クレジットカードの加盟店手数料とは | 企業のお金とテクノロジーをつなぐメディア「Finance&Robotic」

COLUMN

クレジットカードの加盟店手数料とは

クレジットカード決済

Facebook にシェア
Pocket

キャッシュレス決済の筆頭として人気のクレジットカード。発行枚数は年々増加傾向にあり、さまざまな場面で利用する人が増えています。商品やサービスの代金支払い方法として、クレジットカード決済導入は今後ますます必須となっていくことでしょう。

しかし、クレジットカード決済には独自の仕組みが多くあり、店舗が初めて導入する際には分からないことが多いかと思います。特にクレジットカード決済を導入しようと考えたとき、ネックになるのが手数料です。そこで今回は、クレジットカード決済を導入する際に知っておきたい「加盟店手数料」の基礎知識をご紹介します。

クレジットカードの「加盟店手数料」とは

クレジットカード決済導入のメリット

まずは、クレジットカード決済を導入することによる店舗のメリットを紹介します。

<購買機会の損失防止>
消費者のなかには、現金を持たず、普段からクレジットカードや電子マネーといった現金以外の決済手段を利用している人が存在します。決済手段が多様化する現代では、より多くの決済手段に対応することで、より多くの消費者を取り込むことができ、消費者の購買機会の損失を防ぐことができます。

<高単価商品の販売>
商品価格が高単価の場合、手持ちの現金がなく諦めてしまうケースもあります。購入意欲があったとしても、支払いができないのでどうしようもありません。しかし、クレジットカードでは給与日を待たず決済が可能になる点や、分割払い・リボ払い・ボーナス払いといった様々な支払いに対応でき、高額であっても消費者が購入しやすいというメリットがあります。

<業務の負担軽減>
現金での決済は、会計時の金銭のやり取りから、毎日の売上確認、現金管理などが必要になります。クレジットカード決済であれば会計時に暗証番号やサインで完結するため、お客様がお金を取り出す時間や、お釣りを渡す際の金額ミスも発生せず非常にスムーズです。現金決済を禁止にしない限りすべての業務がなくなることはありませんが、ストレスフリーに会計を対応することが多くなるでしょう。

加盟店手数料とは?

クレジットカード会社と契約してクレジットカード決済を導入するお店は、「加盟店」と呼ばれます。消費者が加盟店でクレジットカードを利用して商品やサービスを購入する際、加盟店はカード会社に手数料を支払うことになります。これが「加盟店手数料」です。クレジットカード決済は、クレジットカード会社が立て替え払いを行う信用取引のため、加盟店手数料はこの信用取引の対価として支払うものだと言えます。

実際には、お客様がクレジットカード決済を利用するたびに、店舗に加盟店手数料が発生し、売り上げから差し引かれることになります。加盟店手数料は、基本的には商品代金に一定の率を乗じた額で、クレジットカード会社との契約内容、つまりブランドごとに異なります。そのため商品代金10000円をAブランド(手数料5%)のクレジットカードで決済を行った場合、加盟店手数料として500円売り上げからひかれ、店舗には9500円入るといったイメージです。

加盟店の業種によって手数料率が異なる

クレジットカードの「加盟店手数料」とは

加盟店手数料の手数料率は加盟店とクレジットカード会社の個別契約となるため、一概に適用料率が決まっているものではありません。大枠としては「商材の業種」や「売上規模」などによって加盟店手数料率は異なる傾向にあります。

たとえば、全国チェーンのコンビニエンスストアなどは1%前後と言われていますが、個人経営の飲食店であれば4〜7%と、大きな開きがあります。この理由としては、経営基盤が盤石で規模が大きいコンビニと、不安定な個人経営の店舗のあいだで未収リスクが大きく違う点が加盟店手数料に影響しています。また同様に、経営基盤が安定しており決済総額が多い大型店なども、未収リスクが低くカード会社への利益が見込め、手数料率を低く設定される傾向があります。

【加盟店手数料のイメージ】
飲食店:4~7%
小売店、専門店:3~5%
百貨店:2~3%
家電量販店、コンビニエンスストア:1~1.5%

手数料コストを下げるには?

クレジットカード決済は加盟店手数料がかかってしまうからといって、クレジットカード決済時に加盟店手数料分を上乗せした金額を消費者に請求することは加盟店規約で禁止されています。誤解のないように記載すると、現金決済での消費者とクレジットカード決済での消費者の間で差別的な対応(この場合は請求金額に差)をとることは禁止されているため注意してください。飲食店などで稀に見かけますが、チャージオンと呼ばれるこの行為は、場合によってはカード加盟店契約を打ち切られる可能性もあります。

クレジットカードで決済が行われるたびに発生する加盟店手数料は、店舗の利益を減少させます。そこで加盟店手数料の負担を下げるために出来ることについて考えたいと思います。

<決済代行会社を比較する>
クレジットカードの加盟店は、クレジットカード会社と直接契約する方法と、決済代行会社を経由して契約する方法があります。決済代行会社によって加盟店手数料率は異なるため、各社の条件を比較した上で検討するのをおすすめします。見積りは基本的に無料で行ってくれるため安心して利用できます。
ちなみにクレジットカード会社と直接契約する場合はブランドごとにカード会社とのやり取りが発生しますが、決済代行会社を利用すると1社とのやり取りで様々なブランドに対応することが可能です。

<その他キャッシュレス決済などの併用>
決済方法の充実は購買機会の損失を防ぎ、多くの消費者を取り込めるとことにあります。そのためクレジットカード以外にも、急成長しているQRコード決済をはじめとしたキャッシュレス決済は、還元ポイントの充実から日常の決済手段として多くの消費者が活用しています。比較的手数料が安い決済手段を導入することで、クレジットカード決済との分散がさでき、加盟店手数料の負担軽減に繋げることが可能です。

まとめ

クレジットカード決済では、加盟店手数料によりお店は売上は手数料分少なくなります。しかし、購入機会損失の防止という観点では、クレジットカード決済の導入は売り上げを向上に繋がるといえるでしょう。
また加盟店手数料コストを削減は、やはり手数料率を少しでも下げることです。業種や売り上げ規模という点もありますが、加盟店手数料率については、決済代行会社がクレジットカード会社と交渉してくれるケースもあります。クレジットカード決済導入に際しては、あらかじめ手数料率についても相談してみることをおすすめします。

 
  • サブスクリプションビジネス向け決済入門セミナー サブスクリプション決済入門セミナー

  • 小泉孝太郎さん出演
    請求管理ロボ・動画CM公開中