いといえるでしょう。

一方、審査を通過した経験のある会社なら信頼関係もある程度構築できており、利用目的が資金調達であると伝わっていれば審査もスムーズに進みます。また、売掛先が同じであればさらに審査の通過率も高まるため、特に問題が無ければ同じファクタリング会社を繰り返し利用することをおすすめします。

必要な書類の少ない業者を選ぶ

前にも触れたように、ファクタリングを利用するためには請求書や登記簿謄本、身分証明書など多くの書類を必要とするケースが多々あります。ファクタリングの審査のために多くの書類を準備することに負担を感じているなら、なるべく書類の少ない業者を選ぶといいでしょう。ファクタリング会社によって必要な書類は異なり、個人と法人でも異なります。

ファクタリングの審査で10種類以上の書類を必須とする会社もあれば、2〜3種類の資料でも問題ない会社もあるのです。必要書類が少なければ、準備の時間や手間も少なくなり、現金化までの時間短縮にもつながります。

オンライン審査を利用する

ファクタリングの審査の負担を軽くするために、オンライン審査を利用する方法もあります。通常の審査は人の手を介するため時間もかかりますが、AIを活用したオンライン審査なら必要最低限の資料で素早くかつ正確な審査が受けられます。

全ての審査がオンラインで完結するため、ファクタリング会社に出向いたり利用会社から訪問してもらったりする手間もありません。オンライン審査であれば第三者にファクタリングの利用を知られるおそれもなく秘匿性の高い審査が可能です。とにかく忙しくて早急に資金調達したい、人手を介するのは煩わしいと感じている方に向いています。

ファクタリングの審査も気にせず済む1click後払いとは?

資金調達に苦慮している方の中には、審査なしのファクタリングで素早く現金化したいと思う方もいるでしょう。しかしながら審査なしをうたうファクタリングは違法性が高いため、ファクタリングにこだわるのであれば審査は避けられません。

ファクタリングの審査を気にせず資金調達をしたい方には、ROBOT PAYMENTが提供する1click後払いがおすすめです。クレジットカードの与信枠を利用して支払いを最大60日間延長できるため、手間なく安全に資金繰りの改善が可能です。貴社名義で取引先に代金を振り込むため取引先に利用を知られる心配もありません。

まとめ

健全なファクタリング会社であれば詐欺でないか確認したり手数料を決めたりする目的で事前に審査を行っています。審査なしをうたっている会社は悪徳業者の可能性があるため避けたほうが賢明です。ファクタリングの審査に落ちやすい方は原因と対策を理解すれば審査の通過率も高まります。

資金調達の手段はファクタリングしかないわけではありません。1click後払いなら銀行振り込みの請求書払いをお手元のクレジットカードで決済して支払日を30〜60日間遅らせることができます。ファクタリングや銀行融資よりも安全かつ手軽に資金繰りの改善が行える方法としてぜひご利用をご一考ください。

監修
【監修】藤田 豪人 株式会社ROBOT PAYMENT 執行役員

2019年当社に入社、執行役員に就任。
当社に入社以前は株式会社カオナビにてコーポレート本部長、複数の情報IT企業にてCMOなどを歴任。
現在は、当社のフィナンシャルクラウド事業及びマーケティング全般を統括。