掛売りとは?請求する時の手順や、注意すべきことを解説!

ビジネス

Facebook にシェア
Pocket


企業間取引は毎月のように多く行われるものであり、取引の都度決済しようとすると請求する側にとっても支払う側にとっても非常に煩わしくなります。
そのような煩雑な手続きを避けるために生み出されたのが掛売りによる取引です。掛売りとは商品やサービスを取引先に納入した際にその都度代金を決済するのではなく、後日まとめて代金を支払う取引方法です。掛売りは相互の信頼を基に取引が行われるため、信用取引とも言われます。
この記事では日本で発達した優れた取引方法である掛売りの請求方法、掛売りを行う際に注意すべきこと、掛売りの課題などについて解説します。

※目次※
1.掛売りの請求方法
2.企業が掛売りの際に請求書払いを選ぶ理由
3.掛売りの取り込み詐欺に注意しよう!
4.掛売りを行う際はデメリットを把握しておくことも大切!
5.掛売りの課題を解決する術とは?
6.請求まるなげロボを導入して掛売りの課題を解決しよう!
7.まとめ

掛売りの請求方法


まず、掛売りの請求方法には、クレジットカード決済と請求書払いの2種類があります。ここではそれぞれの仕組みと特徴について解説します。

クレジットカード決済

クレジットカード決済はどちらかというと企業間取引よりも個人消費者との取引に多く用いられていますが、企業間取引でもクレジットカード決済が利用されるケースは増えつつあります。
その理由として挙げられるのは、代金を決済した後の売上処理が簡便化されること、入金消し込みの作業が簡単になって決済業務の負担が軽減されること、与信審査を行う必要がないことなどです。
商材を販売する側の企業にとって利便性が高いだけでなく、代金を支払う側の企業にとっても、銀行に出向いて代金を振り込む手間や振込手数料の負担がなくなることなどのメリットがあります。

しかしながら、企業間取引におけるクレジットカード決済は年々利用のハードルが低くなってきているものの、実際的にはまだ一般的ではないのが実情です。その理由としては、一回の取引において利用できる金額の上限があり、金額の大きい取引には不向きなことが挙げられます。

請求書払い

請求書払いとは一定期間内の掛け取引で生じた売掛金を集計して請求し、後日まとめて商材の購入代金を支払うことを指し、掛け払いとも料金後払いとも呼ばれています。代金の支払いよりも前に商品やサービスを納入することから、代金をきちんと支払ってくれるのか、代金を支払う能力はあるのかといった信用度を判断(与信審査)してから取引を始めるのが特徴です。

特定の期日を決めてまとめて請求・支払いを行うことから、売り手側にとっても買い手側にとっても業務の手間を軽減できることが一番大きなメリットです。他にも、取引先の都合に合わせた支払いサイトが設定できること、コンビニや銀行振込で支払うこともできるなど種々の支払い方法に対応していることもメリットとして挙げられます。
ただし、取引先が与信審査を通過したからといって100%確実に支払ってくれる保証はなく、未回収リスクがあるのはデメリットです。

企業が掛売りの際に請求書払いを選ぶ理由


企業間取引で多く用いられている掛売りでは、多くの場合請求書払いが選ばれています。以下にその理由について解説します。

機会損失が起きにくい

掛売りによる請求書払いは、企業間取引の決済方法の中で最もニーズの高いものとして認知されています。
決済方法が現金だけに限られていると、取引先が手元に現金を持っていないと自社の商材を購入してもらうことはできません。請求書払いであれば、支払期日までに大きな金額の入金が予定されているとしたら入金分を支払いに充てられ、今すぐに現金がなくても取引ができ、機会損失が起きにくくなります。
現金決済だけに限ってしまうと、取引先が現金を得るまで新しい取引ができず商売の機会が制限されてしまいますが、掛売りで請求書払いを実施することにより、取引機会の活性化につながります。

掛売りによる請求書払いは日本の企業間取引では一般的な商習慣として浸透しており、取引先にとっては資金繰りに余裕を持てることから大きな取引も可能です。

販売単価の向上

先にも少し触れましたが、クレジットカード決済では取引できる金額に上限があり、大きな取引をするのには向いていません。法人向けのクレジットカードであれば個人向けのクレジットカードよりも利用限度額が高くなっていますが、それでも高いものでも300万円程度です。現金決済にするとしても、今すぐに支払える資金の範囲内でしか取引ができません。

請求書払いであれば与信審査の結果で取引額の上限が設定される可能性はあるものの、取引できる金額の幅は広くなり、買い手側にとっては単価が高い商品やサービスを購入しやすくなります。

掛売りの取り込み詐欺に注意しよう!


掛売りは相互の信用に基づいた取引ですが、それにつけ込んだ取り込み詐欺に注意する必要があります。以下に取り込み詐欺の手口や防衛手段について解説します。

取り込み詐欺とは?

取り込み詐欺の典型的な手法は、相手を信用させてから大きな取引を持ちかけて商品を受け取り、代金を踏み倒して行方をくらますというものです。パソコン、タブレット端末、プリンター、テレビなどの電化製品や、米や肉などの食品類など、換金性の高い商品が特に多く狙われます。

具体的な手口としては、まず休眠状態になっている会社の権利を買い取るなどしてダミーの会社を設立し、実存する会社と見せかけて狙いを定めた企業に近づきます。次に現金払いで少額の取引を持ち掛け、何回か取引を行います。
現金による取引実績を重ねた後、掛け取引をしても大丈夫だと企業が信用したら最終段階です。今までは取引していなかったような大口の取引を掛売りで行うよう要求し、高額な商品を納入させ、支払いをすることなく商品を持ち逃げします。

取り込み詐欺はパクリ屋とも呼ばれ、資金繰りに困っている企業や取引が縮小して悩んでいる企業などの隙に付け込んできます。少しでも怪しいと思ったら取引をしないように注意が必要です。

取り込み詐欺から会社を守るために行うべきこととは?

取り込み詐欺の被害から会社を守るために行うべきこととしては、相手企業の商業登記を確認することや信用調査会社を使って相手企業の業況などを確認することが有効です。商業登記を見て会社の設立時期が最近だったり、事業目的が曖昧な表記になっていたり、換金性や流通性の高い商品ばかりを中心に取り扱っていたりしていたら注意が必要です。

信用調査会社を使った調査では、相手企業の財務内容、代表者情報、取引先情報などを調べ、実態のある企業活動を行っているか、資本金や売上などに不審な点はないかなどをチェックします。この他にも、電話によるやりとりでは不信感が払しょくできないのであれば直接訪問して会社として実態のある事務所を持っているのか、従業員は存在して実際に働いているのかなどを確認するといいでしょう。

掛売りを行う際はデメリットを把握しておくことも大切!


掛売りは事業の促進に有効ですが、デメリットもあります。以下に具体的なデメリットの例について解説します。

貸し倒れリスクの可能性がある

掛売りのよる取引の中で最も大きいリスクと言えば貸し倒れでしょう。企業間取引での掛売りは請求の仕方や支払いの方法などを文面で取り交わす正式な契約に基づくものですが、拠り所とするのは相互の信頼関係です。必ず代金を支払ってくれるだろうと信用して取引をしていても、取引先の業績が悪化するなどすれば入金遅延を重ねた後に貸し倒れとなってしまうリスクは常に存在します。

掛売りでは、100%確実に代金を支払ってもらえる保証はないことを念頭に資金繰りを計画する必要があります。売掛金が予定通り入金されることを前提に経費の支払いや人件費の支払いなどを計画していた場合、売掛金が貸し倒れになると資金繰りに行き詰まってしまい、最悪の場合は倒産に至りかねません。

与信管理業務に手間がかかる

掛売りにおける貸し倒れなどのリスクを軽減する方策として与信管理があります。与信管理とは、取引先の資本金、売上、取引先、主要取引銀行などを聞き取り調査したり、会社四季報やホームページで公開されている財務状況などを調べたりして信用度を測るものです。新規相手先と取引を開始する前には、取引先ごとに設定した与信基準に沿って信用できる相手かどうかを判断します。
信用度調査は少なからず手間と時間を要するものであり、厳しい与信基準を設定すればさらに厳しい調査をせねばなりません。

また、与信管理は取引開始前だけではなく、取引を開始した後も定期的に実施することが大切です。取引を開始してから時間が経てば取引先を取り巻く環境も変わるため、例えば1年に1回といった頻度で与信管理を見直す必要があります。ただし、与信調査に要する手間やコストが、行おうとしている取引に見合うだけの価値があるかどうかを必ず見極めましょう。

掛売りの課題を解決する術とは?


掛売りの課題を解決する方策として、ファクタリングや請求代行の活用があります。ここではそれぞれの方法の特徴について解説します。

ファクタリング

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリングサービス提供会社に売却することによって売掛金を早期に現金化する資金調達方法のことです。銀行から融資を受けるのとは異なり、担保の設定をする必要もありません。ファクタリングを利用するには審査が必要ですが、掛売りをしている取引先の信用力が審査対象となることから企業規模が小さくても審査に通りやすいのが特徴です。自社が赤字を出していたり、債務超過に陥っていたり、税金を滞納したりしていても利用できます。

ファクタリングは売掛債権の売買契約を締結して利用するものであり、売買契約に伴って負債が増えることもありません。ファクタリングの利用には自社や取引先の信用度に応じた手数料がかかりますが、売掛債権を期日よりも早い段階で現金化したい、確実に現金化したいといった場合には有効な方策です。

請求代行(掛け払い保証)

請求代行は、請求にまつわる業務の一部もしくは全部を代行するサービスです。請求業務には、与信管理、請求書作成・発行・発送、代金回収、入金消し込み、督促などがあり、一部を代行依頼するだけでも請求業務の効率化に効果があります。請求業務を全て代行依頼すれば、請求業務担当者がすることは請求データを提供することと、請求代行サービス会社からの入金を確認することの2つだけです。

請求代行サービスには掛け払い保証が付属していることが多く、この保証を利用すれば焦げ付きや貸し倒れで売掛金が未回収になっても請求代行会社が保証してくれます。通常の取引では売掛債権の未回収リスクを考慮して保守的な資金繰り計画を立てますが、掛け払い保証があれば売掛金が予定通りに入ってくることを前提に事業計画を立てることが可能です。

請求まるなげロボを導入して掛売りの課題を解決しよう!


信頼できる請求代行サービスをお探しなら、さまざまな業種で導入実績のあるROBOT PAYMENTの請求まるなげロボにぜひお任せください。請求まるなげロボは取引開始前の与信審査から始まって、請求書発行・送付、集金、入金確認、入金消し込み、督促に至るまでの全ての請求業務をお任せいただけるサービスです。請求業務の手間と未回収リスクをゼロにすることが可能で、経理担当の方が請求業務に月平均約80時間費やしていたのが0時間になります。

与信・請求・回収の状況は、1つの請求管理プラットフォームでいつでも即時に確認することが可能です。経理担当の方がするのは月に1回請求データをCSVファイルでアップロードするだけで、後は入金を待っていれば全ての作業が完結します。
入金遅延や貸し倒れが発生した場合でも、弊社の審査を通過した債権であれば100%入金を保証するため、未回収リスクに保守的になることなく積極的な事業展開が可能です。

まとめ

掛売りは請求業務の効率化を実現し、大きな金額でも取引可能となることがメリットです。掛売りにおいは確実な請求と代金回収が、健全なキャッシュフローと資金繰りの鍵と言っていいでしょう。掛売りによる取引のメリットを最大限に活かして事業の成長を促進させるためには、業務負担増加や未回収リスクなどのデメリットに適切に対処していくことが大切です。

請求業務の課題を解決し、リスク回避を図るならROBOT PAYMENTの請求まるなげロボの導入をぜひご一考ください。請求まるなげロボは請求業務の大幅な効率化とリスクヘッジを可能にし、事業発展のための頼れるパートナーとしてお役に立ちます。

     
【監修】ROBOT PAYMENT フィナンシャルクラウド事業部

ROBOT PAYMENTは請求管理業務を効率化・自動化するクラウドサービス「請求管理ロボ」や
サブスクリプションサービスに特化した決済代行サービスを提供しています。
「お金をつなぐクラウドで世の中を笑顔に」というビジョンを下にお客様に満足を提供致します。