前受金と売掛金を徹底解説!基本から相殺処理の仕訳まで!

請求業務

Facebook にシェア
Pocket


経理関係の業務にはさまざまな勘定科目が登場し、前受金と売掛金など定義が似ているものが多くあるため、混同してしまうこともあるでしょう。正確でスピーディな処理が求められる経理業務において、瞬時に適切な勘定科目へ振り分けていくことは重要なスキルです。そこでこの記事では、前受金と売掛金に注目し、それぞれの意味や使い方を解説します。前受金と売掛金の相殺処理の仕訳についても具体例を用いてお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

※目次
1.売掛金と前受金の基礎知識
2.前受金と売掛金の相殺処理
3.煩雑な前受金・売掛金の処理は「請求管理ロボ」で正確に処理しよう!
4.まとめ

売掛金と前受金の基礎知識


まず、売掛金と前受金についてそれぞれの定義を確認しましょう。ここでは、違いについても分かりやすく解説します。

売掛金とは

売掛金とは、商品の販売やサービスの提供など顧客との通常の営業取引で生じた代金のうち、まだ集金できていないものを計上する際に使う勘定科目です。具体的な例としては、請負代金の未収分・売却代金の未収分・サービス料の未収分などが該当します。売掛金の仕訳における勘定科目は、資産の部の流動資産に分類されます。そのため、取引先からの代金支払いが完了すれば売掛金はなくなります。

また、売掛金の発生では手形のように証書は発行されません。したがって、信用がないと成り立たない取引形態であることから、信用取引に区分されます。そのため、実際に取引によりお客様に商品やサービスなどが引き渡された時点で売掛金の仕訳を行うのが原則とされています。売掛金を取り扱うことが多い業界としては、サービス業・卸売業・製造業などが挙げられます。

前受金とは

前受金は将来的に売上高となるべきお金を事前に受領した際に用いられる勘定科目です。例えば、商品や材料をお客様に販売する際に代金の一部または全部の商品を納入するよりも以前に受け取るケースがあります。この事前に受け取ったお金は手付金(内金)と言われますが、前受金に該当します。

実際には不動産取引などの高額な契約を行う場合に前受金はよく用いられます。これは、商品の引き渡し前に一部の代金を受け取っておくことで安心して取引を行うことができるためです。ほかの前受金の例としては、工事代金の前受け・販売代金の前受けなどが挙げられます。

注意点は、前受金は金銭を受領していますが、勘定科目上は負債に分類されることがある点です。これは前受金を受け取った側は依然として商品やサービスの引き渡し義務を負っているためです。また、前受金で処理した後は、商品を納入したら売上高という勘定科目に振り替え処理を行う必要があります。

売掛金と前受金の違い

それでは、売掛金と前受金の違いを改めて整理してみましょう。売掛金は商品やサービスを提供した際に料金を回収できておらず、後で受け取る代金を指します。一方で前受金は商品やサービスを提供する前に事前に受け取った代金を指します。売掛金と前受金を見分けるポイントは代金を受け取るタイミングです。代金の受領の状態を確認して、売掛金か前受金を判断しましょう。

実際の業務では、顧客から代金が入金された際に、入金時の伝票日付と売上計上時の伝票日付をよく確認しましょう。例えば、月末時点で入金時の伝票日付と売上計上時の伝票日付を比較したとします。もし、入金時の伝票日付が売上計上時の伝票日付より前の日付であれば、その代金は前受金です。反対に、売上計上時の日付が先の場合は売掛金に対しての入金となります。

請求管理ロボ

前受金と売掛金の相殺処理


売掛金と前受金は相殺処理も可能です。ここでは、具体的な例を出しながら実際の仕訳を解説します。

相殺処理の考え方

売掛金と前受金が同時に発生してしまった場合、貸借対照表ではどのよう処理すれば良いでしょうか。ここでポイントとなるのが相殺という考え方です。売掛金と前受金は、民法上は当事者の意思表示によって相殺することのできる決済です。この相殺を行うための具体的な条件は2つあります。1つ目は同一企業に対する売掛金と買掛金が同時に存在していること、2つ目は同一人物に対する貸付金・借入金・未払い金が同時に存在していることです。

そして、実際に相殺を行った場合は、売掛帳であれば支払時の概要欄に相殺と記載しましょう。また、前受金と売掛金の相殺を行わない場合は、売掛金は売掛金、前受金は前受金として管理し、帳簿上では両建てにして代金のやり取りを行います。

相殺処理の仕訳例

例えば、5,000円の商品を取引しているA社があり、手付金として現金3,000円を受け取っているとします。またB社からA社にも同時に商品の販売をしているとします。まず、手付金を受け取った時の仕訳は「借方:現金3,000円、貸方:前受金3,000円」と記載できます。

続いて、A社にB社の3,000円の商品を販売し、その代金は後日支払う掛け取引にしたとします。仕訳は、「借方:売掛金3,000円、貸方:現金3,000円」と記載できます。ここではじめて、同一企業に対する売掛金と買掛金が同時に存在しているという条件を満たしているので、相殺処理を行えます。

相殺時は、「借方:買掛金3,000円、貸方:売掛金3,000円、概要欄:相殺処理を実施」この処理を行えばA社とB社はお互いに代金の回収や支払いを減らせるので、手間がなくなりスムーズに取引を行えるでしょう。

煩雑な前受金・売掛金の処理は「請求管理ロボ」で正確に処理しよう!

請求管理ロボ
前受金や売掛金などの経理の処理は手間がかかり負担の大きい業務です。少しでも効率的に仕事を進めたいとお悩みの経理担当者も多くおられるでしょう。経理業務をミスなく効率的に行いたい方は、ぜひ請求管理ロボの活用をご検討ください。

請求管理ロボは請求管理や債権管理を1つのシステムで行えるクラウドサービスで、500社以上の企業で実際に導入されています。請求管理ロボは請求・集金・消込・催促など面倒な業務をすべて自動化します。さらにSFA/CRMや会計ソフトとのデータ連携もできるので、情報の入力も簡単です。請求管理ロボを活用すれば、今までの経理業務の常識が大きく変わるでしょう。

経理担当者の中には、「月末月初は請求業務が溜まって処理が追い付かずに大変」とお悩みの方もおられるでしょう。また、経営者にとっても、請求漏れや未入金が発生し回収できていない売掛金があることは、キャッシュフローの悪化を招き、事業の継続が危ぶまれる事態を招きます。そうしたすべての悩みや課題解決に請求管理ロボは役立ちます。

実際に、大手企業から中堅・中小企業まで請求管理ロボを導入いただいたお客様は、大幅な業務効率化を実現しています。実際に請求管理ロボを導入したことで、丸2人日の業務がたった3時間で処理できたり、請求件数が15倍になっても今までと同じ作業時間で対処できたりと業務の効率化に成功しています。

ぜひ請求管理ロボを導入して、煩雑な経理処理をスムーズに終わらせましょう。

まとめ

売掛金と前受金は似ている経理用語ですが、判別に迷った際は代金を受け取るタイミングから整理してみましょう。また、前受金と売掛金が同時に存在する場合は相殺処理もできますので、併せて覚えておくと良いでしょう。

経理業務は正確さが求められる多くの業務をルーティンワークとして処理しなくてはなりません。そして、組織が成長すれば、経理業務も比例して多くなります。経理業務の効率化を実現したい方は、請求管理ロボの導入をぜひご検討ください。

     
【監修】ROBOT PAYMENT フィナンシャルクラウド事業部

ROBOT PAYMENTは請求管理業務を効率化・自動化するクラウドサービス「請求管理ロボ」や
サブスクリプションサービスに特化した決済代行サービスを提供しています。
「お金をつなぐクラウドで世の中を笑顔に」というビジョンを下にお客様に満足を提供致します。