売掛管理 | 請求管理・請求業務のクラウドシステム「 請求管理ロボ 」

売上・売掛金の管理

法人間の取引では、得意先ごとに送付した請求書から売上の計上、代金回収まで一貫して追跡しなければなりません。 例えば、現在取引先毎にどれくらいの売掛金があって来月に予定される入金はいくらあるのか、信用リスクが存在するのかなどを常に把握する必要があります。 未入金がそのまま回収不能になり貸し倒れることがあれば、企業にとってそのまま損失となってしまいます。

売掛金管理の重要性について

売掛金とは商品を売り上げた際、代金未回収分の金額のことであり、一般的に法人間での取引では必ず発生するものとされています。 そのため、債券残高をきちんと管理し売掛金をもらさず回収することは、経営上、重要であると言えます。 しかし、売掛債権の回収管理に十分な数の人員が配分されておらず、また入金日が月末月初などに集中するため経理担当に大きな負担が掛かっています。 システムを導入することで、業務の効率化を検討してみてはいかがでしょうか。

売掛管理システムで省力化すべき業務内容

売掛金回収に伴う作業は大まかに4つのStepで行われています。

  1. 請求書を発行
  2. 代金回収(銀行振込、口座振替、クレジットカード決済など)
  3. 入金確認、入金記帳
  4. 請求金額と差額が生じた場合は個別対応

上記のような売掛金管理業務を徹底するためには、請求先単位での入金期日はもちろん、得意先ごとに売掛残高がどの位あるかなど、把握すべきことは多くあります。また催促を行う場合は経理と営業が常時情報を共有しておく必要があります。請求管理ロボなら、請求書(請求明細)の発行機能はもちろん、販売管理システムと連携し、入金確認(消込)作業を自動化。売掛金回収の一連の処理を全社ベースで管理することが可能です。

売掛回収3つのポイント

売掛管理のシステム化で未入金を「0」に
回収漏れが一目で分かる!迅速な対応が可能に