チャージバックとは? | 企業のお金とテクノロジーをつなぐメディア「Finance&Robotic」

COLUMN

チャージバックとは?

クレジットカード決済

Facebook にシェア
Pocket

オンラインショップ運営で知っておきたい「チャージバック」とは

クレジットカード決済はオンラインショップの支払いで最も利用される決済手段ですが、便利な一方でリスクもあることをご存じでしょうか。

その一つが「チャージバック」です。
チャージバックとは、不正利用などを理由にクレジットカード所持者がその利用代金の決済に同意しない場合、クレジットカード会社がその売上の取り消しを行うことです。カード所持者は利用代金が返金されますが、加盟店は商品を発送済みの場合その商品代金の受け取りができないといった被害が発生します。

ここでは、チャージバックのリスクを防ぐために、オンラインショップ事業者が知っておきたい、クレジットカードの不正利用と「チャージバック」について説明します。

クレジットカードの不正利用の現状

日本クレジット協会によると、クレジットカード不正利用の金額は年々増加傾向にあります。(参考:「一般社団法人日本クレジット協会」)

期間 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
被害額 120億円 142億円 236億円 235億円 273億円

クレジットカードの不正利用は主にECサイトで行われています。その理由は、クレジットカード情報の漏洩・流出が背景にあり、ECサイトでは実物のカードがなくても決済が行うことができるからです。ECサイトでの決済で必要となる基本情報は主にクレジットカード番号と有効期限で、財布を落としカード情報が流出してしまうのとは別にフィッシング詐欺、スキミング、PCウィルス等でカード情報を抜き取ることで不正に利用されているというのが現状です。

チャージバックとは

不正利用などを理由に本来のクレジットカード所持者がその利用代金の決済に同意しない場合、クレジットカード会社がその売上の取り消しを行うことがあります。これが「チャージバック」です。

チャージバックは商品・サービスの未提供や著しい品質不良などを理由に発生するケースもありますが、通常のオンラインショップ運営で最も危惧すべきは、「第三者による不正利用」を理由に発生するケースです。
チャージバックは、クレジットカード所有者を不正利用の被害から保護するものになりますが、加盟店は商品を発送したにも関わらず入金がされないことになり、結果として損害が発生してしまいます。また、クレジットカード会社への調査協力など労力もかかってしまうことになります。

不正利用によるチャージバック発生の流れ

➀なりすましなどによりクレジットカードの不正利用が行われ、身に覚えのない請求を受けたクレジットカード所持者は、クレジットカード発行会社に対して請求の取消を依頼することができます。
➁クレジットカード所持者の依頼を受けて、クレジットカード会社は該当の取引の調査を行います。
➂調査により不正利用が判明すると、クレジットカード所持者の口座へ利用代金の差し戻し(リファンド)が行われ、加盟店であるオンラインショップはその分の金額をクレジットカード会社へ返金しなければなりません。実際には、ほかの取引の金額から該当取引分の金額が差し引かれて入金される形になるでしょう。

チャージバックを防ぐには?

オンラインショップ運営で知っておきたい「チャージバック」とは

クレジットカード会社がチャージバックが確定した場合、基本的に加盟店は拒否することができません。そのためチャージバックの理由となる不正利用を未然に防ぐことが、自衛策となります。

セキュリティコード

クレジットカードの裏面(American Expressは表面)に記載されている3~4桁の数字を「セキュリティコード」といいます。決済時に入力するのでクレジットカードが決済者本人の手元にあると確認することができます。クレジットカードの磁気ストライプやICチップにはセキュリティコードの情報が記録されていないので流出が一定程度防止されており、不正利用の防止に効果があります。

3Dセキュア

VISA、Mastercard、JCB、AMEX といった4ブランドが推奨する本人認証サービスです。決済時にクレジットカード番号や有効期限のみでなく、本人しか知らないIDやパスワードを必要とするため、「なりすまし」による不正利用を未然に防ぐことができます。

加盟店は上記のような対策をとることで、安心なクレジットカード決済環境を構築しているサイトとして、お客様からの信頼につなぐこともできます。チャージバック発生を回避するためにも、オンラインショップのセキュリティ向上は重要であると認識しておきましょう。

導入実績1万2000社以上 ROBOT PAYMENTの「クレジットカード決済」はこちら

 
  • サブスクリプションビジネス向け決済入門セミナー サブスクリプション決済入門セミナー

  • 小泉孝太郎さん出演
    請求管理ロボ・動画CM公開中