クレジットカード決済は売上に直結する?導入方法も紹介

クレジットカード決済

Facebook にシェア
Pocket

ネットショッピングやインターネット上でのサービス料金などの支払いには、さまざまな方法があります。払込票によるコンビニ決済、代金引換などの方法もありますが、最もよく利用されているのがクレジットカード決済です。しかし、「クレジットカード決済は便利そうだけど、手続きや審査がどのくらい大変かわからないなあ」と、導入をためらっている事業者もいるかもしれません。

そこで、ここではクレジットカード決済の基礎知識とともに、クレジットカード決済を代行してくれるサービスについてご紹介しましょう。代行会社の賢い選び方も、あわせてお伝えします。

導入すべき? クレジットカード決済人気の理由

わかりやすく解説!クレジットカード決済とは?

クレジットカード決済では、消費者が本来なら現金で代金を支払うところを、いわば「ツケ」で商品・サービスを受け取り、クレジットカード会社は一旦そのツケを立て替えを行います。たとえツケ払いであっても、クレジットカード会社が全額立て替えで支払ってくれるという後ろ盾があるので、店側は代金を回収しそびれる心配はありません。一方で、クレジットカード会社は、定期的に契約時に指定された消費者の口座から金融機関を介して代金を引き落とします。

クレジットカード会社の利益は、消費者が買い物をしたショップから支払われる手数料です。クレジットカード会社に対して立て替えしてもらう代わりに、店側はその対価を手数料として支払うのです。
また消費者とクレジットカード会社は、一時的にお金の貸し借りをするため、ここには一定の信頼関係が必要となります。そのためクレジットカー会社による審査に通過する必要があり、クレジットカード決済ができるユーザーとは、その審査を通った人物なのだと判断することができます。

クレジットカード決済を利用する人がますます増加している背景には、ネットショップの急増と、利便性です。また、旅行などで大金を持ち歩きたくないという心理から、国内外で幅広く利用されている点も一因と考えられます。

クレジットカード決済は消費者のニーズが高い

オンラインでの決済方法としてクレジットカードが人気なのは、何と言ってもその場ですぐに決済できることが理由です。振込やコンビニ決済の場合は支払いのために銀行やコンビニへ出向く必要があり、代金引換の場合も商品受け取り日時に合わせて現金を用意して在宅する必要があります。クレジットカード決済の場合、こうした煩わしさがありません。また、振込のように手数料が別途かからないことや、クレジットカードのポイントが加算されるといったお得さも人気の理由となっています。

クレジットカード決済がないと機会損失につながる!?

事業者にとって、クレジットカード決済の導入により得られるメリットは、消費者の購買機会をつながることです。
クレジットカード会社による立替払いのため、手持ちのお金がない場合に起こる買い控えを阻止することができます。またネットショップで代金引換や銀行振込といった決済方法しかない場合には、面倒臭いという思いから、消費者はクレジットカード決済ができるショップをさっさと検索して探し出してしまうかもしれません。つまり、サービスや商品を提供する店側としては、クレジットカード決済に対応していないことで機会損失につながるおそれがあるというわけです。お客様のせっかくの購買機会を逃さない、これはクレジットカード決済ならではのメリットと言えるでしょう。
またクレジットカード決済が選べるお店ということで、クレジットカード会社の審査を経ているという信頼感も消費者に与えることができます

クレジットカード決済の導入はどうしたらいいの?

クレジットカード決済の導入には、審査や手数料などそれなりに煩雑なプロセスがあります。特にクレジットカード会社の審査では、販売商材をはじめ、会社の規模や経歴などを細かく報告することになりますが、会社規模が大きいからと言って審査に通るとは限らず、対策のしようもないのが実情です。

しかも、クレジットカード会社は1つではありません。各クレジットカード会社により、使用できるブランドや手数料といった条件が異なるためごとに複数の会社に問い合わせることになるでしょう。審査通過後も、セキュリティ面の強化などクレジットカードの正しい利用に向けシステムの構築が必要が出てきます。出費も大きなものになり、中小企業や個人事業主が独自にクレジットカード決済を導入するのは、現実的とは言えないでしょう。

そこで、クレジットカード決済の導入をスマートに実現してくれるのが、クレジットカード決済代行会社です。

クレジットカード決済代行会社を利用しよう!会社選びのコツは?

クレジットカード決済代行サービスを利用すれば、代行会社一社と契約するだけで、複数のクレジットカード会社のサービスを利用することができるため、導入に必要な時間や費用を削減すること可能です。入金日がブランドごとに異なることもなく、経理上でも大変便利な上、クレジットカード決済以外の決済手段に対応している代行会社であれば、ほかの決済手段を合わせて導入することも可能です。

代行会社を選ぶうえでのポイントは、業務実績に注目してみることです。取引している企業名を公表している会社は多いですし、そもそも有名企業などと取引実績があるという点だけでも大きな信用となるでしょう。中でも、自店と業態が近い企業をサポートしている代行会社は、相性がいい可能性が高まります。

また、ネットショップの運営者の方などは、必ずオンライン決済に対応しているかどうか見きわめましょう。店舗型決済専門の会社と契約しても無意味です。他にも、問い合わせ時の対応の良さや、料金プランが予算と折り合うかどうかも大切です。そのような迷いに対して、適切な助言があるかどうかもよく見て決めましょう

まとめ

クレジットカード決済は、ユーザーが選ぶ決済方法では常に上位にランクインする、いまや必須の選択肢です。クレジットカードだけでなく、コンビニ決済や振込など多様な対応をしている会社もあるので、自店に合った決済代行代行会社を上手に利用してください。
ROBOT PAYMENTでは決済代行サービスを15年以上提供しております。クレジットカード決済の導入実績も多数にあり、導入事例をWEBページにて公開しております。どういった理由から導入を決めたのか、企業様の生の声をぜひ読んでみてください。

他では教えてくれないクレジットカード決済導入のノウハウを無料公開中!

2020年に向けて整備されるキャッシュレス化社会に向け、クレジットカードの利用環境構築が急ピッチで進められています。クレジットカード決済導入の過程では、スケジュールの遅延や不利な条件での契約等の失敗例は枚挙に暇がありません。今後クレジットカード決済の導入をご検討される皆様に向け、累計10,000社以上の導入ノウハウを元にしたE-BOOKを無料で配布いたします。
「はじめての人のためのクレジットカード決済入門」

     
【監修】ROBOT PAYMENT フィナンシャルクラウド事業部

ROBOT PAYMENTは請求管理業務を効率化・自動化するクラウドサービス「請求管理ロボ」や
サブスクリプションサービスに特化した決済代行サービスを提供しています。
「お金をつなぐクラウドで世の中を笑顔に」というビジョンを下にお客様に満足を提供致します。