与信とは?与信管理をしっかりと行い取引先からお金を回収しよう! | 企業のお金とテクノロジーをつなぐメディア「Finance&Robotic」

COLUMN

与信とは?与信管理をしっかりと行い取引先からお金を回収しよう!

請求業務

Facebook にシェア
Pocket

会社の経営者にとって取引先から確実にお金を回収することは非常に重要な課題です。そのためには、取引先の与信をしっかりと調査する必要があり、これを怠ると自社に悪影響が生じる可能性があります。
そこで以下では、与信や与信管理といった用語の意味を説明するとともに、具体的な管理方法やその重要性について見ていくことにします。

与信とは

まず最初に、与信というのは、取引先と何らかの取引を行う際に、その代金を回収するまでの間に相手方に対して信用を付与することをいいます。商品やサービスの提供と同時に代金が支払われる場合には与信が問題となる場面はないのですが、商品の納品やサービスの提供完了から売掛金を回収するまでの間にタイムラグがある場合には、回収が終わるまでの間は、取引先を信用する必要があります。

与信管理とは

次に、与信管理というのは、売掛債権を有する取引先から代金を回収できなくなるリスクを可能な限り排除し、軽減するために行う活動をいいます。取引先に対する与信に一定の限度額や与信枠を設け、相手方の債務の履行状況に応じて、定期的にその規模を見直すという活動が典型的な与信管理の方法です。
与信管理を行う際には、何となく信用できそうな相手に見えるといったような感覚に頼るのではなく、しっかりとした与信調査を行ったうえで、取引を行うかどうかやどの程度の与信限度額を付与するかを判断する必要があります。そのうえで、取引を継続的に行うことができ、かつその間、特段債務不履行に該当するような行為が見受けられないような場合には、最初に付与した限度額や与信枠を徐々に増やしていけばよいのです。

与信管理の重要性

この与信管理は、ビジネスを行う上で必要不可欠と言っても過言ではないほど重要な活動です。もし取引先が売掛金の支払いを行わないまま法的倒産することになってしまった場合、それを回収するのは非常に困難となります。かつては倒産といえば、夜逃げなどが主流であり、残された資産を用いて売掛金の一部を回収できるケースが少なくありませんでしたが、それはすでに過去の話です。法的倒産がメインとなった状況においては、取引先が倒産してしまったら全く売掛金が回収できないという場合も珍しくなくなっているのです。そのため、倒産するようなところと取引しないようにするために、従来以上に与信管理の重要性は高まっています。
なお、企業の中にはコストを減らすためにあえて手形の交換を行わないところがあります。そのような企業は増える傾向にあり、手形の交換が行われないと仮に支払いが遅れても不渡りとしては扱われないので、この点に注意が必要です。

【おすすめ】与信管理から請求業務までをアウトソースしませんか?
売掛金の100%保証を実現 請求管理ロボ まるなげオプション!

与信管理の方法

ここまで与信管理の重要性について説明してきましたが、実際に与信の管理はどうやってすればよいのでしょうか。与信管理を行う際には、主に与信の対象となる取引を承認前と承認後の2つの段階に分けて考える必要がありますので、以下ではそれぞれの段階の管理の仕方を見ていきます。

・与信調査をして承認する

まず、与信の対象となる取引を承認する前には、取引先の与信調査を行うべきです。調査は様々な方法で実施可能ですが、一般的によく用いられるのは、取引先が公にしているデータを利用して自社で調査する内部調査や、取引先を直接訪問して調査を行う直接調査、第三者の信用調査機関などが保有しているデータベースを活用して調べる外部調査の3つです。
多くの企業は決算書や事業報告などを公表していますが、そういった資料に含まれている定量的な数値や定性的な情報などだけではなく、その他、数値では判断できない情報もチェックして、本当に信用して取引して問題ないかどうかを判断するようにしましょう。信用に足りると判断したら、与信限度額を決めて、取引するための契約を結ぶことになります。

・与信取引後も管理する

与信管理は、与信限度額を決定して取引を開始した後も必要なくなるわけではありません。取引先の経営状況は時々刻々と変わりゆくため、しばらく確認していない間に急激に経営が傾いていたということのないように普段からしっかりとモニタリングしなければならないのです。
売掛金が焦げ付くリスクを低減するためには、相手方が支払いを怠らないように支払日に確実に請求書を送ったり、支払遅延時には督促する必要があります。また、支払い期日前に追加で次の取引が発生するという場合には、売掛金が与信限度額を超過してしまわないように、しっかり管理していきましょう。もし支払いがスムーズに行われないような場合には、改めて信用情報を集めて取引先のデータを更新し、必要に応じて与信限度額を見直すことも大切です。もし取引先の信用状況が思わしくないのであれば、貸し倒れるようなことにならないよう集中的に管理しなければなりません。

与信管理をしっかり行いリスクを回避しよう

以上の説明を一通り読んだ方は、会社を経営するうえでいかに与信管理が重要であるかが分かったのではないでしょうか。与信管理を怠ると、取引先から売掛金が回収できなくなり、最悪の場合、取引先と一緒に自社も連鎖倒産する羽目になりかねません。そのようなことにならないよう、取引先の与信管理は念には念を入れて行うべきなのです。

 

小泉孝太郎さん出演
請求管理ロボ・動画CM公開中