インボイス制度の廃止案が挙がる要因とは?廃止の可能性や対策なども紹介

請求業務

Facebook にシェア
Pocket

2023年10月1日から消費税の仕入税額控除の方式が「適格請求書等保存方式(インボイス制度)」に変更され、すでに運用が開始されています。しかし、制度導入後も特に中小企業を中心に経営への悪影響を懸念する声は高まっており、野党から制度の廃止を求める動きも出ています。

この記事では、インボイス制度の何が問題視されているのか、廃止の可能性はあるのか、さらには免税事業者・課税事業者それぞれの立場から見た具体的な対策などについて、詳しく解説していきます。

インボイス制度の廃止・延期案が挙がっている要因


ここでは、インボイス制度の問題点や廃止の声が上がる理由を、免税事業者・課税事業者それぞれの視点から解説していきます。

免税事業者への影響

買い手側の事業者が仕入税額控除を受けるには、インボイスが必要です。しかし、インボイスを発行できるのは課税事業者に限られます。そのため売り手が免税事業者のままでは、仕入税額控除が受けられなくなることを理由に、取引先から契約を打ち切られる可能性が出てきます。あるいは打ち切られないにしても、見返りに消費税分の値引きを要求されるかもしれません。

課税事業者になって取引先との関係性の継続を図ることもできますが、そうなると以後は消費税を納めなければならなくなります。これまで丸々利益にできた消費税分が手元に残らなくなることでもたらされる収入減は大きな痛手となるでしょう。特に年間の売上高が1,000万円未満のフリーランスの方や個人事業主の方にとっては、経営の圧迫による廃業や経営破綻にもつながりかねません。

課税事業者への影響

インボイス制度の導入は、課税事業者にも大きな影響を及ぼします。
第1に、経理業務の負担増です。買い手は、売り手から受領した請求書がインボイスの基準を満たしているかを都度確認していかなければなりません。また、納税額の算出もインボイスに記載された消費税額を基に行うことになります。作業が増えることに加え、業務フローの変更が必要になる場合もあるでしょう。

第2に、コストの増加です。既存の会計システムがインボイス制度に未対応であれば、システム改修や新システム導入に伴うコスト負担が避けられません。さらに、先に述べた経理業務の負担を解消するために人員の補充が必要になれば、その分人件費もかさみます。このようなコスト増加は、インボイスを交付する側にもインボイスを受領する側にもどちらにも起こりうる懸念と言えます。

今後インボイス制度はどうなる?どう対応すべき?

このような状況を踏まえると、事業者としては政府の動向を注視しつつ、制度への理解を深め、適切な準備を進めておくことが大切です。万が一、制度の変更や廃止があった場合でも、迅速に対応できるよう備えておくことが求められます。

それでは、免税事業者と課税事業者それぞれの立場から、具体的にどのような対応が必要になるのか見ていきましょう。

インボイス制度は今のところ廃止の予定なし

現時点では、政府はインボイス制度の普及スケジュールを予定通り進める構えを見せており、少なくとも廃止を検討している様子はありません。

しかし、インボイス制度への不満や懸念は導入前から高まっており、2022年6月10日には野党4党共同でインボイス制度の廃止などを盛り込んだ議員立法「時限的消費税減税法案」が提出されました。運用開始後の現在も中小企業を中心に経営への悪影響を問題視する声が根強く、フリーランスや小規模事業者などで作る団体から制度の中止や延期を求める署名も提出されています。今後、こうした声の高まり次第では、政府の方針に変化が生じる可能性も皆無ではないと言えるでしょう。

インボイス制度の問題に対してどう対応すべきか

<免税事業者の対応>

免税事業者の方は、取引先との交渉を早期に始めることをおすすめします。継続的な取引を行っている先には、インボイス発行事業者の登録申請予定の有無を事前に確認し、課税事業者への移行が難しい場合は価格交渉を行うなどの対策を立てておく必要があります。

また、取引先との関係継続のために課税事業者へ移行するか、免税事業者のまま価格交渉などを行うかの判断も求められます。免税事業者がインボイス制度に対応する方法や請求書の書き方は、こちらのの記事で詳しく解説しています。

免税事業者がインボイス制度に対応するには?対応方法や請求書の書き方を解説

複数の選択肢を想定したシミュレーションを行い、経営判断の材料を整理しておくことをおすすめします。

免税事業者はインボイス制度で取引停止になる?下請法や独禁法との関係を解説

<課税事業者の対応>

一方、課税事業者の方は、インボイス制度に対応した会計システムの導入や改修、必要に応じた従業員教育などを計画的に実施していきましょう。取引先に免税事業者が多い場合は、取引価格の見直しについて事前に協議を行い、円滑なインボイス発行ができる体制を整えることも重要です。

インボイス制度とは?課税事業者・免税事業者双方への影響なども紹介

適格請求書発行事業者とは?インボイス制度や登録手順をわかりやすく解説

インボイス制度に対応した請求書の発行・管理は請求管理ロボにお任せ!

インボイス制度が開始された後の経理業務、請求書の発行・管理業務においては、授受した適格請求書の保存については電子化したうえで、システムで管理していくのがおすすめです。数ある請求管理システムの中から何を選ぶべきかお悩み中の担当者様は、株式会社ROBOT PAYMENTが提供する「請求管理ロボ」のご利用をぜひご検討ください。

請求管理ロボは、毎月の請求業務を約80%削減するクラウドサービスです。請求書の発行から集金、消込、催促までのフローの自動化により、入金消込の煩雑さからの解放と回収率の向上が実現します。また、会計ソフトとの仕訳連携を図ることで、会計業務を効率化できます

定期的なアップデートによる最新機能の常時提供も、請求管理ロボの特長の1つです。インボイス制度開始時の新フォーマットへの自動対応はもちろん、発行したインボイスについてはインターネット環境であればいつでも閲覧が可能で、紛失の心配もありません。現在申請中である電子帳簿保存法に対応した「JIIMA認証」取得により、申請手続きの簡略化も実現可能です。

さらに、日本版Peppolへの対応も予定しており、電子インボイスの標準仕様化に向けた準備についてもワンストップにてお任せいただけます。

まとめ


インボイス制度導入についてはさまざまな問題点が指摘されており、もたらされる影響の大きさもあって、現在各方面から廃止や延期を求める声が数多く寄せられているのが実情です。しかし、今のところ導入予定に変更はなく、免税事業者・課税事業者どちらの立場からも相応の準備が必要であることに変わりはありません。

インボイス制度の対応に手間やコストがかかるのは避けられないにしても、自社の請求業務を見直す絶好のチャンスと捉え直すことも可能ではないでしょうか。
インボイス制度へのスムーズな対応をお望みであれば、この機会にぜひROBOT PAYMENTが提供する「請求管理ロボ」の導入をご検討ください。

監修
【監修】藤田 豪人 株式会社ROBOT PAYMENT 執行役員

2019年当社に入社、執行役員に就任。
当社に入社以前は株式会社カオナビにてコーポレート本部長、複数の情報IT企業にてCMOなどを歴任。
現在は、当社のフィナンシャルクラウド事業及びマーケティング全般を統括。