経理システムとは?メリットや選び方を解説 | 請求管理なら「 請求管理ロボ 」

経理システムで業務を自動化

経理の事務作業をクラウド上で行い、業務効率を向上します。

経理システムとは?

【機能別】全体イメージ

経理が管理する情報システムは、財務/管理会計システム(勘定奉行、弥生会計等)に集約する形で設計されています。 経費精算システム、資産管理システム、予算管理システム、請求管理システムなどの情報は、最終的には会計システムに統合されます。

経理システム全体イメージ

経理システムの機能

会計システムの機能を大きく分けると、【財務会計機能】【管理会計機能】【債権管理機能】の3つに分かれます。 その中で主な機能は下記になります。

・帳簿入力機能 → システム上で帳簿入力ができます。
・伝票入力機能 → システム上で伝票入力ができます。
・仕訳機能 → システム上で仕訳できます。
・請求支払管理機能 → 請求管理ができます。
・受発注管理機能 → 受発注の管理ができます。
・経営分析機能 → 記録されたデータを元に分析できます。
・予実管理機能 → 予実管理ができます。
・経費管理機能 → 営業経費を管理できます。
・請求書作成機能 → 請求書を作成できます。
・決算書作成機能 → 決算書を作成できます。

経理システム導入のメリット

社内の重要な情報をクラウドに集約

債権管理、請求書発行、売上仕訳などの業務プロセスで必要な情報をクラウドに集約。 経理システムを通じて欲しい情報にすぐアクセス、レポーティングすることができます。

経理システムの情報管理

企業の成長を支える経理のために

経理は社内のお金に関する情報が集まります。他部署と連携する仕組みを作ることで、スピーディかつ正確な経営データの取得と活用で経営状態が把握できるようになります。
経理システムを活用することで、情報共有を円滑になり、管理会計(経営の意思決定へ参画、節税対策のプランの組立て、税務リスクの判断、キャッシュ・フローを安定させるBIシステムの導入)が容易となり、 経営課題や業務効率化に大きな効果を発揮します。

詳細をみる

経理業務の自動化

経理のルーティンワークを削減するためのシステム化で業務を自動化。 業務効率化の他に正確性の向上・ペーパレスによるコスト削減などメリット多数。

経理システムの請求件数と業務時間

経理業務をより「正確」に「スピーディー」に

経理は会社経営の「利益」を生み出すお金を管理する重要な役割です。多くの利益を生み出すためには、より多くの取引数、取引量を正確に管理する必要があります。しかしアナログな管理だと請求件数が増えるにつれ、業務時間も増加します。
経理システムを活用することで、より多くの取引を効率化し、クラウドで管理することにより煩雑なアナログ管理から脱却することができます。経理業務の自動化に大きく貢献します。

詳細をみる

経理システムの導入

これからの経理に求められるスキル

システム知識が必要となる経理スキル

会計+ITの導⼊/運⽤スキル

経理のスキルは情報システムに近いものへと変化していきます。 作業の積み重ねや経験よりも幅広い業務の削減実績やレポーティングの仕組みを構築するスキルを問われることになります。 こうした変化は、既に現実のものとなり、会計の専門知識を活かし、経費精算・伝票⼊⼒・仕訳・書類の電子化を推進する役割を経理が担うケースが見られています。

【事例】経理システムの導入事例

経理システム導入事例・株式会社アシロ
株式会社アシロ
取締役CFO 川村悟士 様
管理部 経理チームリーダー 小林知直 様

勘定奉行と連携し、仕訳作業無しで会計システムとの残高状況が一致するようになりました。 請求管理ロボと会計システムを見れば、相手先別の入金額や債権残高について、請求から会計まで整合性がとれているか確認できます。

まずは請求業務をシステム化しませんか?

受付時間:平日9:00〜18:00(年末年始を除く)