アクワイアラとは?主な業務や関連するポジションを解説 | 企業のお金とテクノロジーをつなぐメディア「Finance&Robotic」

アクワイアラとは?主な業務や関連するポジションを解説

クレジットカード決済

Facebook にシェア
Pocket

アクワイアラとは?(クレジットカード加盟店契約会社)

クレジットカード業界には「ブランド」「アクワイアラ」「イシュア」という3つの役割があります。その中で消費者としてクレジットカードを利用する際に大きく関わって来るのがイシュアであるのに対し、事業者(加盟店)としてクレジットカード決済を導入する際に大きく関わってくるのがアクワイアラです。

今回は、アクワイアラについて、その役割などをご説明します。

アクワイアラとは

「獲得するもの」という意味があるアクワイアラは、日本語で「加盟店契約会社」と言う意味です。割賦販売法においては立替払取次業者に定義され、消費者からの入金より前に売上代金を立替えて小売店やECサイトへと入金を行います。そして、小売店などがカード決済できるように「MasterCard」や「VISA」といったカード会社との取次を行います。国内における主要なアクワイアラには「JCB」「三井住友カード株式会社」「三菱UFJニコス株式会社」「株式会社オリエントコーポレーション」などがあります。

アクワイアラは、クレジットカードを導入・運用する店舗の新規開拓と売上代金の管理が主な役割です。新規開拓は開店・起業したばかりの店舗やECサイト、他社とすでに契約をしている店舗などのターゲットと契約を結び「加盟店」とすることです。中には複数のカード会社と一度に提携できるサービスを提供しているものもあり、これを利用することで個別に契約する手間がなくなり、市場シェア率が高いカードブランドをまとめて導入・運用することが可能になります。

アクワイアラの主な業務

カード業界において「加盟店の開拓」と「売上代金の管理」がアクワイアラの主な業務です。これらの業務はカード会社に代わって行われる業務と、イシュアと呼ばれる別のカード発行会社と提携して実施されるものがあります。

加盟店の開拓と審査

アクワイアラの最大の目的は加盟店の募集と開拓です。事業者がカード決済を利用するには加盟店契約が必須です。事業者にカード決済の機会を提供するために、主要なカード会社と事業の間を仲介する契約を締結します。契約に際しては、事業者がカード決済の利用可能かどうか審査が行われます。この審査はカードブランドの価値観を損ねるような事業者ではないかを判断するためです。審査に問題がなければ手数料の料率を両者の間で定めた後で契約を締結し、カード決済システムの導入など、正しく運用ができるようサポートします。

イシュアからお金を預かる

消費者が購入した製品やサービスの代金を引落したりする業務は、「イシュア」が行います。製品やサービスの売上代金はまず、消費者からイシュアへと支払われます。イシュアと加盟店は金銭の授受を行う契約を結んでいないため、売上代金を直接加盟店に支払うことはできません。そこで、消費者の利用代金を取次ぐ目的で、利用代金はイシュアからアクワイアラへと預けられます。

加盟店にお金を渡す

預けられた売上代金は、売上データをもとに加盟店の口座へ入金されます。代金は銀行振込で振り込まれますが、全てのカード会社の利用売上が同時に入金される訳ではありません。主要なカードブランドを利用している場合、複数の決済システムの導入・契約が必要であり、売上代金の入金タイミングに差が生じてしまいます。業態によっては仕入れでまとまった現金が必要になることもあり、一度に入金されなければ都合が悪いというケースもあるでしょう。この場合には「決済代行会社」のサービスの活用が有効的です。決済代行会社については後ほど詳しく解説します。

アクワイアラに関連するポジション

クレジットカード加盟店契約会社(アクワイアラ)の役割とは

自社の製品やサービスの売上代金がどのようにして入金されるかを理解することは、カード決済を導入するうえで非常に重要です。加盟店と消費者と除くとクレジットカード決済に関連する会社には以下の3社があります。

イシュア

先にも少しご説明したように、クレジットカード発行と消費者からカード利用料金回収を主な業務としている会社を「イシュア」と言います。日本語ではカード会社と区別するために、カード発行会社と呼ばれます。日本国内ではセゾンJCBカードにおいてはクレディセゾンが、イオンMasterカードにおいてはイオンクレジットカードがイシュア業務を実施しています。なお、国内ただ一つの国際ブランドであるJCBはカード会社でありながらイシュア業務も行っています。

その他にはセキュリティコードの発行・不正利用の監視なども重要な業務のひとつです。

国際ブランド

カード会社のうち、世界的に認知されている5つブランドは「国際ブランド」と呼ばれています。「VISA」「MasterCard」「JCB」「Diners Club」「American Express」を5大国際ブランドと言い、主な特徴は以下の通りです。

VISA:取引数・知名度共に世界最大のシェア。
MasterCard:VISAに次ぐ取引シェア。欧州圏においてはVISAよりも知名度が高い。
JCB:唯一の日本発の国際ブランドで、旅行時の日本語サポートが充実している。
Diners Club:ハイクラス向けカードブランド。旅行や接待に利用されることが多い。
American Express:ハイクラス向けカードブランド。ホテルや空港でのサービスが充実している。

店舗は5大国際ブランド全ての決済機会を利用者に提供することが望ましいとされています。しかし、各ブランドと個別に契約することは、契約・経理上の手間が増えてしまうデメリットがあります。

決済代行会社

複数のアクワイアラと契約すると発生してしまう手間を低減することができるのが、決済代行会社のサービスです。決済代行会社は加盟店に代わり複数のアクワイアラと包括契約を行います。これにより、入金サイクルの統一や経理の一括管理が実現します。さらに、決済代行会社から提供される決済システムを利用すれば、複数のカード決済システムが統合可能になり、管理・運用コストを最小限にするこが可能です。

決済代行サービスのメリットを最も得やすい業種はECサイトと言われています。オンラインショッピングにおいて決済方法の7割がカード決済とされ、カード決済には単価アップやリピート率向上といったメリットもあります。一方で、加盟店はカード決済のシステムを用意して消費者の支払いニーズを満たすことができなければ、大きな機会損失となってしまうでしょう。

QRコード決済などのキャッシュレス決済は今後ますます消費者の間に浸透していくこは間違いありません。市場成長に伴いビジネスも成長させていくには、決済代行会社のサービス導入が必要不可欠となるでしょう。

「ROBOT PAYMENT」でクレジットカード決済を導入しよう!

クレジットカード決済の導入はROBOT PAYMENT
ROBOT PAYMENTの「クレジットカード決済システム」は大手企業から中小、そして個人事業主の皆様12,000社以上の導入実績で「売上向上」に貢献いたします。

業界最安の2.65%〜の決済手数料は固定費とは異なり、業績の成長に伴ってコストメリットを最大限に実感いただける手数料です。システム導入までは最短で1週間のスピード導入を実現します。

さらに、サブスクリプションサービスにも完全対応した継続課金に完全自動化で対応するなど、柔軟なビジネスをサポートする体制が整っています。カード決済システムの料金プランは業態・業種に応じてプランを組み立て可能です。

まとめ

カード決済におけるアクワイアラの業務についてご紹介しました。ユーザーに多くのカードブランドの決済システムを提供することは機会損失を防ぐ意味がありますので、主要カードブランドの取り扱いは必須と言えるでしょう。

そして、状況によっては個別にアクワイアラと契約を結ぶよりも決済代行会社を利用した方が多くのメリットが得られます。カード決済代行を検討中の事業者・経理担当者の方は、ぜひ一度ROBOT PAYMENTまでご相談ください。