クレジットカードの決済はいつされるの?関連する日にちについて整理しよう

クレジットカード決済

Facebook にシェア
Pocket

昨今はキャッシュレス決済の登場で多様な決済方法がありますが、依然としてクレジットカード決済の利用率は高く、根強いニーズがあります。そのため、クレジットカード決済を導入することで、ユーザーの利便性を高めて売上アップが期待できます。
しかし、クレジットカード決済の肝心の入金日はいつなのでしょうか。入金日は企業のキャッシュフローにも大きな影響を与えるため、しっかり把握しておく必要があります。

そこで、この記事ではクレジットカードの決済はいつされるのか分かりやすく解説します。混同しやすい関連する日にちの定義や、クレジットカード決済導入のメリットなども整理してまとめましたので、ぜひ最後までご一読ください。

※目次※
1.クレジットカードの決済はいつされるか
2.ユーザーのクレジットカードの利用シーン
3.クレジットカードを導入するメリット
4.クレジットカード決済導入の注意点
5.クレジットカード決済なら「ROBOT PAYMENT」がおすすめ!
6.まとめ

クレジットカードの決済はいつされるか

混乱しやすいクレジットカードの決済日について整理していきましょう。ここでは、決済日・締め日・確定日・支払日について、それぞれ解説します。

決済日・締め日・確定日・支払日について

クレジットカード決済でユーザーが支払いを完了すると、実際にお金が引き落とされるまでは時間がかかります。その理由としては、決済日と支払日が異なるためです。

まず、決済日とはユーザーが店舗やECサイトなどでクレジットカードを使った日を指し、お金が実際に銀行口座から引き落とされる日とは異なります。
続いて、締め日とはクレジットカードの1ヶ月分の利用額が締め切られて集計される日です。決済ごとにお金が精算されるのではなく、金額は1ヶ月ごとにまとめられます。
次に確定日とは、クレジットカード会社への加盟店からの請求額が確定した日を指します。締め日までに利用した請求処理が確定日までに完了しない場合、一部の支払いが翌月以降になるケースもあります。
最後に支払日は、ユーザーが確定日に算出された金額を実際に支払いする日です。この日に銀行口座からお金が引き落とされます。

売上が入金されるタイミング

そして、もっとも事業者が気になるのがユーザーから引き落とされた代金が実際に入金される日ではないでしょうか。この日は入金日、または売上日と呼ばれます。そして気を付けたいポイントはユーザーの支払日とは日にちが異なる点です。

入金日はクレジットカード会社によって設定されている日にちが違いますが、毎月10日や20日前後の場合が多いです。そのため、クレジットカード決済の導入を検討される際には、毎月の入金日の日にちを事前によく確かめて、売上が立つタイミングを認識しておきましょう。

クレジットカード決済の仕組み

クレジットカード決済を行った場合は、事業者とユーザーで商品などのやりとりが直接行われますが、お金の流れは異なります。料金の支払いに関してはすべてクレジットカード会社経由となり、事業者とユーザーでの直接的な料金のやりとりはありません。

まず、クレジットカード決済がされると、ユーザーが利用した金額などの利用状況がクレジットカード会社へと送られます。そして、その情報から利用代金が明記された請求明細書を発行され、ユーザーの銀行口座から引き落とし処理を行います。最後にクレジットカード会社から事業者に入金され、取引が完了します。

継続課金のROBOT PAYMENT

ユーザーのクレジットカードの利用シーン


ここでは、ユーザーの視点から代表的なクレジットカードを利用する場面をいくつか紹介します。

コンビニなど小売店での支払い

一番身近な場面として、コンビニなど小売店での支払いが挙げられます。少額の支払いだとしても、クレジットカードなら小銭を取り出す手間が省けるので支払いも楽でしょう。実際に、クレジットカードによっては利用金額ごとにポイントを貯められることから、少額の買い物にもクレジットカードを積極的に利用するユーザーは多くいます。

また、よほど大きな金額でない限りは、会計時にサインの記入や暗証番号の入力が必要ないというメリットもあります。これはお店側の利点でもあり、支払い処理の作業効率が上がるので現金よりもクレジットカードの方がスピーディに対応できます。

ネットショップでの支払い

オンラインショッピングの支払い手段としてもクレジットカード決済は人気です。クレジットカードを利用するECサイトに一度登録しておけば、パソコンやスマートフォンから気になる商品を注文して、その場で支払いも完了できます。コンビニまで行って支払うといった手間も必要なく、振込の際に気がかりな手数料もクレジットカードなら発生しません。

特に、ネットショップの支払いであれば、クレジットカード決済が用意されていることはほぼ当たり前と言える程の普及率です。そのため、ネットショップを運営する事業者は、クレジットカード決済の導入は必須のものとして考えることをおすすめします。

税金や光熱費など定期的な支払い

クレジットカードは、税金・電気代・ガス代・水道代・電話代・インターネット代など、月々の定期的な料金の支払いにも活用できます。利用しているサービスの代金をクレジットカードで支払うように設定しておけば、後は自動的に指定の口座から料金が引き落とされます。コンビニなどで毎月わざわざ支払うよりも手間がかからないので簡単です。

また、毎月の支出も一元的にチェックできるため、出費管理も確実に行えるというメリットもあります。

電子マネーとの連携

クレジットカードがあれば、電子マネーと連携しての利用も可能です。電子マネーであればスマートフォンを専用端末のリーダーにタッチするだけで支払いが完了します。ショッピングや交通機関の利用などさまざまな場面で支払いができるうえに、国が電子マネーの活用を推進したこともあり、活用するユーザーは増加傾向です。

電子マネーには、スマートフォンやカードにチャージしたお金を使用するプリペイド型、使用した金額を後払いするポストペイ型など、さまざまなタイプがあります。ユーザーの好みの支払い方法に応じてタイプを選べるので、使い過ぎが心配だという方でも安心して利用できます。

クレジットカード決済のみならず、電子マネーも決済方法として用意すれば、幅広いユーザーに利用してもらうことができるでしょう。

クレジットカードを導入するメリット


クレジットカードを事業者が導入するとどういった効果があるのでしょうか。ここでは代表的な3つのメリットを解説します。

顧客満足度が向上する

クレジットカード決済があると、ユーザーの支払い手段が増えるので利便性が増します。そして、現金の決済に比べてクレジットカードはスムーズな支払いができるため、顧客満足度が向上するでしょう。

カード決済が購入を検討しているお店に導入されていなければ、手元に現金がないユーザーはわざわざATMなどでお金を引き出さなければなりません。また、ネットショップで銀行振り込みしか選択肢なければ、情報入力などの手間もかかりますし、手数料が発生してはお得感もありません。

一方でクレジットカードにはそういった煩わしさはなく、簡単に決済が可能です。顧客は支払方法や手元にある現金の有無を気にせずにショッピングできるので、購買意欲を損なうことなく購入に導くことができます。

購入単価がアップする

クレジットカード決済には販売促進効果もあります。現金決済のみの場合、欲しい商品があっても、そのタイミングで所持金が足りなければ購入することはできません。一方でクレジットカード決済であれば、手持ちの現金がなくても商品の購入が可能です。各々に設定された与信枠に応じて支払い余力が決定されるため、現金を持ち歩く必要がありません。

与信枠の上限以内であれば高額な商品でも決済ができるため、ユーザーの購入単価上昇も期待できます。さらに、事業者からすれば販売機会を逃さないというメリットも生まれるので、クレジットカード決済の導入はビジネスの心強い味方と言えるでしょう。

インバウンド需要にも対応できる

海外は、日本以上にクレジットカード決済が浸透しています。訪日外国人数の推移は毎年増加傾向にあり、特にスポーツなどの大きなイベントがあれば、強い影響を受けるのがインバウンド需要です。

せっかく外国人観光客がお店に訪れても、クレジットカードでの支払いに対応していないとせっかくのビジネスチャンスを逃してしまう恐れがあります。しかし、クレジットカード決済が導入されていれば、外国人のお客様にも気持ち良く買い物をしてもらえるでしょう。

クレジットカード決済導入の注意点


メリットの大きなクレジットカード決済ですが、ここでは導入前に確認しておきたい3つのポイントを解説します。

決済手数料を確認する

クレジットカード決済の導入でまず気になるは手数料ではないでしょうか。クレジットカード決済をすると、ユーザーの支払い回数に関わらずに事業者はクレジットカード会社に手数料を支払う必要があり、この手数料はクレジットカード決済の金額に対して一定の割合で支払います。

ただし、業種や加盟店によってその割合は異なるため注意が必要です。手数料の割合は加盟店とクレジットカード会社の個別契約で決まるため、クレジットカード決済を導入する際は必ず確認しておきましょう。参考までに、全国でチェーン展開しているコンビニエンスストアなどは手数料が1%前後の割合、個人の飲食店であれば4から7%程度であると言われています。経営基盤がしっかりしていて規模の大きいコンビニなどは手数料の未収リスクが低いために、手数料も低い割合に設定されているのです。したがって、未回収のリスクが高い業種や規模の小さい企業は手数料率が高くなります。

導入には時間がかかる

クレジットカード決済の導入にはある程度の時間がかかることも認識しておきましょう。店舗やECサイトをオープン予定であれば、クレジットカード決済の導入にかかる工数を逆算しておくと計画的に導入できます。

一般的なクレジットカード決済導入の流れとしては、まずは電話やメールにて問い合わせを行います。そして、決済代行会社から料金などの詳細について返答をもらい、内容に問題なければ加盟店契約の申込書類を記入して送付し、審査結果を待ちます。無事に審査に通過したら、クレジットカード決済端末を購入して初期設定などのセットアップを行います。ここまでのトータルでのクレジットカード決済導入の期間としては1週間から数週間程かかるでしょう。

また、利用するサービスによって導入までにかかる時間は異なるため、ゆとりを持って申込みすることをおすすめします。

社員に教育を行う必要がある

セットアップが難しかったり、決済端末の操作が複雑だったりするとカード決済の処理に戸惑ってしまうケースもあります。

接客する従業員がクレジットカード決済に不慣れなままお店がオープンしてしまうと、オペレーションがスムーズにいかず、顧客をお待たせしてしまう可能性があります。そのため、事前にクレジットカード決済の従業員の不明点や不安なポイントは明確にしておき、必要に応じてトレーニングを実施しましょう。

クレジットカード決済なら「ROBOT PAYMENT」がおすすめ!

決済代行のROBOT PAYMENT
株式会社ROBOT PAYMENTが提供する決済代行サービスは、12,000社以上のビジネスへの豊富な導入実績があります。年間で900億円以上の取引に使われており、事業者のビジネスをサポートしています。

ROBOT PAYMENTの決済代行サービスは、業界最高品質の継続課金システムが大きな特徴です。毎月の決済作業が発生しないため完全自動化を実現しており、事業者の手間をできる限り削減しています。また、決済手数料も2.65%からと大幅なコストダウンも可能です。

そして、お問い合わせからの手続きも簡単で、審査から導入までは最短5日とスピーディです。ROBOT PAYMENTの決済代行サービスでクレジットカード決済を導入して、ビジネスをさらに加速させましょう。

まとめ

クレジットカード決済では、決済日・締め日・確定日・支払日・入金日で日にちが異なります。クレジットカード決済を導入する際は、事前にそれぞれの日にちを確認しておくと良いでしょう。

     
【監修】ROBOT PAYMENT フィナンシャルクラウド事業部

ROBOT PAYMENTは請求管理業務を効率化・自動化するクラウドサービス「請求管理ロボ」や
サブスクリプションサービスに特化した決済代行サービスを提供しています。
「お金をつなぐクラウドで世の中を笑顔に」というビジョンを下にお客様に満足を提供致します。