API連携 | 請求管理・請求業務のシステム(ソフト)なら「 請求管理ロボ 」

ご利用中のSFA/CRMの
「足りない」をカバーするAPI連携

Salesforce®やkintoneなどで見込み客や商談の情報を取り込み、
請求書の送付や入金消込など契約後のプロセスにおける業務管理にお使いいただけます。

Salesforce® API連携

契約までの顧客とのやりとりはSalesforce®で、契約後の継続課金や請求・集金管理は請求管理ロボで。
二つのシステムがつながることで、別部署、別部門で管理されている情報に、いつでもアクセスできます。

Salesforce IVSパートナー

Salesforce®から請求メールを配信、決済、入金を確認

請求管理ロボ Salesforce® API連携は、人に代わって毎月発生する請求・集金・消込・入金催促業務を行う、請求管理ソリューションです。 Salesforce®のデータベースに登録された顧客情報を元に、金融機関と連動したロボットが売掛金を自動で回収。入金結果をSalesforce®上で確認するだけであなたの業務は終わりです。

詳細をみる

kintone API連携

請求管理ロボットがkintoneと連携。 kintoneの顧客データベースをもとに、ロボットが継続的に自動請求。
開発やオペレーションの負荷なく様々な料金プランを採用することができます。

kintoneロゴ

ミスの多発にお困りの方にも必見のクラウドサービスです。

お金にまつわる業務にミスや漏れは許されません。顧客ごとの売掛金や入金期日もkintone上で管理、請求業務をオートメーション化しましょう。 請求業務は請求書の作成から封入、投函までの一連の業務が全て手作業である上、 月末月初に膨大な数が集中するため、正確性も失われています。人間には向いていない機械的な作業は、ロボットに任せてしまいましょう。

詳細をみる

Zoho API連携

ビジネスは売って終わりの時代は終わりを告げました。
請求管理ロボとZoho CRMのAPI連携で、顧客が顧客を呼び、さらなる利益をもたらす仕組みづくりを始めましょう。

ZohoCRMロゴ

複雑な継続課金オペレーションが、Zoho CRMでシンプルに。

サブスクリプション(継続課金型)ビジネスモデルの場合、顧客ごとに異なる周期や方法で、請求、集金、消込、入金催促といった、複雑な業務をミスなく繰り返し処理する必要があります。 請求管理ロボ for Zoho CRMなら、ロボットが顧客の好みを記憶し請求業務を代行。あなたは結果を確認するだけです。 詳細をみる

請求管理ロボについてもっと詳しく
知りたい方はこちらから

受付時間:平日9:00〜18:00(年末年始を除く)