家賃は決済代行で効率良く回収しよう!おすすめのサービスもご紹介!

クレジットカード決済

Facebook にシェア
Pocket


不動産事業において、家賃管理は最も重要な業務です。不動産事業者の最たる収入源である家賃は、毎月確実に回収する必要があります。しかし、家賃回収には多くの手間がかかりますし、家賃滞納時の対応も楽ではありません。
そこで今回は、家賃管理が楽になる、家賃の決済代行について解説します。決済代行のメリットや決済代行会社の選び方、おすすめの決済代行サービスなどもご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

※目次※
1.主な家賃の回収手段
2.家賃回収は決済代行で効率化できる!
3.決済代行で改善できること
4.家賃をクレジットカード決済にするなら知っておくべき接続方式
5.家賃回収に適した決済代行会社を選ぶ際に比較すべきこと
6.サブスクペイを導入して毎月の家賃回収を自動化しよう!
7.まとめ

主な家賃の回収手段


決済代行の解説をする前に、今主流となっている家賃回収方法を振り返ってみましょう。不動産事業者によって手段は異なりますが、賃貸経営の場合、以下の3つが一般的な方法です。

銀行振込

不動産事業者が口座を指定して入居者に振込依頼することは、銀行振込と呼ばれています。賃貸経営において、最もスタンダードな家賃回収方法です。
事業者が直接回収する必要がなく、非対面で行えることはメリットといえるでしょう。しかし、入居者が支払期日を忘れて滞納が発生するというリスクもあるため、リマインドの連絡を入れるなどの対策が必要です。

現金

現在はあまり行われていませんが、入居者が大家さんに直接現金を手渡しする方法もあります。
わざわざ金融機関に出向いて振込確認しなくてもいいことや、入居者との交流が生まれることがメリットです。
必ずしも行う必要はありませんが、入居者とのトラブル回避のために、証明書を発行しておきましょう。ただし、入居者から領収書の発行を依頼された際には発行義務が発生します。

口座振替

あらかじめ設定しておいた引き落とし用の口座から自動的に家賃を引き落とす方法が、口座振替です。家賃だけでなく、電話料金や公共料金を支払う際にもよく利用されています。銀行振込と異なる点は、入居者ではなく不動産事業者が振込手数料を負担する点です。

非対面で行えることと、支払期日忘れで滞納が発生しないことがメリットといえるでしょう。ただし、引き落とし用の口座に十分な残高がない場合、振替失敗となり、家賃滞納に繋がります。

家賃回収は決済代行で効率化できる!

従来の家賃回収方法では、手間がかかることや滞納のリスクがあることが大きな課題となっています。このような課題を解決したい方は、決済代行の利用を検討してみるのがおすすめです。
家賃回収の決済代行とは、家賃をはじめとした、敷金・礼金・初期費用・月極駐車場代などの回収を全てクレジットカードで行う際に、不動産会社とカード会社との仲介役をしている業者のことです。昨今のキャッシュレス化の動きは不動産業界にも影響を与え、クレジットカード決済での家賃回収が増加しています。入居者にとってもメリットはありますが、不動産事業者にとっても効率的に家賃回収を行えるメリットがあるため、クレジットカード決済に対応する不動産会社は今後増えていくでしょう。

決済代行で改善できること


決済代行を利用すれば、従来の方法で生じた問題の解決はもちろん、今までより多くの利益を得ることも可能です。ここでは、決済代行を利用するメリットを4つご紹介します。

家賃回収の手間

クレジットカードを継続課金に登録しておけば、家賃や月極駐車場代などを毎月楽に回収できます。これにより、家賃管理業務の負担を軽くできますし、家賃の未回収リスクも減らすことが可能です。
また、今まで手渡しで家賃を回収していた場合は、セキュリティを向上させる効果もあります。

家賃の滞納が発生するリスク

従来の口座振替や銀行振込といった方法では、残高不足や印鑑の相違、書き損じなどによって引き落としが失敗してしまうことも多々ありました。
しかし、クレジットカード決済に移行すれば、こうした家賃滞納リスクを大幅に下げることができます。口座の残高が足りない場合の立て替えや利用料金の督促も、クレジットカード会社が行ってくれることから、家賃未回収のリスクを被ることはありません。

集客率

クレジットカード決済に対応することによって、集客率を向上させることもできます。現代はキャッシュレス化が進んでいるとはいえ、家賃をカードで支払える不動産会社はそう多くありません。つまり、クレジットカード決済に対応すれば、対応していない競合事業者よりも多くの顧客を獲得できる可能性が高いということです。
カード決済に対応しているか否かを決め手に物件を探している方も多くいます。そのような入居希望者に向けてカード決済に対応していることをアピールして、集客アップを目指しましょう。

契約率

新規顧客の獲得機会を多く作り出せることも、クレジットカード決済対応のメリットです。
入居希望者にとって最も高いハードルは、初期費用の支払いでしょう。入居希望者がいたとしても、敷金・礼金・前家賃などを現金で用意できなければ、契約の機会を逃すことになります。
クレジットカード決済による分割払いやリボ払いが可能であれば、そうした入居希望者のニーズに応えることができて、契約数を伸ばせるようになるでしょう。

サブスクペイ

家賃をクレジットカード決済にするなら知っておくべき接続方式


今後、クレジットカード決済に移行するのであれば、接続方式について把握しておくべきでしょう。接続方式とは、決済が行われる際の流れ・仕組みのことです。ここでは、不動産運営に役立つ4つの接続方式を解説します。

リンク型

簡単かつ低コストで導入できる決済システムを求めている方におすすめしたいのが、リンク型です。この接続方式では、リンク先の決済代行会社の決済ページにて全ての決済処理が行われます。他の方式よりも安価で、システム投資も不要です。
また、決済代行会社が運営するWebサイトで入居者自身がクレジットカード番号を入力するため、事業者自ら入居者のクレジットカード情報を保持する必要はありません。これにより、情報漏えいのリスクを大幅に減らすことができます。

メールリンク型

決済システムを構築することが困難な方には、メールリンク型をおすすめします。この接続方式は、入居者が家賃支払いの申込をした後、決済手続きページを事業者が入居者にメールで送信して、決済を行ってもらう方法です。この決済手続きページは、決済代行会社から提供された管理画面から送信できます。
決済システムは決済代行会社が用意したものを利用できるため、ご自分でシステムを作り上げる必要はありません。

トークン型

自社で構築したシステムで決済を完結させたいとお考えの方には、トークン型がおすすめです。この方式では、事業者自身が作成したクレジットカード情報入力ページ内に、決済代行会社が提供するプログラムを組み込んで決済を行います。
この方式であれば、ご自分のシステム内で決済を完結させることが可能です。また、クレジットカード情報の漏えいリスクを抑えることもできます。

API型

多くの入居者と契約している場合には、API(データ伝送)型がおすすめです。この方式では、事業者自身が構築したSSL対応サーバー(情報を暗号化して第三者への情報漏えいを防ぐサーバー)から入居者のクレジットカード情報を取得して、決済代行会社にデータ伝送して決済を行います。

膨大な情報をやり取りできるため、大規模な物件を運営しているケースでこの方式を運用すれば、家賃管理業務の効率化が図れるでしょう。また、自社システム内で決済を完結させることができ、セキュリティ面も安心です。

家賃回収に適した決済代行会社を選ぶ際に比較すべきこと


決済代行会社を利用すれば、家賃管理業務は一気に楽になります。しかしながら、会社によって対応可能な範囲やかかる費用は異なるため、よく比較して選ぶべきでしょう。
決済代行会社の利用を検討している方は、これからご紹介する4つのポイントを参考にしてみてください。

導入実績

家賃管理業務の効率化を目的とするならば、不動産業界での導入実績があることを前提条件とすべきでしょう。さらに、導入実績は何社あるのか、導入事例を掲載しているかなど、会社のホームページで事前にリサーチすることが重要です。実績のある会社であれば、ホームページ上に実名企業と共に詳細な導入事例を掲載しています。

決済手数料

決済代行会社を利用する際には、初期費用や月額費用、オプション料金などさまざまな費用がかかります。その中でも最も重視すべきは決済手数料です。固定費である初期費用や月額費用と違って、決済手数料は取引の数に応じて費用が変動します。会社によって手数料の割合は異なるため、よく比較して検討しましょう。
また、オプション料金を支払うかどうかの判断については、まずオプションを付けずに運用してみて後に必要かどうか判断することをおすすめします。

決済手段の種類

クレジットカード決済を取り入れたいならば、VISAやMastercardといった国際的なカードブランドに対応している会社を選ぶことをおすすめします。
また、クレジットカード決済だけでなく多様な決済方法に対応可能な会社かどうか、チェックすると良いでしょう。口座振替やキャリア決済、電子マネー決済、中国の決済サービスのAlipayなど、多様な決済手段を用意している会社であれば、さまざまな入居希望者のニーズに応えることができます。

セキュリティ

クレジットカード情報は重要な個人情報です。その個人情報を安心して預けるには、セキュリティ対策をしっかり行っている会社を選ばなければなりません。
見分け方のコツは、会社のホームページをチェックすることです。第三者機関の規格を遵守している証となるプライバシーマークや、PCIDSSといったロゴをホームページに掲載している会社は、セキュリティ対策をきちんと行っています。これに加えて、セキュリティコードやSSL技術、3Dセキュアなどを採用していれば、セキュリティ面においてかなり信頼のおける会社であると判断して良いでしょう。

サブスクペイを導入して毎月の家賃回収を自動化しよう!

サブスクペイ
決済代行会社を利用すれば業務の負担を減らすことができます。しかし、信頼のおける会社でなければ安心して利用できません。
家賃管理業務を効率的に行いたい、信頼できる会社に任せたいとお考えの方は、サブスクペイの導入をご検討ください。

サブスクペイは、不動産事業のような継続課金ビジネスに便利な機能を搭載した決済代行サービスです。大手企業はもちろん、中小企業から個人事業主まで12,000社以上の導入実績を誇り、さまざまな業界で利用されています。
サブスクペイを利用すれば、業界唯一の完全自動課金システムに家賃決済を任せられますので、家賃管理業務の負担を大幅に軽減することができます。

決済手数料は業界最安値の2.65%~と低コストでの運用が可能です。そして、豊富な決済方法に対応しています。クレジットカード決済では、VISAやMastercard、JCB、ダイナースクラブ、American expressといった国際的な五大カードブランドに対応しています。また、口座振替やコンビニ決済、キャリア決済にも対応可能です。これにより、クレジットカードを持っていない方や利用に不安がある方にも積極的に入居を勧められるでしょう。

接続方式もHTMLリンク方式やトークン方式など多数用意しています。システム構築コストをかけずに簡単に手続きしたい方はもちろん、決済画面を自由にカスタマイズしたい方にもご満足いただけるサービスです。

低コストとはいえ、セキュリティ面については万全な対策をとっておりますのでご安心ください。クレジットカードの不正利用防止策として、3Dセキュアやセキュリティコードなどを採用しています。国際規格であるPCIDSSを遵守したセキュリティ対策で入居者と事業者の皆様の個人情報を保護しますので、安心してご利用いただけます。

決済代行業20年以上で培ったノウハウをもってシステム運用をサポートしますので、導入や運用に不安がある方でもお気軽にお問い合わせください。サブスクペイを導入して、毎月の家賃回収をより安全に、より簡単に行いましょう。

まとめ

この記事では、家賃の決済代行ついて解説しました。不動産事業の運営、中でも家賃回収には大きな負担がかかります。今までは全ての業務を自力で行うのが当たり前でしたが、これから全てを背負う必要はありません。
サブスクペイを利用すれば、煩雑な家賃管理業務から解放されて、効率的に不動産事業を運営できます。業務を自動化して不動産事業を大きく発展させていきたい方は、ぜひサブスクペイの利用をご検討ください。

     
【監修】ROBOT PAYMENT フィナンシャルクラウド事業部

ROBOT PAYMENTは請求管理業務を効率化・自動化するクラウドサービス「請求管理ロボ」や
サブスクリプションサービスに特化した決済代行サービスを提供しています。
「お金をつなぐクラウドで世の中を笑顔に」というビジョンを下にお客様に満足を提供致します。