口座振替を代行サービスに依頼する際の手数料は?比較のポイントも解説

口座振替

Facebook にシェア
Pocket

公共料金や継続サービスの料金を支払う決済方法の1つとして、口座振替があります。口座振替は、クレジットカード決済に次ぐ主な決済方法として認知されており、多くの企業で導入されています。導入には、銀行との契約か決済代行サービスに依頼を行う必要がありますが、決済代行サービスに依頼する際は、手数料が発生することをご存じでしょうか。

今回の記事では、口座振替を決済代行サービスに依頼した際に発生する手数料と比較の目安についてご紹介します。また、決済代行サービスを選ぶ際のポイントについても解説しているので、最後までご一読ください。

※目次※
1.口座振替とは
2.決済代行サービスに依頼する際の手数料と比較の目安
3.口座振替の導入事例
4.口座振替導入のメリット
5.口座振替委託先選定時の比較ポイント
6.口座振替を導入するならROBOT PAYMENTが便利!
7.まとめ

口座振替とは


口座振替とは、消費者の金融口座から自動的に代金を引き落とす集金方法の1つで、公共料金や通信料、授業料などの継続的な代金回収に利用されています。口座振替には、消費者側の入金の手間が省ける、企業側に集金回収の負担を軽減できるなどのメリットがあります。

以下では、口座振替を導入するのに最適な業種や導入方法について詳しくご紹介します。

口座振替に向いている業種

口座振替は、特にECサイトや教育関連、介護関連サービス、不動産賃貸業などが利用に向いている業種といえるでしょう。

・ECサイト
ECサイトでは、複数の決済方法を用意するのが一般的です。特に幅広い年代をターゲットにした商品を取り扱う際は、クレジットカードを持たない方や年配の方の購入を促すために、口座振替を用意しておくのがおすすめです。

・教育関連
月謝を生徒が持参して支払う場合は、現金の紛失や盗難、受付での受け取り業務などが発生します。特に子どもを対象とした学習塾ではトラブルに発展する可能性が高く、現金の取り扱いが難しいため、口座振替を導入して保護者の口座から月謝を回収するのがおすすめです。

・介護関連サービス
介護関連サービスでは、大半が高齢の利用者です。そのため、ネットの使い方が分からない場合や入金するために外出が難しい場合が考えられます。そこで、入金の負担が少ない口座振替であれば、毎月スムーズに入金手続きが完了します。

・不動産賃貸業
不動産賃貸業では、多くの賃貸物件を管理しているため、入金の消込業務に加えて家賃の未回収が発生してしまうと、入金管理に加えて督促業務が発生し、業務が煩雑になってしまいます。しかし、口座振替を導入すれば、自動的に家賃を回収できるため入金管理が容易になり、督促業務も必要最小限の件数に抑えることができるでしょう。

口座振替の導入方法

口座振替は、銀行との直接契約か決済代行サービスに依頼して利用を開始します。また、銀行と直接契約の場合は、口座振替依頼書での申し込みかWeb口座振替受付での申し込みの2種類があります。

・口座振替依頼書での申し込み
口座振替依頼書での申し込みでは、まずサービス提供企業から消費者へ書類を渡します。消費者は、口座情報などの必要情報を記載して銀行の届出印を捺印します。口座振替依頼書の記入が完了したら企業側が一度回収し、各金融機関へ提出して手続きは完了です。口座振替依頼書に不備がない場合はすぐに登録が完了しますが、不備が見つかった場合は1ヶ月~2ヶ月程度の期間を要します。

・Web口座受付での申し込み
Web口座受付での申し込みでは、口座振替依頼書とは異なり、書類に記入や捺印が必要なく、インターネット上で申し込み手続きが完結できます。また、書類の修正作業もないため、口座振替が利用できるまで1日~3日程度と短期間で導入できます。ただし、個人名義の口座しか対応していない金融機関が多く、法人名義や事業用の口座で申し込みできる金融機関は限られています。

・決済代行サービスに依頼する
決済代行サービスとは、様々な決済手段を導入したい企業と各決済機関を仲介し、一括契約や管理システムの提供を行う会社です。決済代行サービスでは、多くの決済機関と提携を結んでいるため、決済代行サービスとの一度の契約だけで提携関係のあるすべての決済機関を利用できます。
また、決済機関との契約に必要な情報収集などの作業をすべて決済代行サービスが代行してくれるので、本来の業務に専念できるメリットがあります。

決済代行サービスに依頼する際の手数料と比較の目安


決済代行サービスに依頼する際は、手数料が発生します。以下では、主な手数料の内訳や比較の目安についてご紹介します。

必要な手数料

決済代行サービスに依頼する際に発生する主な手数料には、初期費用や基本手数料、取扱手数料、口座振替届出書、振込手数料、緊急停止処理手数料があります。

・初期費用
初期費用は、サービス契約時に必要となる手数料です。ただし、多くの決済代行サービスでは、初期費用はかかりません。

・基本手数料
基本手数料は、決済代行サービスによって扱いが異なり、毎月発生する場合や請求した月のみ発生する場合があります。初期費用がかかる場合は、基本手数料が安く抑えられているケースもあります。

・取扱手数料
取扱手数料は、消費者に請求するたびに発生する手数料です。取扱手数料の料金は、1件に対して課される場合と決済金額に応じた割合で決まる場合があります。

・口座振替届出書
口座振替届出書とは、消費者が口座振替を行う口座を銀行に届け出るための帳簿のことです。口座振替届出書は、決済代行サービスと金融機関で用意します。無料の場合もありますが、金銭に関わる大切な書類なので、有料での提供となる場合もあります。

・緊急停止処理手数料
緊急停止処理手数料とは、何らかの理由で金融機関へ集金データを送信後に引き落とし作業を停止する必要がある場合に、金融機関に緊急停止措置を依頼した際の手数料です。

手数料以外に比較すべきポイント

手数料以外で決済代行サービスを比較する点としては、運用や使い勝手が判断材料となるでしょう。決済代行サービスでは、毎月の引き落としの際に請求データを取り込まなければならない場合があります。そのため、初回の請求時に登録した請求データを基に、翌月以降から自動的に引き落としできるサービスを提供しているものを選ぶのがおすすめです。

口座振替の導入事例


口座振替を導入した際は、どのような効果が期待できるのでしょうか。以下では、実際に口座振替を導入して成功した企業の事例を3つご紹介します。

防犯対策と顧客満足度向上を両立した事例

ヨガスタジオを経営するA社では、利用代金の回収方法にチケット制を採用していました。しかし、多くの利用者の方からの回数を気にせず利用したいという声を受け、毎月定額制の決済手段の導入を検討しはじめました。

クレジットカードを持っていない利用者もいたため、より多くの方が利用できる口座振替の導入を選択します。口座振替を導入した結果、毎月利用者の口座から引き落としして10日程度でA社の口座に送金されるというルーティンが構築されたおかげで、経理処理がとても容易になりました。また、消費者側も通帳欄にA社の名称で印字されるので、決済内容が一目瞭然だと好評のようです。

利用者の負担軽減に成功した事例

B社では、団体旅行の一括見積サイトを新事業として立ち上げました。新事業の集金方法として、別事業で採用している請求書を発行して振込依頼する手段を検討したものの、入金管理が煩雑になりやすいという課題がありました。

口座振替を導入したことで、利用者と 担当者双方に負担を掛けることなく、継続的に課金できる仕組みが構築でき、事務量の削減に繋がっています。

家賃滞納者を減らして督促業務の負担を軽減できた事例

不動産業やマンション管理組合を行うC社では、家賃の集金方法に現金集金と銀行振込を採用していました。しかし、家賃の振り込み期日を守らない方への督促事務の手間や領収書の準備、入金管理に時間が掛かるなどの課題を抱えていました。そこで、効率的に家賃を回収するために口座振替を導入することを決意します。

口座振替の導入後は、現金を使わなくなったおかげで領収書や釣銭の準備が不要となり、マンションのオーナーに一括で回収金を渡すことが可能になりました。また、家賃未払い者の特定も瞬時に行えるため、スムーズな家賃管理を実現しています。

口座振替導入のメリット


口座振替を導入することのメリットは様々です。ここでは、事業者側と消費者側に分けてご紹介します。

1.事業者側のメリット

・サービス利用継続率があがる
お客様が特に意識することなく、継続的に支払いを行うことが可能です。毎月サービスに対して支払っているということを意識させることがなく回収可能なため、解約の減少に繋がります。

・代金未払いのリスクの減少
お客様の口座から自動で引き落とすため、サービス代金の回収が遅延なく確実に行えます。 「今月の代金が未払いなので支払ってください」というような督促の手間も減りますね。

・他の決済手段に比べて手数料コストが安い
口座振替は銀行振込やクレジットカード決済などと違い、手数料が比較的安価です。特に件数が増えてくると手数料は抑えたいものです。件数が多く、継続的な回収ということになると、口座振替を利用することでコストカットになります。

2.消費者側のメリット

・支払いのための手間がかからない
請求書による振込などと比べ、支払いのために銀行やコンビニなどへ出向く手間がかかりません。一度登録してしまえば毎月自動で引き落としができるので、仕事や家事、育児などで振込の時間が惜しい忙しい方にも人気です。

・支払い忘れ・間違いなどの心配がない
指定口座から自動で引き落とされるため、毎月の支払い期日を意識しなくても、支払い忘れや遅延などの心配がありません。また、支払先や支払い金額の間違いなどが起こることもありません。

・クレジットカードを使う必要がない
継続課金といったらクレジットカード払いだ、と思われる方も多いかと思いますが、消費者の中にはオンラインでの使用に抵抗がある方や、そもそもクレ時とカードを持っていない方もいます。口座振替はそういった方たちにも安心して利用していただくことができます。

口座振替委託先選定時の比較ポイント

このように様々なメリットがある口座振替ですが、その分、口座振替を提供する代行会社も数多くあります。この章では、代行会社選定時に確認するポイントをまとめていきます。

・他決済手段との一元管理が可能か。
口座振替だけでなく、銀行振込、クレジットカード決済なども併用する場合、 自動で集計し一元管理が可能か確認することをおすすめします。管理画面が別々であると入金情報が散在してしまい、管理が煩雑になります。 また提供できる決済手段は、口座振替のみの場合もあります。今後のサービス展開のなかで口座振替だけで事足りるのか、今後どのような決済手段が必要になるのかを再度検討してみましょう。

・自動継続で代金の回収が可能かどうか。
口座振替サービスを提供する企業によっては、毎月の引き落としごとに、ファイルアップなどの作業が発生する場合がございます。 自動継続課金システムが搭載されているかどうかで、経理担当者の毎月の作業量が変わってきます。

・口座振替依頼書をデータ化できるかどうか。
口座振替依頼書の書類でのお客様への郵送作業を省き、データ化して送付作業を簡略化できるかを確認しましょう。 振替依頼書のデータ化ができていないと、お客様が増えるたびにそれだけ送付作業の手間が発生します。

口座振替を導入するならROBOT PAYMENTが便利!


口座振替を決済代行サービスに依頼することを検討中の方は、ROBOT PAYMENTの口座振替サービスにお任せください。ROBOT PAYMENTの口座振替サービスは、大手企業から中小企業まで累計12,000社以上の導入実績と年間300億円の取り扱い実績を誇ります。また1件当たりの振替手数料も85円~と低価格で提供しており、導入までの審査も最短2営業日とスピーディです。

ROBOT PAYMENTの口座振替サービスの特徴を3つご紹介いたします。

・他の決済手段との併用が可能
クレジットカード決済やコンビニ決済など複数の決済手段の提供が可能です。万が一、口座の残高不足により口座振替ができない場合は、消費者の払える決済手段で再決済を促せます。

・従量課金にも対応
消費者の追加注文の際に課金して金額が変更となった場合は、データを送信すれば従量課金への対応も可能になります。

・ほぼすべての金融機関からの入金に対応
ROBOT PAYMENTの口座振替サービスは、都市銀行や地方銀行、ネット銀行などほぼすべての金融機関の口座から引き落としに対応しています。

口座振替の導入を検討している方は、ぜひROBOT PAYMENTの口座振替サービスをご検討ください。

まとめ

今回の記事では、口座振替を決済代行サービスに依頼した際の手数料の比較と、選ぶ際の比較ポイントについてご紹介しました。口座振替は、継続的な代金回収方法として適しています。
口座振替を決済代行サービスに依頼して導入する場合は、名目に応じた手数料が発生します。また、手数料に限らず、他の決済手段との併用や自動継続で代金回収できるかなどのポイントも判断材料にして、自社に最適なサービスを導入しましょう。

ROBOT PAYMENTの口座振替サービスは、審査から導入まで最短2営業日とスピーディに完了するうえに、手数料も85円~と低価格でご提供しています。効率的な代金回収は、ぜひROBOT PAYMENTの口座振替サービスをご活用ください。

「口座振替」と似た言葉で「口座振込」があります。二つの違いは以下で解説しています。
【関連記事】:「口座振替」と「口座振込」の違いとは
     
【監修】ROBOT PAYMENT フィナンシャルクラウド事業部

ROBOT PAYMENTは請求管理業務を効率化・自動化するクラウドサービス「請求管理ロボ」や
サブスクリプションサービスに特化した決済代行サービスを提供しています。
「お金をつなぐクラウドで世の中を笑顔に」というビジョンを下にお客様に満足を提供致します。