知っておきたいクレジットカード番号の基礎知識 | 企業のお金とテクノロジーをつなぐメディア「Finance&Robotic」

知っておきたいクレジットカード番号の基礎知識

クレジットカード決済

Facebook にシェア
Pocket

知っておきたいクレジットカード番号の基礎知識

クレジットカードの表面に記載されている「クレジットカード番号」。オンラインでのクレジットカード決済の時には、有効期限とともに必ず入力することになる、クレジットカード情報の要とも言える数字です。

この数字には、実はいろいろな意味があって決まっていることをご存知でしょうか?今回は、クレジットカード番号を取り扱う人なら知っておきたい、クレジットカード番号の基礎知識をお伝えします。

16桁の数字であるとは限らない!?

クレジットカード番号と言えば、4桁の数字が4つ並んだ16桁で構成されているイメージを持つ方が多いかもしれません。国際ブランドのうち日本での利用者が多いVISA、Master Card、JCBの3社のクレジットカード番号はすべてこの形になっているので、16桁に決まっているものと思っていた方も多いのではないでしょうか。

しかし、実は国際ブランドによってクレジットカード番号の桁数は異なります。

カードブランド桁 数
VISA / Master Card / JCB16桁
American Express15桁(4桁+6桁+5桁)
Diners Club14桁(4桁+6桁+4桁)

最初の6桁でブランドと発行会社がわかる

クレジットカード番号の桁数を見るだけで、American ExpressとDiners Clubのカードの見分けが可能です。

一方で、そのほか、とくに国内ブランドのクレジットカードの識別は難しいと思われがちです。しかし、実際には、クレジット番号の最初の6桁でブランドやカード発行会社を見分けることが可能です。クレジットカード番号の最初の6桁は「発行者識別番号(IIN:Issuer Identifier Number)」といいます。

まず最初の1桁ないし2桁で国際ブランドが、以下のように数字が割り当てられています。

VISA:最初の1桁が「4」
JCB :最初の2桁が「35」
MasterCard:最初の1桁が「5」
Diners Club:最初の2桁が「36」
American Express:最初の2桁が「34」もしくは「37」

さらに、最初の6桁で発行会社もわかるようになっています。以下は楽天カードの例ですが、他のクレジットカード(三井住友カード、セゾンカード、イオンカードなど)においてもそれぞれの番号が割り当てられています。
以下は一例であり、カードのランクなど(ゴールドやプラチナなど)によっても、異なるINNが割り当てられます。

最初の6桁カード名
3584-03楽天カード JCB
4297-69楽天カード VISA
5210-12/5210-16楽天カード Master

7桁目以降の意味は?

最初の6桁が発行会社を識別するための番号ならば、それ以降の番号についてはどういった意味があるのでしょうか。

7桁目から最後の数字の一つ手前までの数字は、「会員口座番号」となっています。この部分が個人を識別するための番号で、カード所持者ごとに異なる特有の数字ということになります。

そして、カード番号の最後の数字にもまた重要な役割があります。この数字は「チェックデジット」と呼ばれ、入力(読み取り)されたカード番号が正しい数列かどうかを計算するためのものです。カード番号を入力する時に1桁誤った数字を入れてしまった場合などは、チェックデジットから算出した数字と合わずエラーとなる仕組みです。

クレジットカード番号以外の情報

知っておきたいクレジットカード番号の基礎知識

クレジットカードには、クレジットカード番号以外にも日頃のクレジットカード決済に欠かせない、重要な情報が記載されています。

有効期限

クレジットカード番号の下部には、そのクレジットカードを利用できる有効期限も表記されています。クレジットカードの有効期限は、「MM(月)/YY(西暦の下2桁)」の形式で、スラッシュ(/)またはハイフン(-)の区切りを挟み、2桁ずつ記載されます。

たとえば、クレジットカードの有効期限が2024年5月であれば、クレジットカードの表面に「05/24」の数字が記載されます。

名義人の氏名

クレジットカードの表面には、名義人の氏名がローマ字で記載されています。

3桁の数字のセキュリティコード

セキュリティコードとは、クレジットカードの裏面に記載された3桁の数字です。セキュリティコードは、クレジットカードのICチップや磁気テープには転写されておらず、クレジットカードの券面でしか確認できません。そのため、クレジットカードを第三者の不正利用から守る役割があります。

なお、国際ブランドによっては、クレジットカードの裏面に4桁のセキュリティコードが記載されている場合もあります。

クレジットカード番号はどんなタイミングで使う?

普段のクレジットカード決済でも、クレジットカード番号の入力や提示が求められる場合があります。
クレジットカード番号が必要になる3つの利用シーンを紹介します。

1. クレジットカード番号の入力が必要なオンライン決済

ECサイトなどでオンライン決済をするときは、利用者本人とカード情報を照合するため、クレジットカード番号の入力が必要です。
また、近年は公共サービスのオンライン化が進み、納税や確定申告、公共料金の支払いもクレジットカード払いできるようになりました。クレジットカード決済の際にクレジットカード番号が求められるため、クレジットカードは必ず手元に保管しておきましょう。

2. 海外旅行やレンタカーの申し込みの際の身分証明として

クレジットカード番号は、身分証明としての役割を果たす場合もあります。とくに海外旅行の際、滞在先の地域によっては信用力の高い国際ブランドのクレジットカードが身分証明書代わりになります。
日本国内でも、レンタカーを申し込むときはレンタカーの乗り逃げを防ぐため、クレジットカード番号の提示が求められるケースが大半です。

3. 海外のホテルに宿泊するときのデポジット(保証金)として

海外旅行の際には、身分証明書の提示に加えて、一定の金額のデポジット(保証金)が求められる場合があります。
とくに海外のホテルに宿泊するとき、フロントでチェックインする際にクレジットカード番号の提示を求められる可能性があることを知っておきましょう。

クレジットカード番号の重要性とセキュリティ

クレジットカード番号は、利用者本人とカード情報を紐付ける大切な数字です。万が一、クレジットカード番号やセキュリティコードが流出すると、クレジットカードの不正利用の被害に遭う可能性があります。

クレジットカードの不正利用の代表的な手口が、「フィッシング詐欺」「スキミング」の2つです。
フィッシング:大手金融機関などを装ったメールで偽のWebサイトへ誘導し、クレジットカード番号などを入力させる
スキミング :ATMなどにスキマーと呼ばれる読み取り装置を設置し、クレジットカード番号を詐取する

そのほかにも、電話などで会社や知り合いを装い、クレジットカード番号やセキュリティコードを聞き出そうとする手口が報告されています。
クレジットカード番号は、クレジットカード決済に使用する重要な情報です。日頃から「不審なWebサイトでクレジットカード番号を入力しない」「ATMなどを利用するときは不審な機械が設置されていないか確認する」といった対策をとり、クレジットカード番号が流出しないようセキュリティ意識を高めることが大切です。

まとめ

以上、クレジットカード番号の見方についてお伝えしました。

単純に数字が並んでいるように見えるクレジットカード番号には、実はいろいろな意味があることをおわかりいただけたかと思います。すべての数字の割り当てを頭にいれる必要はありませんが、どの部分が何を示しているのかなど基本的なことについては覚えておくと良いでしょう。

他では教えてくれないクレジットカード決済導入のノウハウを無料公開中!

キャッシュレス化社会に向け、クレジットカードの利用環境構築が急ピッチで進められています。クレジットカード決済導入の過程では、スケジュールの遅延や不利な条件での契約等の失敗例は枚挙に暇がありません。今後導入をご検討される皆様に向け、累計10,000社以上の導入ノウハウを元にしたE-BOOKを無料で配布いたします。
「はじめての人のためのクレジットカード決済入門」