海外旅行前に知っておきたいクレジットカードのこと4つ

クレジットカード決済

Facebook にシェア
Pocket

海外旅行前に知っておきたいクレジットカードのこと4つ

海外旅行前に知っておきたいクレジットカードのこと4つ

そろそろゴールデンウィークや夏季休暇の旅行先を考え始める方が増えてくる時期になりました。長期休暇を利用して海外旅行を計画している方も多いのではないでしょうか? 海外旅行慣れしている方はともかく、初めての海外旅行や久しぶりの海外旅行だとわからないことや気になることも多いもの。中でも、旅行先でのお買い物や支払いについては、国内とは違うことが多くて心配に感じやすい部分だと思います。そこで今回は、クレジットカードについて海外旅行前に押さえておくべきポイントをご紹介します。

海外旅行に行くならクレジットカードは必須!

海外旅行先では、現地での移動や宿泊、食事や買い物などさまざまな支払いの場面があります。もちろん、ちょっとした支払いには現地の通貨が便利ですが、旅行中に使うお金をすべて現金で持ち歩くのは危険です。比較的治安が良いとされる国でも、スリや置き引きなどは珍しくありません。万が一、窃盗などの被害にあったとしても、盗まれたのがクレジットカードであれば使用を停止して再発行すれば被害を最小限に抑えることができます。
また、宿泊の際にデポジットとしてクレジットカードの提示を求められることもあります。海外では、必要最小限の現地通貨とクレジットカードを持ち歩くのを基本と考えましょう。

世界中どこでも使えるのは「VISA」「MasterCard」

海外旅行に持っていくクレジットカードでは、まず国際ブランドと呼ばれるカード会社に注目しましょう。
「VISA」「MasterCard」「JCB」「AmericanExpress」「Diners Club」は5大国際ブランドと呼ばれています。中でもVISAとMasterCardは、世界中に加盟店を持っていて、ほぼどこの国に行っても利用できるのでVISAかMasterCardのクレジットカードを持っていくのが安心です。特にアメリカではVISA、ヨーロッパではMasterCardが強いと言われています。

海外ではICチップ搭載カードしか使えない場合も

磁気カードに比べて安全性が高いことから、日本でも近年ようやく増え始めているICチップ搭載のクレジットカード。特にヨーロッパでは早くから普及が進んでいて、ICチップ搭載カード以外は使用できない場合もあります。
更新のタイミングなどでまだICチップに対応していなクレジットカードしか持っていないという方は、海外旅行前にICチップ搭載のクレジットカードを用意しておいたほうが安心です。
また、ICチップ搭載のクレジットカードで支払う場合には暗証番号の入力が求められます。持っていくクレジットカードの暗証番号を間違いなくおぼえているか、あらかじめ確認しておきましょう。

海外旅行前に知っておきたいクレジットカードのこと4つ

海外旅行損害保険についても確認しておく

海外旅行先で病気やケガなどをして、驚くほどの高額の医療費がかかってしまったという話を耳にしたことのある方もいるのではないでしょうか。実際、日本に比べて海外の医療費はかなり高額なケースが多いです。海外旅行に行くなら、万一の際に備えて海外旅行損害保険への加入は必須です。
保険会社や空港などで加入することもできますが、クレジットカードには海外旅行損害保険が付帯しているものも多いです。持っているだけで適用になるものと、利用条件を満たすことで適用になるものがあるため、適用条件や適用範囲、補償限度額などについても旅行前に確認して、別途保険加入が必要かどうかを検討するのが大切です。

「クレジットカード決済」のサービスTOPページへ

     
【監修】ROBOT PAYMENT フィナンシャルクラウド事業部

ROBOT PAYMENTは請求管理業務を効率化・自動化するクラウドサービス「請求管理ロボ」や
サブスクリプションサービスに特化した決済代行サービスを提供しています。
「お金をつなぐクラウドで世の中を笑顔に」というビジョンを下にお客様に満足を提供致します。