クレジットカード決済代行会社とは?仕組みや役割、選定ポイントなど網羅的に解説

クレジットカード決済

Facebook にシェア
Pocket


消費者がオンラインショッピングの決済でクレジットカードを利用する割合は7割以上とされています。利用者のオンラインショップへの再訪率やリピート率が非常に高い傾向にあるため、オンラインショップにはクレジットカード決済の導入が必須と言えます。そんなカード決済の導入・運用の際に欠かせない存在がクレジットカード決済代行会社です。

代行サービスはクレジットカード会社や金融機関などさまざまな企業がサービスを提供しており、どの会社の・どのサービスを利用すればよいか判断に迷うこともあるでしょう。この記事では、オンラインショップに最適な代行会社を比較・検討する際のポイントについて詳しく解説していきます。

※目次※
1.クレジットカード決済の代行会社とは
2.代行会社を利用するメリット
3.クレジットカード決済代行会社を選ぶポイント
4.クレジットカード決済ならROBOT PAYMENTにおまかせ
5.まとめ

クレジットカード決済の代行会社とは


決済代行会社は、カード会社や決済機関と呼ばれる加盟の管理などを行う会社との仲介役を果たす会社です。複雑な処理が必要なカード決済をスムーズに導入する役割を果たします。ここからは、代行会社の仕組みと役割について詳しくご紹介します。

クレジットカード決済代行会社の仕組み

クレジットカードを決済方法のひとつとしてオンラインショップに導入したい時、カード会社や決済機関との間に加盟店契約を結ばなければなりません。このとき、消費者情報の管理に適したセキュリティ要件を満たしているか、加盟店として取り扱うサービスが適切かなどの加盟店審査が行われます。この審査は非常に厳しく、中小企業や個人事業主が要件を満たすのは難しいものです。

そこで、カード決済を導入する際は、代行会社に加盟店審査を仲介してもらうのが一般的です。さらに、代行会社を利用する場合は、カード会社1社だけでなく複数のカード会社と契約を結ぶことができます。つまり、事業者は複数のカード会社と契約を結ぶ必要がなく、代行会社1社と一括契約を結ぶことで複数ブランドのカード決済を導入できるのです。

クレジットカード決済代行会社の役割

代行会社の主な役割は、カード会社や金融機関と加盟店を仲介すること、そしてカード決済で重要な役割を果たす決済システムの提供です。代行会社が提供する決済システムを利用することで、加盟店は複数のカード会社や金融機関と個別に契約を結んだ時よりも、効率的でシンプルな運用体制の構築が可能です。

決済システムは売上情報と個人情報を取り扱う性質上、非常に高いセキュリティ要件が求められます。そのため、カード会社や金融機関と個別に加盟店契約を結ぶ場合は、システムの開発や運用に多額のコストと高い技術がかかります。

一方、代行会社が提供するシステムを利用する場合は、こうした条件がクリアされているため、導入と運用にかかるコストを大幅に削減できます。

また、電子マネー払いやQRコード決済など、今後は消費者の決済ニーズの多様化に対応することも重要です。代行会社はカード決済を含めて多様な決済手段を提供していることから、自社に合った決済手段を手軽に導入できるメリットもあります。

代行会社を利用するメリット


オンラインショップを展開する事業者は、代行会社と加盟店契約を結ぶことでさまざまなメリットを得ることができます。ここからは代表的な4つのメリットについてご紹介します。

決済機関との手続きがスムーズに行える

加盟店契約から売上金の管理まで、決済機関との各種手続きでは書類を準備したり申し込みをしたりなど複雑な処理が発生します。個別に契約を結ぶ場合はさらに手間が増え、契約するカード会社に応じた審査の準備が個別に必要となり、書類の不備や記入漏れなどがあれば手続きの遅延も起こりやすくなります。そのため、各決済機関の情報を集めて比較・検討するだけでも非常に手間がかかる作業なのです。

こうした複雑な加盟店契約手続きは、代行会社を介した一括契約によって大幅に簡略化することが可能です。決済機関と代行会社は包括代理契約を結び、複数社にわたる契約の窓口として書類審査などの手続きを行う一括窓口として機能します。これにより慣れない作業に時間を費やすことなく、審査や手続きにかかる工数を節約できます。

決済機関の検討や交渉も依頼できる

事業者が個別に決済機関と契約や手数料の交渉を行う場合、導入を検討しているカード会社ごとに審査があり、各社で異なる条件をパスしなければなりません。企業が独力でカード決済を導入しようとすると、五大ブランド(MasterCard、Visa、JCB、Diners、American Express)の各カード会社と個別に契約を結ばなくてはならず、これらの審査を通るのは至難の技でしょう。

そして、オンラインショップの売上を立てていくうえで重要となるのが決済手数料です。手数料率もカード会社と交渉を行わなければなりませんが、審査の準備と併せて手数料の交渉を進めることは容易ではありません。

一方、代行会社を利用すれば、審査や手数料の交渉を代行してもらうことが可能です。契約するカード会社ごとに書類を用意する必要はなく、基本的には書類をワンセット用意すれば代行会社が各種手続きや交渉を行ってくれます。

事務作業の省略化が図れる

運用段階に入り次に発生する作業は、売上の入金を管理です。個別にカード会社と契約する場合には、売上管理業務も契約数に応じて個別に発生するというデメリットがあります。

このような運用面においても、代行会社を活用することは大きなメリットです。Webサイト上や管理ツールなどから入金状況を一元管理することができ、煩雑な作業から解放されます。複数社の締日・入金日も1つにまとめられるため、業務の簡素化・省力化を実現できます。

システムの保守・更新が不要となる

システムのアップデートやセキュリティ対策は代行会社によって行われるため、保守・更新作業によって主業務が圧迫されることがありません。決済手段を追加したい時も自社で対応する手間はなく、代行会社に対応を依頼するだけで手続きが済み、自社側でシステム開発などの対応は不要です。

しかし、代行会社を通さずにクレジットカード会社ごとに契約を行う場合は、こうした決済システム保守・管理業務それぞれに適切な対応が必要となります。カード会社の数が増えればその分管理するシステムが増え、さらなる時間とコストを要してしまいます。

また、保守・管理業務は属人化しやすい業務の代表です。属人化を防ぎ、業務効率化を図るうえでも、代行会社の一元管理された決済システムを利用することは有益です。

サブスクリプション決済のROBOT PAYMENT

クレジットカード決済代行会社を選ぶポイント


自社のビジネスや業態に最適な代行会社を見つけるのは難しいものです。ここからは、代行会社を比較検討する際に注目すべき3つのポイントについてご紹介します。

手数料の費用が安価であるかどうか

代行会社はさまざまな利便性をもたらしますが、利用するには相応の利用料が発生します。売上を左右するコストであることから、可能な限り手数料を抑えることは利益を最大化することにつながります。

発生する利用料で代表的なものは、初期契約手数料・月額手数料・決済手数料です。初期契約手数料は、決済システムの導入や決済機関の審査などに必要なコストです。月額手数料は決済システムの管理・運用のためのコストで、主にシステムの利用料金として必要になります。

月額手数料は、決済手数料とは異なり、決済した件数や利用状況に関係なく毎月発生するコストです。決済手数料は取り扱い品目や決済額、そして販売個数によって定められ、決済ごとに発生します。

システムの仕様が希望に沿っているか

システムを自社のオンラインショップと連携させる必要がある場合は、必ず決済システムの仕様を確認するようにします。加えて操作性や見やすさなど、日々の運用がスムーズに行えるかどうかも確認しておきましょう。

また、代行会社によって取り扱うブランドや決済手段が異なる場合があります。一部の代行会社では対応できる国際ブランドが限定されているケースもあるため、まずは導入可能なカードブランドの確認を行いましょう。特に、インバウンド需要を狙うのであれば銀聯カードにも対応する必要があります。自社の顧客のニーズやターゲット層に合わせて検討しましょう。

また、カード決済以外にも口座振替やQRコード決済、キャリア決済、電子マネー決済といった決済手段に対応しているかも重要なチェックポイントです。代行会社は、クレジットカード決済に特化した代行会社と種々の決済方式に対応している代行会社が存在します。決済システムそのものに拡張性があり、一元管理できるかも併せて確認しておきましょう。

しっかりとしたセキュリティ体制が整っているか

代行会社と契約を結んでクレジットカードを導入するということは、消費者の個人情報を預けるということです。したがって、セキュリティ管理体制がしっかりと整っている代行会社を選ぶことが極めて重要です。

導入実績が豊富な代行会社は、それだけ信頼されている証でもあります。累計何社の導入実績があるか、どれくらいの規模の企業が導入しているか、どのような業界・業種で導入されているかなどの実績は、セキュリティ体制を確かめるひとつの判断材料になります。

そして、セキュリティ体制を適切に判断する際の指標となるのが、「PCI DSS(5大国際ブランドによる国際的セキュリティ基準)」や「プライバシーマーク」です。これらの規格を遵守した証明である規格ロゴマークが、代行会社のWebサイトなどに掲載されているか確認しておきましょう。

クレジットカード決済ならROBOT PAYMENTにおまかせ

クレジットカード決済の導入はROBOT PAYMENT
ROBOT PAYMENTのクレジットカード決済代行サービスは、企業の売上向上に貢献するサービスです。大企業から中小企業、そして個人事業主の方まで12,000社以上の導入実績があり、業界最安の決済手数料2.65%から利用可能です。信頼を積み重ねてきたROBOT PAYMENTだからこそ実現できる業界最安の決済手数料は、事業成長に伴ってコストメリットを実感していただけます。

ROBOT PAYMENTは5大国際ブランドの取り扱いをサポートしており、加盟店の利便性を高めることに加えて売上金管理業務の効率化も実現します。導入までは以下のスケジュールで最短1週間での導入も可能です。

・お申込み(ヒアリング、プランのご提案)
・審査開始(申請書、サービス概要書、登記簿謄本などの提出)
・契約手続き(ご契約書のやり取り)
・導入開始(システム接続、アカウント発行)

サイトオープン前でも審査・ご契約が可能なため、他社で断られてしまったという企業もぜひご相談ください。

また、継続課金も自動化いたします。サブスクリプションサービスの展開や従量課金にも対応しておりますので、多様なビジネスモデルに対応可能です。さらに、接続方式もHTMLリンク方式、トークン方式、CSV一括方式の3つをご用意しております。連携可能なカート・システムについても、多くのパートナーとの連携実績があり、ご希望に沿った導入ができます。カード決済の他にも口座振替、コンビニ決済、キャリア決済などの多様な決済方法にも対応しており、ユーザーの決済ニーズに幅広く対応いたします。

まとめ

この記事では、クレジットカード決済代行会社のメリットから導入を検討する際のポイントまでご紹介しました。商品やサービスを提供するうえで必須とも言えるクレジットカード決済ですが、各カード会社と個別に契約を結ぶのは現実的な選択ではありません。
一方で代行サービスを利用する場合は、自社のビジネスに合った代行会社を選択しなければ、うまく運用できない可能性もあります。

特に、ROBOT PAYMENTのクレジットカード決済サービスは、数ある代行会社のサービスの中でもオンラインショップやサブスクリプションサービスの運用に最適なサービスです。口座振替などの従来の決済方法しか用意できておらず、カード決済の導入になかなか踏み切れないという事業者の方は、ぜひROBOT PAYMENTのクレジットカード決済サービスの導入をご検討ください。

     
【監修】ROBOT PAYMENT フィナンシャルクラウド事業部

ROBOT PAYMENTは請求管理業務を効率化・自動化するクラウドサービス「請求管理ロボ」や
サブスクリプションサービスに特化した決済代行サービスを提供しています。
「お金をつなぐクラウドで世の中を笑顔に」というビジョンを下にお客様に満足を提供致します。